スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ中国は民主化に失敗したか

久しぶりの更新・・・。
もうね、何か燃え尽きたよ。体力的に。精神的に。
着実に不景気へと向かっている中国。今のうちが稼ぎ時だと分かってはいるのだけど疲れた。
やっぱり働き過ぎるのは良くない。今年後半の目標は「楽をする事」にする。

さて、気分転換がてらに何を書こうかと考えたら、こういう時に限って大きなテーマを思い出してしまう。
中国の民主化失敗(と明言してしまうが)の原因。
これに関しては、いつか本にまとめるレベルの研究をしたいわけだが、とりあえずメモ書き程度のものを書いておこう。

過去に語られてきた政治体制変動のメジャーな理論には、要約すると「経済発展して中間層が増えると民主化が起きる」というものがあった。何かもうね、必然的に辿るルートは決まってると言わんばかりの理論。
中国という反証例が出てきたために、この理論が当てはまらないという事が明らかになったわけ。

じゃあ何で当てはまらなかったのか?その最大の理由は、中国では「政治権力」と「経済力」が分離されなかったからだよ。
独裁制から民主制への移行は、本質的には一体何を意味しているのか?
イデオロギー的な色彩を取りはらって言えば、社会を支配するパワーが、一極集中から、広く分散する事。
それが民主化だ。定義としての民主制には、もちろんもっと多くの条件がある。でも、パワーの分散こそが最大の要点だ。

では、その「パワー」とは何か。一つは政治権力。法律を作り、税金を取り立て、その金をばら撒く力。
もう一つは経済力。社会の構成員を食わせ、様々な活動に必要な金を供給する力。
他にも、過去のマスコミに代表された「情報操作力」なんかもパワーの一つだと言えるだろう。

市場経済が導入されていない独裁国家では、これらのパワーが独裁権力の下に統合されている。
国民を食わせ、参政権を否定して政治的に支配し、嘘で騙す。必要なら暴力で従わせる。これが独裁体制。
ところが、市場経済化や経済発展が進んでくると、企業家と政治家の利害がぶつかることもある。
これが重要。この瞬間に社会のパワーが2つに分裂しているのだ。そうすると、一般国民は漁夫の利を得られる。
政治の弾圧が怖ければ企業家に守ってもらい、企業がメチャクチャし始めたら政治に介入してもらうという流れが生まれる。
後はパワーバランスが大きく崩れなければ権力の分散化は進み、民主化へと向かう可能性が生じる。

ところが、中国ではこの流れが生じなかった。たぶん天安門事件の影響がかなりある。
共産党はパワーが手元から分散していくのを認めるくらいなら、相手を軍事力で殺す事を選ぶと、その行動によって示したからだ。だから今でも有力な産業は国営企業のままだし、民間で成功した企業も共産党に逆らう事は無い。言われるままに情報を提供し、その独裁支配に協力している。共産党という支配者は、それくらい「怖い」相手なのだ。逆らいたかったら・・・逃げるのだ。金を持って海外に逃げる。正面切って異議を唱えたら殺されるのだから、逃げるのは最も賢い選択だ。富裕層や地方政府の連中が海外に資本を移し、逃亡や移住を盛んに行うのは、実に合理的な行動なのだ。

中国は、天安門事件以降、そんな事を20年ほどもやってきたが、中国国内には共産党への対抗パワーが今でも存在しない。発展した民間企業、多くの信者を集めた法輪功など、対抗パワーの候補者は全て共産党に敗れてしまった。共産党は彼らとの「住み分け」すら認めなかった。「中国は経済が発展したのに民主化しないのはなぜ?」という無邪気な質問に対する回答。それは「共産党に対抗するパワーが、いかなる形でも中国国内に存在しない(存在を認められない)から。」だ。

実際にはもっと細かい条件や経緯を挙げる必要はあるが、要点だけを書けば以上のようになる。




スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : 民主化 中国政治 独裁 パワー

プロフィール

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。