スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人は商売が下手?

中国人はしたたかで商売が上手いというイメージをもたれていることがよくある。
本人たちもそう思っているところがある。
しかし、実は私は中国人が商売上手だとは全く思っていない。
むしろ、日本人の方が商売には向いている人が多いと感じている。むろん個人差はある。

中国では起業、開業する人が引きも切らずに次々と現れる。
独立心旺盛な中国人らしく、恐れを知らずに挑戦している。
しかし、その廃業率、倒産率も常軌を逸しているとしか言いようが無い。
大体3ヶ月以内に3割が消え、1年後には7、8割が淘汰されているという感じだ。
2,3年も経てば、一つの通りの店舗がほとんど丸ごと入れ替わっている。

上海では店舗家賃が非常に高額で設定されている。
東京都内と大差ないか、より高額な家賃が当たり前である。
一人当たりの経済力、域内の経済規模の差を考えると、全く異常な金額設定である。
かくして、大家に高額な家賃を貢ぐ一方で、採算が取れず倒産するケースが非常に多い。
実のところ、私の事業が同業者よりもうまくやれているのは、
この問題を2つの工夫で完全にクリアにしたのが一因だと考えている。
(おそらく同業者の4分の1の家賃しか払っていないと思う)
家賃対策は上海では最優先で考えるべき問題の一つである。

業界的には飲食店、クリーニング店、マッサージ店、コンビニ、携帯電話屋などは比較的生存率が高い。
それ以外は「ほぼ全滅」というのが一般的である。
この状況を日常的に見ている以上、「内需主導の経済成長」などというのが、
単なるブラックジョークに過ぎないと思われるのも当然だ。

何といっても中国人が開業する際の損益計算は余りにもいい加減だ。
金勘定が出来ないのに開業するという人が多い。
ざっと計算しただけでも、商品単価や立地条件などから見て絶対に利益が出ない店はザラにある。
私は店舗や会社を見たら、その損益計算を予想してみるのが一種の習慣みたいになっているのだが、
「朝から晩まで行列が出来ても黒字は難しいだろう店舗」も珍しくない。
また、開店当日に「よくもっても3ヶ月程度で潰れる事が明らか」という物もよくある。
自分自身の資本をつぎ込んでいるとは思えないずさんな見積もりで動いている。
下調べもいい加減で、前の店舗が数ヶ月で潰れているのに、
同じようなコンセプトの店を工夫も無く出店し、同じように潰れるケースも後を絶たない。
さらに売れ行きが悪く、倒産の危機に瀕していても何の努力もしていない所が多い。
ただ座して死を待っているかのように無気力だ。
はっきり言って「バカみたい」な挑み方をしているのである。
たぶん、彼らの判断基準は、
「人が多い、儲かりそうだ、よし開業だ、すぐ潰れちゃった、運が悪かった」
程度のレベルだと思う。

また、いい加減なビジネスになって当然というケースも見られる。
それは「富二代(親が金持ち)」によるビジネスだ。
彼らは資本を親に出してもらっているし、事業に失敗しても親のすねをかじればよい。
かくして、ちゃんと教育を受けているにもかかわらず考え無しのビジネスを始めることが多い。
内装が無駄に豪華で店内がオシャレ、しかし、それ以外には何の魅力も無いというパターンが多い。
彼らのビジネスは赤字であることが明らかでも、比較的長期間、持ちこたえることが多い。
とは言っても一年程度の話なのだが、資本力にじゃっかんの余裕があることが伺える。

さて、こんなレミングを思わせる悲惨な競争に次々と参戦する中国人だが、
この状況で非常に利益が出しやすい業界がある。それは、内装業者である。
中国人は内装に凝るのが好きなので、内装は無駄に豪華であることが多い。
また、そのままで十分使用できる内装(居ぬき)があっても、わざわざ内装をやり直したりする。
おそらくげんかつぎや風水的な意味合いもあるのだろう。
しかし、どうせ数ヶ月で倒産するのだから、内装は見せ掛けだけの手抜きで十分だ。
だから内装業者は非常にもうかるビジネスである。

日本の店舗や企業で、ここまで見てきたようないい加減な計算で勝負している所はさすがに見たことが無い。
資本が足りていないなら足りていないなりに工夫していることが見て取れるし、
一般的に従業員の士気も高く、リソースを常に有効利用しようとしている事に感心する。
また、費用対効果やコンセプトが非常に優れたビジネスも多く見られ、
経営者のビジネスモデル構築能力や社会への貢献度に尊敬の念を抱くこともよくある。
金勘定や経営計画の能力では、日本人の方がはるかに優れている。
まあ、そういうところで日本人が中国人に負けているようでは、
人数が10分の1しかいないのだから勝負にもならないのだが。

さて、広大で多様な中国のお約束で例外もあるということを述べておこう。
浙江省の人と香港人は、他地域の中国人と比べて、圧倒的にビジネス感覚に優れると思う。
ビジネスの成功者が多いことで有名な温州も浙江省である。
ただし、浙江人は不正を犯すことに情熱を燃やすところがあり、付き合うには注意が必要だ。
総合的には香港人がピカイチという印象だ。
さすがに大陸人を見下すだけのことはある。確かに大きな差が有ると思う。


     
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : 中国ビジネス 富二代 中国の内需 中国社会

リスクだらけの時代?

リスクの大きな時代に生きている。混乱した不幸な時代が来る。
そう思っている人が結構いるようだが、これはある意味では単なる思い込みである。

冷戦終結後、この20年ほどの間に日本が大きな影響を受けたリスクとは、
バブル崩壊、阪神大震災、オウム真理教のテロ、911テロ、日本経済の長期停滞、
北朝鮮の核開発、中国の台頭と脅威、サブプライムバブル崩壊、民主党政権、東日本大震災などが挙げられる。

なるほど、確かに多くの脅威やリスクに囲まれている。
しかし、実はこれは普通なのだ。
そして、見たところ半分くらいの事件は予測しようが無かったリスクといえる。

第二次世界大戦後だけでも、世界を揺るがす大事件はしょっちゅう起きている。
第二次大戦直後だけでも、日本やドイツの大改造、冷戦の開始、朝鮮戦争、中国のチベット侵略、
各地域で何度も起きた植民地独立をめぐる戦争。
60年代以降でも、ベトナム戦争、キューバ危機(あと一歩で核戦争)、
2度の石油ショック(フクシマに始まる原発危機を上回ったであろうエネルギー危機)、
ニクソンショックによる冷戦の図式変化(ソ連と中国の分断)、
金とドルの互換停止(世界の通貨ルールそのものが変化)、ソ連崩壊、などなど。

さらに今後の20年以内に起こる可能性があるリスクも挙げてみよう。
北朝鮮の滅亡に伴う混乱、日本の財政危機、更に進む高齢化、中国経済の没落と混乱、
ドル基軸通貨体制の大きな変化、中国関連の戦争(規模にもよるが2回くらいかな。)、
などは現時点でも予測は可能だ。
そして、これ以外に全く予想していない事件が同数以上は起こると見ていい。

何が言いたいかと言うと、世界は元々リスクだらけなのだから、いちいち悲観する必要はないし、
かといって平和ボケしていられる程ヒマではなく、油断しているとあっという間に潰されてしまうという事だ。
実際、過去にこれほど多くのリスクに直面しながらも、世界は一貫して発展してきたのだから、
リスクがあるからとビクビクする必要はないだろう。ただ対策し、対応していけばよいだけである。
今の日本のように普段は何も問題など起こらないかのようにボケッとしていて、
問題が起こるとそれに受身で鈍い反応を示すような国は、衰退が約束されたも同然だ。


一般的に日本人はリスク管理が下手だ。というか、その練習をしたことも無い人が多いし、
リスク管理には意識的な練習が必要だという認識すら持っていないように思う。
それだけ平和な日常を送っているということなのだろうが、特に政治に関しては全く進歩が無い。
メディアや政治業界で騒がれている「管降ろし」は、「自民叩き」と同様、
私は相変わらずの無意味なバカ騒ぎに過ぎないと見ている。

管が無能だ、権力の亡者だ、そんなことは誰でもわかっている。
だが、必要なのは「代案」であって、単なる批判ではない。
管が降りた後の政権構想が全く固まっていないのに、とりあえず管を降ろせというのは、
「自民降板後に詐欺師の民主を政権に付けますので応援してください」というのよりも酷くはないか?
何しろ今回は「アホ管を降ろします。その後、中央政府がどうなるかは全く見当もつきません。
でも応援してください」なのだ。もはや支持する対象が形だけすら用意されていないではないか。
それくらいなら、解散総選挙なり連立政権なりの方針が固まるまでは、
あの無能の代名詞を飾っておいた方が良いと思う。
少なくとも、今の管がどんなたわ言をしゃべろうと、すでに誰も聞く耳を持たないのだから、
大きな害を及ぼす権力が、すでに無力化されているとも言える。
(1000万世帯ソーラーパネル構想がスルーされたことを思い出して欲しい。
 ルーピーがCO2の25%カットを勝手に宣言した時と比べ、全くまじめに受け取られていない。
 バカな提案を無視できる状況なら、他国に冷笑される以外、大して害にならないのである。)

マスメディアが管降ろしに躍起になっているのは、詐欺の共犯関係にあった民主の寿命が近いからだ。
共犯が民主と共に戦犯扱いされないために手のひらを返しただけであって、
何かしら構想や代案があっての話ではない。まずはポスト管の体制を固めてから話を持ってくるべきだ。
改革や挑戦は覚悟を決めて踏み出すものであって、
目をつぶって道をフラフラ歩くような危険を冒すことを改革とは言わない。それはギャンブルだ。


tag : 中国ビジネス チャイナリスク

なぜ中国人は世界一嫌われるのか?

眠い・・・疲れが溜まって更新しようという気にならない・・・。
仕事だ何だとやることが多すぎる。

本題。
「中国人が嫌われるのは当たり前じゃん。何を今更。」と思った人も多いだろう。
「だが、ちょっと待って欲しい」(@∀@)

一般的に日本人と中国人は水と油である。
日本人が考える「醜い人間」の条件に中国人は当てはまりすぎている。
嘘を付き、ガアガアとうるさく話し、図々しく遠慮を知らず、マナーが悪く、限度を知らない拝金主義者で、
ルールを守らず、不潔で、他人への思いやりが無く、エゴイストで・・・と、
よくここまで負の条件をそろえたものだと感心する。
逆に日本人の社会や公を重要視する姿勢は、中国人には「冷酷」と見えている。
他人のために自分の家族をないがしろにする冷たい文化と見られたりするわけである。
日本人と中国人は相性が悪く、お互いに実態より悪く見えるという事を念頭に置いた方が良い。

私は、実は中国人は世界的には平均レベル程度の人々だと思っている。
時々、中国人は世界でも最悪に近い人々だと思っている人がいるようだが、それは違うと思う。
総合的には大差ないか中国人より性質の悪い人々は、インド、東南アジア、南米、中央アジア、
中東、東欧、アフリカなどにウジャウジャといるわけである。
彼らが比較的嫌われていないのは、今のところ注目に値しない程度の扱いしか受けていないこと、
また、中国人は底辺層(非常に広い層だが)の状況もそれなりに知られているのに対して、
他地域の人々で外国人と接する機会があるのは、まだ上層の人間に限られているという理由もある。

しばしば中国人が、「外国が中国を悪く言うのは、妬んでいるからだ」と開き直るが、
実は真実から遠くない位置にいると言ってよいのだ。
正確には妬んでいるのではなく、中国が強くなり見過ごせなくなってきたからだ。
ザコのうちは何をしようが大した問題にならなくても、
力がついてくれば同じことが大問題になってしまうのである。
だからこそ、中国には人格的成長、責任ある振る舞いが求められているのだが、それは期待できない。
中国は野蛮人のままに強大化し、非常に乱暴な大国として台頭している。
中国は嫌われ者だが、中国人は他人に嫌われる事を恐れない。
恐れすぎる日本人も問題だが、恐れない中国人も問題だ。
国内での中国人の振る舞いと同様、他国にもやくざとして振舞うだろう。
東アジア、東南アジア情勢は急速に悪化せざるを得ないだろう。
東南アジアやインドでは、今後も反中感情が高まっていくことは避けられないと思う。
中国の台頭が引き起こす軍事衝突は、台湾よりも東南アジアの方が先なのかもしれない。

この非常時に日本が外交、戦略面で無能を晒し戦力外となったのは本当に痛い。
民主党に限らず、今の日本人の外交、政治のレベルでは手を出しても足を引っ張るだけかもしれない。
戦後何十年も国際政治から目を背けてきた平和ボケのツケが回ってきたのだ。
はっきり言って、日本は自主独立の外交を行えるようなレベルの国ではないと思う。

中国問題を知ってもらおうと最初にwebサイトを立ち上げたとき、
中国が危険になるまで10年はかかると見ていた。
その頃から6年ほど経ったと思う。危険な時代はもう目の前に迫っている。
アメリカ、日本をはじめとする各国は、中国問題にもっとうまく対応していくだろうと思っていたが、
正直なところ(特にわが国には)失望させられる事ばかりだった。

救われたのは中国側がたびたび引き起こした自爆ばかりで、
外交における日本は、文字通り1点たりとも得点を入れていないと思う。
もっともすばらしいニュースは、中国における反日デモの爆発だった。
多くの日本人がショックを受け怒りをあらわにする中で、
私は日本が中国を選んで独裁国家側に付く可能性が消えたのを見て狂喜乱舞したものだ。
今後も我々は中国の愚かさに救われるのを待つことしかできないのだとしたら、
いくらなんでも情けなさ過ぎるのではないだろうか。
いっそのことわが国は「外国人外交官」の起用を考えてみてはどうかと思う。
その外交官が(本国のために)背任を働かないようチェックする仕組みさえ作れれば、
今の日本外交よりも、はるかに期待できると思うのだが?



      

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : 嫌われる中国人

プロフィール

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。