スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の変化 2012年8月

しばらく中国に行ってました。
半年以上ぶりに感じた中国の変化を書いておく。

1.静かになった上海市
 上海は去年までの騒がしさが嘘のように静かになっていた。すでに再開発が一巡した市の中心部からは農民工の姿が消え人通りも減っている。急成長時代は終わり、落ち着いた住みやすい街になったと言える。

2.工業地帯の変化
 浙江省の工業地帯にも行ってきたが、不景気という情報通り今までよりも静かになっている。とは言っても、工業が壊滅状態というほど追い込まれている感じはなく、一応稼働はしている。また、過去の低付加価値品を生産する工場に変わって、新たな高付加価値品を生産する工場が進出するという変化も全くと言っていいほど起きていない。つまり過去の発展戦略は停滞し、新戦略も生まれていないという事だ。景気後退に伴い時間やリソースを効率的に使うようになるという改善も見られない。ただ勢いが落ちただけという印象だ。

3.高まる反日感情と反政府感情
 尖閣諸島をめぐるいざこざのために反日感情が高まっている。これについては重要な変化や特徴も見て取れたので詳しく書こう。

 まず、情弱であるジジババや地方民などネットからの情報すら参照できない人々について。彼らは日本との衝突という一事だけをもって反日感情を燃やしており、正当性とか事実関係を考えることさえできない。そういうロジックが世の中に存在することすら知らないのかもしれない。日本との衝突=日本の軍国主義と脊髄反射で反応する。いずれにしても相手をするに値しない階層だ。今回の滞在中、面識がない人にもよく話しかけられた。「日本は昔、中国に戦争を仕掛けた。知っているか。」というようなくだらない内容で、尖閣諸島が日中戦争で占領されたままになっていると思い込んでいるアホもいた。

 次に年代が若い層では、この問題に比較的冷淡な態度を示す人が多かった。ジジババが自分に尖閣の話題を振った時に、偶然隣にいただけの青年が「そういう話題は出してくれるな」と顔をしかめて止めるケースすらあった。ただ、彼らも尖閣が中国の持つべき領土だとは思っている。尖閣の問題に興味も持っているから、自分が事実関係などを話している時には、彼らはこちらを見ていなくても耳がダンボになっていたりする。しかし、今騒ぎ立てる事には共産党の政治的意図が強く反映されているから乗りたくないという事だ。海外との紛争よりも、国内問題、現実的な話題に関心や危機感を強く持っているから政府の指し示すベクトルに乗せられたくないのだ。また富裕層の間でも関心は薄く、情強であるほど、豊かであるほど反日ごっこに興味を失うという流れがある。全体からすると少数派ではあるが、とても良い兆候だ。

 そして、年々高まり続ける反政府感情に一つの変化が見て取れた。現状の中国に不満を持つ層の多くが、改革ではなく体制変更を望むようになってきている。この変化の理由を分析しようと試みたが、どうも決定的なできごと、具体的な理由はないように思う。ある人は政府の腐敗を挙げ、ある人は政府の無策を嘆く。しかし、どうもそれらは理由付けのために挙げた理由に過ぎず、本音としては現体制そのものへの嫌悪感という感情的反発であるように思えた。そして、今後の中国が大混乱期を迎えるだろうと予測(彼らは期待してもいるのだろうか?)している人が非常に増えた。私自身もそう思う。暴動は中国では珍しくないが、その性質にも変化が見られる。

 読者は王子製紙の工業排水反対デモをご存知だろうか。知らない人は軽く調べてみて欲しいのだが、まあ王子製紙がどうなろうがそれはいい(関係者いたらごめんね)。重要なのはデモ・・・いや暴動の規模と性質なのだ。もっと田舎ならともかく、市レベルの政府庁舎が暴動で民衆に乗っ取られたことは過去に例がない。そして、市庁舎を乗っ取った民衆は、駆けつけた警察に事情を訴えるのではなく、いきなりゴミを投げつけ罵倒した。政府の書類を窓からばら蒔いたり、高官を晒し者にしたり、彼らのデスクの中身を写真に撮ってネットで公開した(ちなみにデスクの中にはコンドームも入っていたw 仕事中に何やってんだw)。彼らのデモは明らかに政府への請願を目的としているのではない。反政府感情をここぞとばかりにぶちまけているのである。政府を見る目が決定的に変わっている。政府は既に民衆の敵と見られているのである。

 ここのところ中国では金がよく売れている。地方でも金を売る店が多くなっている。これは景気の良さを示して・・・いないのである。金は守りの資産である。中国人は新産業のために再投資することを止め、金を買って逃げに入っている。もっと恵まれている人は海外に資産を逃がしている。中国政府の切り札かと思われたインフラ投資も伸びない。もう金を刷れないらしく、高速鉄道建設に至っては民間の融資まで募集し始めた。大事故を起こした上にずっと赤字であるのに、誰がハイリスクノーリターンの案件に投資するというのかw もはや失笑しか湧いてこない。

 日本は今、尖閣諸島で攻めの姿勢を取るべきだ。軍事的な方法ではなく、尖閣の開発を進める方向で攻めるべきだ。中国の反日デモは反政府暴動に簡単に化けるだろう。中国軍は日本と弱腰の中国政府に怒り、政府内の意見分裂も深刻化する。指導部交代を控えた今こそ、中国政府に大きな重しを背負わせるべきである。我々は友好的な隣国として、トップダウン体制を担うごく少数の支配者に大きな負担をプレゼントしてあげよう。なお、自分は今の段階で先に自衛隊を動かすことにははっきりと反対である。それは中国の団結に手を貸してやる行為に思えるからだ。平和的な利用と開発をこそ、進めるべきである。

他にも書きたいことはあるが、長くなるので一旦終わり。

自分の会社、MADE IN CHINAの日本販売止めました。工員もかなりリストラ。
仕方ないね。無意味な人件費上昇が解雇を促すのは当たり前だもんな。
これで自社製造能力は落ちたけど、利益は大幅上昇見込んでます。
あとね、結婚しちゃったww 相手は中国人(浙江省)でした。
数カ国合わせて10人くらいと付き合ったけど、ダントツだったわ。
妻のスペック
頭いい。 頭の回転速度は自分と同程度。DNAレベルだと負けてる気がする。知識量は少ない。
顔いい。 100点中85点と言ったら低すぎる評価だろう。年に20回以上ナンパされる。
性格いい。過去に見てきた膨大な中国人の中でも1、2を争うレベル。
     他者視点、俯瞰視点を備え、事実関係を重視し嘘をつかず論理思考。ヒステリー無い。
     思考は冷静だが性格は可愛らしい。悪い意味の中国人っぽさがない。日本人でもない。
     突然変異としか思えない性質を持つ。
相性いい。雰囲気や距離感が自分と近いのでお互いに無理がない。
能力高い。サバイバル能力、実務処理能力高い。日本語、北京語、広東語できる。
     並の日本人より日本の文化をよく知り、高く評価している。
特殊能力:老若男女問わず異常にモテる。スタンド使いの疑惑がかかるレベル。

まあ、これだけの条件が揃った相手はこれまでもこれからもいないだろう。

    
  
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : 中国社会 中国人と付き合う 中国政治

プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。