スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国社会にはびこる環境問題とリスク

 鳥インフルエンザや大気汚染など、チャイナリスクが更に大きく取り上げられるようになっている。
現地の感覚になじんだ人々(もちろん管理人も)にとって、実はこうしたリスクはあまり驚くようなことではない。多くの中国人は、鳥インフルなど大したことではないと思っているから、ほとんど警戒していない。それは彼らが情弱だからという理由もあるが、中国人にとっては、自分の半径5m以内にインフルで苦しんでいる人がいない限り、あまりにも「遠い話」であり「漠然としたリスク」でしかないからだ。

 幸いにも今回の鳥インフルH7N9型は、今のところ感染力が弱いタイプのようであり、大した対策が取られなくても深刻な被害を出すには至らなかった。毎年のように広まる従来型のインフルエンザに遠く及ばないレベルのものだ。死亡率は高いものの、感染力が弱い事は中国にとって非常にラッキーであったといえる。中国は「なるようになる」世界だ。例え数百万の死者が出るような大変な感染であったとしても、なるようにしかならず、「仕方がない」の一言で数百万の死者を忘れる事ができる世界なのだ。我々は自らの身を守りつつ放っておくしかない。


 さて、大気汚染の深刻さも今更ながらマスメディアに取り上げられるようになっているらしい。
管理人の感想では、北京は6年も前から「毒ガス砂漠」であった(管理人が初めて北京に行った日、大気汚染のためにのどを痛めて倒れてしまったから、毒ガスという表現は大袈裟なものではない。)し、上海についても青空がめったに見えないということを何度か書いたり、日本と中国の空や海の色の違いを写真で比較したりもしてきた。

 マスメディアが今になって、汚染の問題を大きく取り上げる意図はよくわからない。「日本は毎年、台風が来る国です」「日本はサラリーマンの残業時間が長い国です」といったものは、現地では常識であってニュースではない。「中国は大気汚染がひどい国です」「中国では食の安全など夢物語です」というのも、ニュースではなく常識である。こうした状況が改善される見込みは無い。自信をもって断言するが、中国は環境問題を解決することはできない。ずっと汚染されたまま、社会生活を営んでいくだけである。

 2000年前、黄河は単に「河」と呼ばれていた。気候変動の影響もあるだろうが、中国人が周辺の森を消滅させ生態系を破壊したから黄土が流出し、河は黄河となった。よく言われるように「イナゴ」のような生態だが、彼らはずっとそうしてきたのだ。今後もずっとそうしていくだろう。

 空気が汚いとか、水が汚いとか、それは多くの中国人にとって、あまりにも遠い話である。
中国の団地である「小区」の中に入ってみると、しばしば敷地内はごみ溜めやがれきの山となっており、悪臭を放ち、景観を醜いものにしている。ゴミ箱があるのに、ゴミ箱の外にゴミ袋が積み重ねられていることもよくある。自分のアパートの敷地内のゴミ汚染すら気にしない人々が、どうして空気や水の汚れを気にするだろうか。上海はまだマシだが、他の多くの都市の人々は、きれいとか汚いとかいう感覚自体を持ち合わせていないのではないかと疑われるほどである。実際、地方都市以下の汚染された地域(つまり中国の大部分)の人々は、環境的にきれいな街を見たことが一度もないから、我々の感覚でいう「きれいな街」を想像することも困難であろう。

 中国の環境問題が解決されることは永久にない。大事なことなので(ry
  
  
        


 さて、沖縄に対する中国の主張が一歩前進しましたね。
過去にブログの記事でも、著書の中でも書きましたが、これは突然の寝耳に水という話では全くなく、中国側の予定表には前々から組み込まれていたことです。とうとう、中国に関心を持たない普通の日本人でも知らないフリができないところまで、動きが大きくなってきているということです。
 まだ知らないフリを続けますか? これは一時的な関係悪化の産物に過ぎないと現実逃避しますか?
日本人には現実に立ち向かう自由も、現実逃避を続ける自由もあります。
結果は全て我々の選択の結果として、目の前に突きつけられることになるでしょう。
その時にやれるだけはやったと言えるようにしたいと自分は考えます。
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : チャイナリスク 中国政治

プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。