スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の新体制が示す今後


 かなり遅くなりましたが、中国の新指導部について軽く書いてみます。
いろいろなメディアでも指摘されていますが、予想に比べてガッカリ感が非常に強いものでした。
中国共産党も今やずいぶんと小物ばかりで人材に欠けてきているようです。
一人一人のプロフィールは他でも公開されているので書きませんが、
今回の人事は江沢民が勝ったというより、胡錦涛が対立を避けて譲歩したように見えます。

新メンバーの顔ぶれや安定維持を重点目標にしていることから、共産党に改革の意思なしと見てよいです。
5年後に年齢の問題でメンバーの入れ替えが見込まれていますが、
胡錦涛派が一気に増えそうなのはその時期です。
つまり共産党は「内部分裂を避けるために改革を5年先送り」したのです。

非常に驚かされたのは、まだ5年もあると思ってるのかwwという点ですね。
経済成長のペースは落ちているのに5年後に回す余裕があると見るのは、
いくらなんでも楽観的すぎると思いますがねえ。
自分たちごく少数の人間だけが逃げ切れればいいやと思ってるのならわかりますが。
いよいよ歴代王朝と同じグダグダルート突入かな。

もうひとつのポイントは、今後の中国政治は更にわかりにくいものとなるだろうという事です。
軍部は胡錦涛派が要所を占めており、習近平も軍部に人脈を持っています。
胡錦涛と習近平は対立関係にはありませんが、軍部を統一的な意思で動かしていくのは難しくなるでしょう。

そして、今回の大きな動きは「院政」を公式的には禁止した事です。
もちろん、この約束が守られることは100%ありえません。
これを提案した胡錦涛自身が軍部に自分の手下を送りこんでいるのですから、
彼らに指示や連絡をすることは当然です。
つまり、長老らの影響力が表から見えにくい形で発揮されることになるので、
意思決定過程がさらに不透明になるのです。そして権力闘争の暗闘は常態化するでしょう。

以前、中国は「暴走から迷走へ」入っていると述べたことがありますが、
もう共産党は中国の抱える諸問題を「解決」できると思っていないんじゃないかな。
あとは国内をいかに「黙らせておくか」に努力を集中するつもりではないかと。

もう一点、最近気になっているのは中国の沖縄奪取作戦が非常に加速している事です。
おそらく、どんなに遅くとも2年以内(たぶん来年中だと思う)には情弱を含めた日本人の誰もが、
中国が沖縄奪取の意図を持っていることを疑うことはなくなるでしょう。
尖閣という単一の紛争地域ではなく、第一列島線防衛戦が、もう完全に始まってます。

現在、ある仕事に取り組んでまして、その影響でブログの更新が難しくなっています。
今年中に完了の予定ですが、きちんとできたらブログでもお知らせします。
後は衆院選ですね。今回も期日前投票で行くつもりなので報告しますね。


スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。