スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと待て、その無所属は民主かも

統一地方選が近い。
一足先に期日前投票に行ってきたので、ちょっと感想を。

小泉元首相時代、そして前回の衆院選で、日本人の投票行動は
メディアによる煽り次第で決まるということが確認された。
残念ながら、現時点での日本人の政治レベルはその程度であるが、
これからの投票行動を通じて、着実にレベルアップを果たしていきたい所だ。

知り合いの話を聞いたり、ネットの書き込みを見ていると、
もっとも救いがたい底辺層が見えてきた。
それは「投票と競馬のルールを同じだと思っている」層だ。
正直なところ、私は最近までこんなレベルの人間が存在する事に気づいていなかった。
せめて、そういう人が少数派であってくれればと思うが、
彼らが投票行動の正否を判断する基準は「自分は勝つ側に投票したかどうか」である。
つまり、競馬の予想当てとの区別がついてないのだ。
どんな政策を掲げているか、どんな勝ち方をするか、そういった思考は無い。


前回の衆院選で言えば、非常に積極的な民主党支持者でもない限り、
民主党が単独で衆院議席の3分の2を占めるという勝ち方をさせてはいけないのだ。
それは事実上の独裁権の付与を意味する。
反自民だから民主に入れたという人は、その後の民主の政策うんぬん以前に、
あの議席数を見て悔やまなければならないのである。
「しまった、勝たせすぎた」と。

あなたが、非常にはっきりと特定の政党を支持している場合は別だが、
そうでない場合は、投票はできるだけ戦略的に行うべきである。
それが難しいと思うなら、以下の二つだけを念頭において投票すればいい。

1.特定の政党が極端に多数にならないようにする。
 (ある党の圧勝が予測される場合、あえてアンチ票を入れる)
2.最悪の立候補者を落とすように投票する。
 (最高の立候補者を選ぶのではなく、最悪の立候補者を落とすことを目標とする)

今の日本のレベルなら、実にこの二つの原則を守るだけで、
日本の政治レベルは桁違いに引き上げられるだろう。

原則論は軽く流す程度にして、実際のやり方を誰でもわかるように見てみよう。

1.まず、候補者名簿等で、あなたの地区の候補者一覧を見る。
  選挙管理委員会のサイトからでよいだろう。
 
2.その選挙区の定数も見て、何人が当選、落選するのかを見ておく。

3.候補者の名前を一人ずつGoogle等で検索する。
  本人のWebサイト等を見て、経歴や、どの分野に関心がある人なのか見る。 
  (今回は複数の選挙が同時に行われるので、ちょっと人数が多くなる)

4.うわっ、こいつはやばいわ、氏ね!と思った人をメモる。

5.次に(4が優先)、これはいい!と思った人もメモる。

6.「1」「2」と合わせて、「4」「5」の人が当選しそうか落選しそうか見る。
  (当選回数や所属政党、人気や知名度を合わせて考える)

7.「4」が当選しそうだったら、その人のライバルに投票する。
  (対立政党に入れるのが基本。
   もし、3位争いとかなら1位の人ではなく、他の2位や3位候補に入れる)

8.「5」が落選しそうだったら「5」に入れる。
  「5」が余裕で当選しそうなら、あなたは「5」に入れなくていい。

これが基本的な手順だと言えるだろう。
しかし、今回の選挙では、もうひとつ注意しなければならないことがある。
「ちょっと待て その無所属は 民主かも」
民主は嫌だけど、自民も何だし、無所属にしとくか。
という人が事前に候補者を調べずに投票に行くと、今回は見事に騙される。
それが無所属を騙る民主党員の存在だ。

今回は、候補者を必ず事前にググるようにしよう。
この詐欺行為はそれだけで回避することができる。
私の選挙区にも無所属を騙る民主候補者が1人いた。
民主を脱退したように見せているが、リンク先や活動内容では民主と繋がっている。
こういう人間だけは、なんとしても落とさなくてはならない。
仮にあなたが民主党支持者だとしても、こういう人には入れるべきではない。

できるだけ多くの人に、投票行動のノウハウと注意点を拡散してほしい。
いやー、今回は期日前投票にしておいてよかった。まだ間に合うからな。

ちなみに私の投票先は、かなり変なものになった。今回も公表しよう。
市議会・・・無所属 
県議会・・・共産党
県知事・・・無所属
私は普段は政党間のバランスを重視するので無所属にはあまり入れない。
そして何よりも、まさか「共産党」に一票を投じる日が来るとは考えた事も無く、
この結論には、しばらく笑いが止まらなかった。

管理人は常々言うようにリバタリアン(自由至上主義者)だ。
リバタリアン最大の敵は、左翼右翼を問わず全体主義者である。
つまり、共産党員は私の敵である。
・・・しかし、無所属を騙る民主の詐欺師を落とすには、
この共産党候補者に入れるのが正解であるという状況だった。
敵を倒すか、詐欺師を駆除するか・・・よし、詐欺師を潰そう。
頼む!共産党に投票などという屈辱まで飲んだのだから、
せめてこの詐欺師は落選してくれー!
あと県知事選はつまらんかった。上辺だけの奴しかおらん。

     
スポンサーサイト
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。