スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国と北朝鮮の関係とは?

 
 管理人が朝鮮半島には明るくない(あまり興味がない)ということもあって、普段は触れていないが、
北朝鮮がコリアン・ルーレットによる危険な遊びを行う中、中国と北朝鮮の関係を取り上げてみよう。

 公式的には中国と北朝鮮は同盟国である。経済援助はもちろん、軍事的にもミサイル発射車両の輸出など支援もしている。また、中国軍部の一部などは、北朝鮮の鉱山開発権を取得しているし、漁業権を譲り受けたりもしており、経済植民地化が進んでいる。
 しかし、多くの中国人は北朝鮮を嫌っている。30年ちょっと前まで、中国は北朝鮮と変わらぬ全体主義体制を敷いていた。しかし、改革解放後の多少自由になった社会を知る中国人は、北朝鮮をイカレた国だと見ている。

 様々な支援をしているにもかかわらず、北朝鮮は中国の言うことを聞かないから、中国にとって北朝鮮は負債でしかない。一部の勢力が鉱山開発などの利権を持ってはいても、国家としては損をしているのである。中国政府の中にも北朝鮮切り捨てを望む声がしばしば現れる。しかし、中国には北朝鮮を切ることができない。負債でしかないのに捨てられないというジレンマ。
 なぜなら、北朝鮮を切り捨てた場合、中国の負債はさらに大きなものとなる可能性が高いからである。北朝鮮が崩壊すれば、北朝鮮人という1000万の乞食のうちの数百万は中国を目指すだろう。この浸透を食い止めるのは難しい。国境の川岸でマシンガンで撃ちまくるくらいのことをやらないと止められないだろう。この乞食の群れが中国東北部の安定を脅かすのは自明である。

 また、北朝鮮を崩壊させずに切り捨てた場合、北朝鮮はアメリカと手を組むべく動く。
そうすると中国はさらに困る。北朝鮮にアメリカ軍が進駐してきた場合、東北部の防衛力を大幅に強化しなければならなくなるからである。その財政負担に中国が耐えられるかどうか。
 もっとも、アメリカにとっても北朝鮮を抱え込むことは対中戦略としては強力な一手だが、国家戦略として正しいかどうかは非常に疑問である。中国包囲網を強化する代わりに1000万の乞食に餌をくれてやらなければならないし、アメリカの側から必要以上に中国の安全保障を脅かす進出戦略をあえて採る価値があるだろうか。

 かくして、誰も欲しがらない北朝鮮は、自由に挑発戦略、瀬戸際外交を取ることができる。
北朝鮮が日本やアメリカに挑発行動を取る事を中国は望まない。なぜなら、日本が北朝鮮の脅威を理由として国防体制を強化する可能性があるからである。北朝鮮が核武装を進めれば、日本や韓国が核武装に踏み切る可能性が高く、それは中国の優越性を深刻に脅かすからである。
 北朝鮮の瀬戸際政策で中国が最も懸念しているのは、実は日本の改憲や核武装なのである。

 なお、過去にも書いたことがあるが、自分は北朝鮮の脅威を利用することに大賛成である。無能な敵は頼もしい味方と同じくらい、あるいはそれ以上に好都合なのだ。例えば今回、沖縄にも迎撃ミサイル(PAC3)を配備することになったが、これは沖縄侵略を狙う中国にとって、非常に困った話である。しかも、北朝鮮のミサイルに備えるためという理由だから、強く反対することもできない。日本は北朝鮮の挑発のおかげで、自然に対中防衛力も強化できたのである。


 では、今後の北朝鮮情勢はどうなっていくのだろうか。北朝鮮は指導者が交代し、支配権を固めるために色々と汗をかかねばならない時期にあるらしい。核開発をしたり、戦争前夜の雰囲気を作って国内をまとめたりと忙しいが、こうした非生産的な活動は貧しい北朝鮮をさらに貧しくする。

 すべての国にとってベストなルートは、北朝鮮を生かさず殺さずの緩衝地帯として置いておくことであるが、北朝鮮がこの先も破綻せず、独立国家として存続していけるかどうかはかなり疑問である。
 誰も手を出したがらない北朝鮮が破綻するとわかった場合、嫌々ながら、中国が併合するという形を取る可能性が高いと思う。数百万の難民が国境に押し寄せてくるのを見ているよりは、北朝鮮内部に多くの乞食を留めるために、中国は手を突っ込まざるを得ないだろう。難民の脅威という状況は韓国も同じだが、韓国に北朝鮮を統治する国力はないから、消去法で中国しか残らないのである。

 北朝鮮を併合した中国は、地政学的な弱点が増えるので弱体化する。地政学的な知識がない人には領土が増えたのに国家が弱体化するというのは、直感的には理解しにくいかもしれない。1000万の乞食のせい・・・ではない。それもあるが、それは地政学的理由ではない。
 東アジアの地図を見ていただきたいが、北朝鮮の東海岸は日本海に面している。そして、その海域は中国の他の海域と自由にアクセスができる地理的位置にはない。そのため、中国は日本海艦隊を新たに設けなくてはならず、中国の海軍戦力は、南(シナ)海艦隊、東海艦隊、北海艦隊、とすでに三分されているのに、さらに日本海艦隊が必要な国土形状になれば、戦力が四分割されてしまうわけだ。同情したくなるほど不利な戦略条件と言ってよいだろう。

 先ほども述べたように、すべての周辺国にとってベストなシナリオは、北朝鮮が細々と存続することである。
しかし、いったん北朝鮮が破綻した場合に甚大な損害を被るのは、地続きの中国と韓国、ロシアであって日本ではない。その時、日本は(たかが知れているが)北の難民が海路で流れ込んでくるのを防ぐため、北朝鮮の港を機雷で封鎖するべきである。今の法的な縛りの中では難しいだろうが、国家として合理的な戦略はそれである。

 

        



・・・あ、書くの忘れてた。著書は・・・順調に売れております!
現在、第3刷まで出てます。嬉しいです、皆さんのおかげです。
スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

台湾政治の旅

 台湾の政治について、どういう目線で書こうかと迷ったが、最近は台湾旅行に行く人も多いので、
ちょっと変わった観光コースという形で紹介してみようと思う。
 
 まずは、比較的よく知られたツアーに「総統府見学」がある。現役の総統府(大統領府)を簡単に見学できるというお勧めコースだ。事前予約もいらず、料金も無料である。平日の午前中に総統府向かって右奥の裏口に行けば、ガイドが案内してくれる。日本語対応のガイドもいるので、語学力の心配はしなくていいだろう。パスポートはお忘れなく。

sotofu01.jpg

 総統府の中に入れるだけでも行く価値はあるが、内部の展示や説明もなかなか興味深いものが多く、例えば江戸時代、武士の鎧に使われていた鹿革は、台湾からの輸入品であったとか、総統府が日本統治時代に総督府であった頃のエピソード、陳水扁前総統が着ていたスーツは、特殊な防弾繊維の生地で作られていたとか、台湾の一部原住民の話す言葉がフィリピンのとあるエスニックグループの言語と一致したなど、意外と知られていない話を色々と聞くことができる。台湾の基礎知識を一通り持った上で訪問すると、一層楽しめるだろう。


 総統府の向かいにある「二二八和平公園」にも、ぜひ訪れて欲しい。
この名前を聞いて、何の公園なのか分かった人は台湾の政治に一定の知識を持っているといえる。
逆に何のことか見当もつかないという人は、台湾の戦後史の知識が皆無といえ、台湾人が中国に抱く感情も、日本に抱く感情もよくわからないだろう。

228park.jpg


 この公園は「二二八事件」の真相を公開し和解を記念するために作られた。公園内には事件の博物館もある。
二二八事件とは、日本の敗戦後、国民党が中国から進駐してきた頃、台湾人(本省人)と大陸からのニューカマー(外省人)の間に決定的な溝を作ってしまった事件であり、台湾人が国民党による抑圧的な支配に苦しめられる暗黒時代の始まりでもあった。

 事件の細かい経緯はここで書かなくとも広く出回っているが、簡単に要約しておくと国民党の統治への不満を爆発させた台湾人に対し、国民党は武力弾圧を持って臨み、その犠牲者は1万8000人とも2万8000人ともいわれている。また、当時の国民党は台湾人の知識人を狙い撃ちすることで、その抵抗力を奪った。

 数十年後、台湾人は台湾を自らの手に取り戻し民主化を達成するが、それまでこの事件は公式には認められていなかった。そうした施設が、総統府の目の前にあるという事実は重い。ここまで来るために台湾人が多くの犠牲を払った事を知らないと、彼らを理解するのは難しい。人懐っこい、南国特有ののんびりした明るさだけが台湾の全てではない。台湾旅行の常連さんは多いだろうが、たまにはこうした場所へ足を運んでみるのも興味深いものだろう。台湾人が手にした自由の重さを知ったとき、彼らは日本にとって単に仲の良い友人であるだけでなく、尊敬すべきパートナーとなり得ることをきっと分かってもらえると思う。

   

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 台湾の民主化

プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。