スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島、これからどうする

尖閣諸島の領有権をめぐる日中台の争いは、これからどうなっていくのか。
これまでの経緯と今後の展開を考えてみたい。久々に時事に合わせたトピックだな。

 経緯は関心がある人なら大体知っていると思うのでサラッと。1895年、日本が清国等の統治が及んでいない事を確認し、日本国の領土に組み込んだ。この時、清国はノークレームで受け入れる。その後、日本の鰹節工場が運営されていたりと実効支配の実績は着々と積み重ねられ、太平洋戦争終結後、沖縄の一部としてアメリカの統治下に入る。この時も中華民国はノークレーム。1968年の海底調査により、大規模な油田が存在する事が指摘されると、1971年から中国、台湾は領有権の主張を始めた。法的にも過去の経緯からしても日本の尖閣諸島領有の正当性は揺らぐものではない。

 とはいえ、もう中国の性質をある程度理解している人にとっては、「正当性」なるものが中国人に通用する論理でない事は自明であろう。パワーと利益誘導、そして個人的関係以外の論理は、中国では通用しない。条約も約束も正当性も公平さもただの飾りに過ぎない。正当性については、日本国内と第三国に訴える際には有効であるが、それを中国に向けて叫んでも何か事態が動くわけではない。この前提に立って尖閣諸島の問題を考える必要がある。

中国が尖閣諸島を欲する理由
・石油が欲しいから。
 これが最大の理由だ。中国はいくら資源があっても足りるという事が無い。どれだけの資源を確保できるかは、中国がどれだけ発展できるかを左右する。いわば飢えた人が食べ物を必死で確保するのに似ており、日本に比べてより本気になるのは当然だろう。よって、島そのものを確保する重要性は言うまでも無く、周辺の資源が重要な対象になっている事を意識しなければならない。

・第一列島線を確保するため。
 次に軍事的理由が挙げられる。中国の軍事戦略では台湾侵攻作戦を行う時にアメリカ海軍を入れてはならないラインを設定している。これが第一列島線と呼ばれるものであり、尖閣諸島や沖縄本島はこれに組み込まれているのだ。尖閣諸島を手に入れたら、次はただちに沖縄領有を目指す主張を始めてくる。これは予想というより論理的帰結として当然のことだ。尖閣でストップしたら、中国の第一列島線確保という正式な戦略目標が達成されないのだから。なお、中国軍は2010年までに第一列島線を確保するタイムスケジュールを持っていたから、現在はだいぶ遅れている事になる(本来なら沖縄を日本から切り離す段階までは、すでに終わっていなければならない。民主党の一部が沖縄の一国二制度によって中国の工作活動に加担しようとしていたが、現実のものにはならなかった。)。それゆえに尖閣領有を急がなければならないと考えているのだろう。危機感を持つ日本人は、「このままではいずれ尖閣を取られてしまう」と思っているが、中国側の認識では「やっべー、もうとっくに自国領にしておかないといけないはずのに、まだ取れてないや。急がないと。」という感じだ。日本人は実にのんきだ。

 この中国側のスケジュールの遅れは、第一に海軍力の強化が遅れている事にある。日本のバックには、むろんアメリカの軍事力があるが、海軍力や空軍力の優劣でいうなら自衛隊単独でも東シナ海でなら優勢を保つ事は可能だと思う。中国側が単なる力押しで尖閣を獲る事が困難な以上、以前から言われている通り漁民の遭難を装って工作員を上陸させ、その保護を名目に中国軍が上陸作戦を行うという奇襲的な手段をとる可能性が高いのだが、日本側でも現場レベルではすでに離島奪還作戦の演習が行われており、中国側はすでに手詰まりなので焦りがあるのだと自分は考えている。


見ての通り、中国の奇襲作戦は既に想定済みで現場レベルでの対処法も具体的に確立されているようだ。
LCAC(もちろん自衛隊にも配備されている。311の救援活動でも活躍していた。)マンセー。
これからはyoutubeも記事に取り入れていこうかな。

新しい動き。石原プラン。
次に石原都知事が音頭を取っている尖閣買取り計画について、結果的に吉と出るか凶と出るかはまだはっきりしないが、試みとしては良い案だと思う。いくつかポイントを挙げてみると、

1.買取り資金を寄付で賄う事で国民の意思を印象付ける事ができる。単なる政治的駆け引きでポンポンやり取りできるものではないのだという外交スタンスを確立できる。また、日本国民の防衛意識も向上する。

2.中国が次期指導メンバーやその方針をめぐって権力闘争の混乱期にあるタイミングで仕掛けたため、中国側にとっては非常にウザい時期にやられたと感じている。・・・もっともタイミングという点では民主党政権の時に仕掛けるのは日本にとってもベストとは言えないが、先手を取っただけでも優位に運びやすいだろう。日本人は状況に対応する事を好むが、実は状況は作る側の方が遥かに有利である。受身であるという事は、それだけで不利になると認識してほしい。

3.現在、中国は多くの課題に頭を抱えている。失速しているだけでなく、次の発展戦略も見えない経済。周辺諸国が外交や防衛面で中国包囲網を形成しつつあり、100年ぶりに力を持つようになったのに、思ったようには地域覇権国への道を歩む事ができていないという苛立ち。このような点でも日本が珍しく先手を打ったのは良いタイミングだった。中国の調子が良い時なら、また中国国内で官製デモを組織して日系企業に投石でもさせ、日本企業から日本政府に圧力をかけさせるという方法も余裕で取れただろうが、今の中国がそこまで思い切った手を打てるかは非常に疑問だ。少なくとも指導部の見解は割れるし、それだけでも中国側には負担となる。後は獅子身中の虫たるマスゴミの情報操作も問題だが、過去の時代ほどマスゴミが情報操作能力を維持しているわけではないから、これも決定的な障害にはならないと見ている。

4.マイナス点としては、東京都は外交を担当するわけではないので、外務省や中央政府にとってもいきなり課題を投げつけられた感があるだろう。都が買取る所まではよいとして、その後、中国と外交的に話を治める必要があるが、仕掛けた張本人がその後片付けに関与しないので、あまり先の方までプランがあるわけではないらしいという事が分かる。その辺りが最終的な結果にどう影響するのか分からないポイントだ。また、外交や防衛を担当する中央政府が国有化を訴えるのは当然だが、ここはしばらく揉めた方がいい。揉めている間は話題に上りやすく、強く揉めるほど最終的に国有化した時の注目度も上がり、政府もうかつな対応を取る事が難しくなる。そっと治めてはいけない。できるだけ大きな「国内問題」に育てるべきだ。

 尖閣諸島に関して、日本には決定的なアドバンテージがある。竹島とは違い、尖閣諸島は日本が実効支配しているという点だ。過去の自民党政権は、このアドバンテージを全く生かす事ができず、中国と五分以下の立場にしか立つ事ができなかった。そのため、中間線付近の資源を中国側が一方的に開発する事を事実上容認するという無能さを見せてしまった。その後の民主党に至っては、通常の法的プロセスを曲げてまで中国への便宜を図るというアクロバティックな利敵行動に出ており、政権中枢部に中国側工作員の侵入を許している可能性が疑われる。
 石原氏の政策は、日本が得点を稼ぐチャンスをもたらしたと言えるだろう。ただの老害だと思っていたがww

     
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : 尖閣諸島 第一列島線 中国の軍事戦略

中国で経験した最悪のこととは

 中国で生活している時は、本当にいろいろな経験をした。いい思い出もあれば嫌な思い出もあるが、読者には嫌な事の方がメシウマだろう。生活の拠点を日本に移し、しばらくはランキングが変動しそうにないので、嫌な思い出ランキングを出してみる。

第5位 冬の長江にダイブ
 三峡ダムを見に行った旅行中、長江沿いを歩いているとコンクリートで護岸された緩やかな岸壁があった。
長江を間近で見たいと思い岸壁に足を踏み出した所で悲劇は起こる。
「ちょwww この岸壁、全然踏ん張りが利かねえwww」
別に砂が撒いてあるわけでも、滑りやすい靴を履いているわけでもないのだが、ずるずると滑る。摩擦係数低すぎww
立って踏ん張った格好のまま10mほど滑って長江にドボンww 冷てえww アリ地獄ってあんな感じかねえ。
半ば以上泳ぐように岸壁に取りつき、靴も脱いで四つん這いで這い上がった。デジカメは水没で終了www
びしょ濡れでホテルまで歩いて帰った道のりはひたすら長く、寒かった・・・。

第4位 ストーカーに追われる
 とある機会に中国女Aと知り合った。特別な魅力も感じなかったのでハンターの本能は目覚めず草食系に徹する。テラ紳士ww(蛇足だが、草食系の男がウンヌンとか言われているが、それは肉に魅力がないケースも多いと思う。肉ならどんなものでも食欲がわくわけではないという事は知っておいていただきたい。)・・・が、この場合ハンターはAの側だった。執拗なまでのアプローチが続き、「ま、ちょっとくらいはいいか(どうせ今は相手もいないし)。」とつまみ食いしたのが間違いだった。メールの返事を滞らせるようになると電話攻勢が始まり、やがてはマンションのインターホンが連打されるようになるww 
「ピンポンピンポンピンポン!!」「ドンドンドンドンドン!!」
ドアを開けるまでも無く誰が来たか分かるわww
マンションの警備もいるはずだが全然仕事しねえww ちゃんと止めろよww
街中で追い回されるような事態には至らなかったが、しばらくは歩きながら後ろを振り返る日々が続いた。
そして、ついに逃げ切れなくなったある晩、修羅場を迎えめでたく決着を付ける事ができた。
いやー、刺されなくてよかったww

第3位 詐欺に合う
 大きな詐欺はともかく、小さな詐欺は数えられないほど遭遇したが印象に残っているのは2つ。
起業する時に手続き上のゴタゴタ(政府関係者へ渡す金額がどうとか)に絡み、日本円で30万ほど騙し取られた件と、マンションの大家からデポジット返金時に偽札を掴まされた件だ。偽札そのものはまれに遭遇するので驚きはしないが、100元札の偽札は珍しい。100元札は最高額の紙幣なので、釣銭として入手する事はあり得ない。どこから入手したのか聞きたかったが当然のように連絡は不通となった。偽札のできは良く、一見しただけでは分からない。盲人用の凸凹部分が再現されていなかったので発覚した。

第2位 Gめし
 もうお約束ともいえるが、精神的ダメージがでかいトラブルの筆頭に挙げられる。一度は焼き肉屋で出された肉の間にミニGのご遺体がサンドされていた。日本のGほどでかいわけではないが、トイレに駆け込んで吐くには十分すぎるダメージだ。もう一度に至っては新鮮なGが出された料理の中で泳いでおり、同席した中国の友人も数秒間は凍りついていた。この分だと、気づいてないだけで一回くらいは食ってるかもな・・・ワ・・ロ・・・・・・・・タ・・・・・・・・・・・。

第1位 病気で死にかける
 食中毒と過労のWパンチ説が有力だが、原因不明の病気(感染症とかではないって事)で文字通り死にかけた事がある。40度を超える熱。身体は全くというほど動かす事ができず、朦朧とした意識の中で「あーこれは死ぬな・・・あーあ。」と投げやりな感覚に襲われた。最終的には当時の彼女が病院に連れて行ってくれ治療を受けられたのだが、その間の記憶がほとんどない。椅子から落ちて病院の床に倒れ込んだのは覚えているが、人生で最も死に近づいたのは間違いないだろう。

 まあ、ワースト5はこんな感じ。
泥棒に2度も物を盗られたり、鉄パイプ付きの集団乱闘(自分は単なる通りすがり)に巻き込まれそうになったり、食べ物が口に合わず嘔吐した事は数知れず・・・など、まだまだエピソードはあるがそのレベルでもトップ5には入ってこれなかった。波乱万丈の人生を送りたい方はぜひ中国に。きっと、これからはもっとトラブルが増えるよ!



テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : チャイナリスク 中国社会

プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。