スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由と寛容 一リバタリアンの意見

 リバタリアンが最も重視する事。それは自由である。
社会の評価基準は、どれだけ自由であるかが決定的に重要である。
そもそもなぜ自由が重要なのか。リバタリアンにとって、自由はもはや本能レベルで絶対に欠く事ができない決定的要因だが、より普遍的な言い方をするなら、人間は対等である(という前提に立っている)ので、誰も他者を抑圧する権利を持たないのだ。抑圧とは、「他者の自由をその同意に拠らず奪う事」を意味し、他者を抑圧することは、その個人に対する敵対行為であり、場合によっては宣戦布告と解釈し得る。リバタリアンであるためには自由を好むだけでは十分では無く、自己と同等の自由を全ての他者が持っている事も認めなければならない。

リバタリアニズムは、「・・・からの自由(消極的自由)」と表現される権利を保証している。例えば「豊かな生活をする権利」ではなく、「貧困や平等を強制される事からの自由」を保証しているのである。前者は「豊かな生活をさせる義務」を内包しており、他者に義務を負わせることで抑圧に加担している。後者は自由な経済活動を認めており、その結果には言及していない。

 社会の「自由度」は、どのようにして知る事ができるだろうか。
非常に単純化して言うと、これは「抑圧」の度合いによって知る事ができる。つまり、抑圧が少ない社会は「自由なよい社会」であり、抑圧が大きい(あるいは多い)社会は「不自由でダメな社会」だ。

 最も抑圧的な社会とは、左翼右翼を問わず「全体主義体制」下の社会である。その完成形は、オーウェルの『1984年』に描かれている。幸いなことに、世界史上、そこまで抑圧的な国家や社会は現実に存在した事が無い。
現実に存在した最も抑圧的な社会は、ナチスドイツやスターリンのソ連、文革時代の中国、ポルポトのカンボジア、北朝鮮などを頂点としている。自由な言論や行動(アウトプット)が許されない事はもちろん、自由に情報を手に入れる事(インプット)すらも許されない。自由を行使する代償には、文字通りの意味で「命」が必要であった。
 抑圧は「寛容性」の欠如から生じる。これは政治体制だけでなく一般的な文脈においても同様だ。なぜ非寛容なのかは色々な理由があるだろう。他者を恐れているから、憎悪しているから、あるいは権力欲に取り憑かれているからかもしれない。しかし、理由はどうでもいい。どんな理由があるのかは究極的には個人的事情であるし、他者の権利を侵害する正当な理由にはならない。

 一方で完全にリバタリアンな社会も存在した事は無い。「究極の全体主義」も「究極のリバタリアニズム」も理念でのみ存在する概念であり、現実の世界はその中間で綱引きを続ける事になる。その現実の中で、社会がより自由であるために期待されているのは、「気に食わない事」「気持ち悪い事」への寛容性である。どれだけ「気に食わない事」や「気持ち悪い事」を容認(もちろん支持などしなくていい)できるかが、自由を保証するための寛容性を測定する基準となる。「好きな事」や「良いと思う事」に寛容なのは当たり前だからだ。一方で「実害」や「権利の侵害」には妥協する必要は無い。それに立ち向かうのは正当な権利であり、リバタリアンな社会を維持、発展させるためには奨励されるべき行動と言える。

 全体主義者が他者を抑圧するのは理念の上でも当然であるが、リバタリアンが全体主義者を抑圧する事は自己矛盾であり許されていない(反対する事や敵対する事は問題ない)ため、リバタリアンはハンディキャップマッチを余儀なくされる。この本質的不利にも関わらず勝利する(最悪でも優勢を保つ)ためには、リバタリアンが全体主義者に対して能力面や勢力面で勝っている必要がある事を意味している。

以上、リバタリアニズムの要点整理をメモ書き。

    
スポンサーサイト

テーマ : それでいいのか日本国民
ジャンル : 政治・経済

tag : リバタリアン リバタリアニズム

プロフィール

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。