スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日デモ祭りについて

なかなかの盛り上がりを見せた反日デモ。
かなりの情報が出揃ったところで、今回のデモがどういうものであったのか分析してみよう。

1.デモの仕組み
 デモは当然のことながら当局の容認を得ており、無秩序に自主的に行われているものではない。その証拠として在上海日本領事館は、事前にデモの「日程と順路」を知っていた。公安当局が不測の事態を避けるために伝達してきたのであろう。
http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/life/new120914-2-j.html

 反日デモが始まった時に非常に戸惑ったことがある。参加者が毛沢東の肖像画やスローガンを掲げていたことだ。これは中国においても極めて「非常識」である。自分には「これじゃない」感がすごかった。状況に明るくない人のために例え話をすると、2012年9月現在、日本国内で「民主党による政権奪取を訴える自民批判デモ」をやるくらい意味不明である。同じ時間に生きているとは思えないレベル。
 これらの人々は非主流の指導層から動員、組織されて来ている。つまり、デモの中核となる彼らを動員した勢力が今回の反日デモの「開催者」である。周りでギャーギャー騒いでいる連中は、単なる使い捨てのチンピラや情弱のザコに過ぎない。

2.デモの背景
 さて、では特殊な層の動員によって始まったデモの背景を考えてみよう。
今回のブログで一番重要なポイントだが、ここで述べることは仮説にとどまると明言しておく。実際、背景を現時点で完全に理解している人は共産党内のトップレベルだけだと思う。

まず、デモの開催者は周永康と薄熙来と見る。胡錦涛や習近平ら主流派(経済の安定成長によって国内を安定させる考え方)は、政敵である彼らの反撃を受けていると自分は考える。周永康、薄熙来は現在主流派からの強い圧力を受けており、特に薄熙来はこのまま敗北を甘受すると刑務所に放り込まれる可能性が高い(彼の妻である谷開来は、すでに執行猶予付き死刑判決を受けている)。彼にとって主流派との政争は文字通り命懸けの戦いである。単なるナショナリズムとは異なり、保守的(中国では「革命的」が保守の意味)なスタンスを持つ彼らが主導したと考えれば、デモの中核にいた「毛沢東支持者」という妙な連中の説明はつく。薄熙来の支持層とは、現在の経済成長の果実を得られず金持ちや官僚を憎悪し、極端な言い方をすれば「共産革命ww」を夢見るルサンチマンな人々である。
 また、暴動が非常に大きなものに発展してしまったことも、この勢力の性格を考えればあり得る話である。日系工場を襲撃するようなやり方は、胡錦涛政権の方針とは食い違いが大きすぎるのである。つまり、今回のデモ、暴動は権力闘争で非常に劣勢に立たされている周永康や薄熙来が大逆転を狙って仕掛けた闘争であると考える。
中国政府という一つの組織が仕掛けたと考えると、毛沢東支持のスローガンや犯罪者認定目前の薄熙来支持スローガン、雇用確保や成長戦略に躍起になっている胡錦涛政権の方針との矛盾を消化できないのである。

ついでに、様々なメディアで語られている仮説のうち、間違っていると考えられるものをいくつか挙げてみよう。
・主役は習近平説・・・ぶっちゃけた言い方をすると、こいつはそこまでバカじゃない。まともな根拠を挙げると、彼は入院中(?)だったので、主役アピールにならない。また、次期トップ確定なのに危ない橋を渡る必要がない。薄熙来とは既に敵対関係に有り、薄熙来や薄が得意とした毛沢東支持のスローガンなど絶対にありえない。

・習近平入院をごまかすため説・・・自分が最初に思ったのはこれ。時期的にもほぼ一致しており、十八大の延期も確認されていたので、「次期指導者の健康危機キタ━(゚∀゚)━!」と思ったのだが、デモの参加層やらを見るとどうもしっくり来ない。たぶん外れ。

・国内の権力闘争を覆い隠すため・・・まあ、かすってはいると思うのだが隠せてないし。むしろ上記仮説が正しいとすると権力闘争そのものだし。主目的とは言えないだろう。十八大の延期は、彼らの権力闘争にいまだ決着がついていないためであると考えるべきだろう。十八大での権力移譲は正式な発表会であり、決着はそれまでについていなければならないのだ。つまり、権力闘争がイレギュラーに激化していると見てよい。

・国内の諸問題からのガス抜き・・・主流派がしばらく放置しておいたのはこれが理由で合っていると思う。すぐに封じ込めると、非主流派だけでなくナショナリストも敵に回す可能性があるからガス抜きで放置した。

3.中国国内での反日デモへの見方
 中国のデモと言えば、暴動へとエスカレートするのがお約束だ。
今回は特にその傾向がひどく、特に地方都市の参加者には最初から略奪を目的としていた連中もいた。
今回のデモや暴動は珍しく中国でも批判的な人が多い。全面支持か容認に近かった2005年の反日デモとは人々の見方が大きく違っている。誤解がないように言っておくと、ほぼ全ての中国人は中国が尖閣を取るべきだと考えている。冷ややかな態度を持つ人が多いとは言っても、それは「やり方がまずい」か、「たかが尖閣ごとき小さな島の問題で(他の大問題を放っておいて)」というスタンスである。






追記 2012/09/29
薄熙来、完全終了のお知らせが出ましたね。共産党除名だそうです。あとは刑事罰がどうなるか。
周永康も影響力を失ったようです。十八大の開催日等を話し合う会議に出席することすらできませんでした(彼を外遊に出してる間に話し合いが持たれたとのこと)。思いっきりハブられてます。
というわけで、中国の権力闘争は胡錦涛率いる主流派が圧倒的優位。江沢民派や上記2名らの非主流派は没落しつつあります。
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : チャイナリスク 中国政治 中国社会

日本の政治情勢について

 最近、日本の現状をどう見るか書けというリクエストが多いので、日本の政治の今後について書いてみる。
自分は日本政治については専門じゃないんだけどね。

 民主党体制の終焉はすでに確定し、今更彼らが何をしようが次の選挙で民主が勢力を大幅に減らす事は間違いない。そして、すでに忘れ去られた存在と化している社民党や共産党は今更何の戦力にもならず、無視しておいてよいだろう。他の諸政党も大して変わらず大きく伸びそうな勢力は無い。そうすると、今後の日本政治のカギを握るのは自民党と維新の会という事になる。そこでこの二つの政党について考えてみたい。

・自民党について・・・民主憎しだから自民党を推すというあなたへ。今の自民党が以前の自民党と同じだと無条件に信じてはいないか?今の自民党は与党だったころの自民党よりも、かなり劣化している。老害の長老どもは相変わらず一定の影響力を維持し、次世代のメンバーが全くいないわけではないにせよ、人材層は目に見えて薄くなっている。自民に戻せば前回の衆院選以前の状況までは回復できると思っているなら、その期待はたぶん裏切られるだろう。とは言っても、次の選挙時点で一応与党として機能できるのは自民だけなので、自民を勝たせるしかないだろう。掲げる公約が何であるかはあまり関係なく、どの程度勝たせるかだけが焦点になると思う。

・維新の会について・・・今後の流れ次第でどうとでも化ける新勢力。今の時点では素人集団に過ぎないが、まだまだ発足したばかりの組織だから伸び代はいくらでもある。次の選挙であまりに大勝ち(議席3ケタとか)すれば、維新は第二民主党に成り下がり、また日本は政治技術を進歩させるチャンスをどぶに捨てる事になるだろう。そして、もうチャンスは当分巡ってこないかもしれない。逆にほとんど議席を確保できなければ第二みんなの党としてあっという間に失速し、飛沫政党として存在感を失うだろう。そうすると唯一残るのは劣化自民のみであり、ライバルがいない自民も改革意欲を失うため、日本の政治は更に劣化していくと考えられる。もう救いようが無い水準まで落ちるだろうね。民主党時代が懐かしく思えるくらいのレベル。

私見ではあるが、維新は次の衆院選挙で30-50議席前後であれば国政の経験を蓄積し、まともな政党として育っていく可能性があると期待していいのではないかと思う。与党を担える政党に成長するまで10年くらいはかける必要があるだろう。

維新八策の最終案が日経新聞で公開されているので、一度見ておいてほしい。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC3103B_R30C12A8000000/

自分としては共感できる点もあるし、反対な面もある。まあ当然だろう。リバタリアン党でも登場しない限り全面支持の政党など出てくるわけが無い。また、普通にやっても機能しないだろうという目標も見える。それはともかく、見て分かる通り維新を掲げるだけあって大風呂敷である。賛成反対の問題もあるが、それ以上に「どうやって実現するのか」という実行力の問題も大きい。むろん今の素人集団に過ぎない維新の会に実現できる見込みは全くない。だから大勝ちさせてはいけない。サギフェストの二の舞は誰も見たくないだろう。

 次の選挙で有能な中央政府が出てくる可能性は無い。これは自信を持って断言できる。なぜなら民主政権の数年間は日本政府の統治能力を劣化させ、破壊してきた期間だからだ。しかし、次の選挙は政治を変えていくための足場を作る選挙である。民主から議席を奪い、自民には与党を担える程度の議席を与え、維新の会を勝たせすぎず負けさせすぎず一定の勢力を与えて経験値を積ませる。かなりデリケートな議席配分が必要である。そういういまいち盛り上がらないシナリオなら最初の段階は成功である。自民か維新が大量得票で単独大勝利!!となったら、日本政治完全終了のお知らせだと思ってよい。

 政治とギャンブルの区別もついていない日本の有権者には要求ハードルが高すぎるが、もうすでにそういう流れに乗ってしまっている。有権者が新政党の成長を待つ事に辛抱できず途中でギャンブルに走ったりすれば、日本政治のレベルは今よりも更に劣化する。中国問題との絡みで考えてみると、もし中国がどこかに戦争をしかけるとしたら、数年中に起こるかもしれない「一回目」の戦争には日本政治の建て直しは間に合いそうにない。これはかなり懸念すべき事態と言える。

 政党政治、議会制民主主義には、そこそこ使える政党が最低でも2つ必要である。民主がこのまま消えるとしたら、維新と自民は好きでも嫌いでも2つとも残さなければならない。片方がもう片方を無視できるほどに肥大化したら日本の民主制は危機的状況に陥る。民主制下での選挙とは候補者への人気投票では無い。ましてや誰が勝つかの予想当てなどでは絶対に無い。議席数をどのように配分するかという作業である。




テーマ : それでいいのか日本国民
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。