スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国のデマとホント

中国にまつわる様々な情報、ニュース、うわさ話。これらのどれが本当で、どれが嘘なのか。


 他国への無責任なデマやうわさ話は、世界中で聞かれるものだ。
「アメリカで発生したとあるハリケーンは、ヤクザの気象兵器によるもの」
「311大地震は、アメリカやロシアの兵器実験によるもの。いや、日本が核実験をしたからだ。」
これらは、実際に存在したデマである。中国でも日本に関する荒唐無稽なうわさ話が広まることはよくある。

ここまで低レベルなものでないとしても、多分誰もがデマを信じている。
管理人も中国についてはデマかどうかをかなりの確度で判定できる自信はあるが、とても100%の精度とは言えない。各国のレベルでのデマ判定には、その国の文化や思考回路に精通していることが必要条件となる。
そして、健全な猜疑心と論理的思考能力があれば、確度を大きく引き上げる事ができるだろう。
 そしてもうひとつ。大昔から世界中で教訓とされていることだが、「人は信じたいものを信じる」のである。
自分がこれは本当だろうと思ったことは、自分が「本当だと思いたいこと」ではないかと振り返る必要がある。


・丹羽元大使、中国のぶっちゃけトークを始める
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130620/plt1306201541005-n1.htm
 これは、つい最近のトピック。親中で有名な丹羽氏が突如中国をボロクソ・・・というか、
在中験のある日本人の共通認識というべきものをぶっちゃけたのだ。その中の一つに気になる話がある。
「生野菜を食べるなら東北3省のものは安全。冬は-40度にもなり、細菌が死ぬ。だから農薬を全く使わず、無農薬の有機農法での野菜を食べる事ができる。しかし、その他の地域は農薬に野菜をどっぷりと漬けるような栽培方法だ。私は絶対に食べない。」とのこと。

 さて、彼の言は正しいだろうか。答えはNOである。中国東北部の知識があるか、あるいは常識的教養の範囲だけでも判断できるレベルだ。-40度の環境下で野菜の栽培はできない。農薬以前である。
また、中国東北部は冬になると現地で採れる生鮮野菜がほとんどなくなる。ビタミン源は外地の野菜か、現地でよく食べられる「酸菜」という白菜の酢漬け、あるいは干した大根がメインとなる。
-40度で無農薬で育てられた中国東北部の生野菜? そんなものはない。

 そして、彼の言が中国人からの受け売りであることも、私は高い確度で保証できる。
この手の「理屈になっていないが理屈に見える説明」は、中国で非常に多く語られているものだからである。
丹羽氏の話は、「いかにも中国人が考えそうな与太話」なのである。


・中国資本が日本の水源地を買い占めている
 ネット上ではもはや確定事項とさえ見られているフシがあるうわさ話。
 中国人は長期的視点を持ち、ずる賢く、戦略的に日本を追い詰めてくるだろう、という一部の日本人が中国人に対して持っているイメージに合致する陰謀論。実際には現代の中国人はそうではない。
彼らは短絡的でずさんで短期間に成果をあげたがる。日本の水源地をじわじわと買い占め、ゆくゆくは・・・というやり方には、私が見るところ、「中国らしさ」が大きく欠けている。彼らはそんなのんびりした方法を好まない。
 また、日本語が堪能な年配の中国人男性が一人である地方にやってきて、水源地の情報を詳しく集めていたという証言が得られたこともある。「日本語が堪能な年配の中国人男性」・・・この時点でとんでもないレアキャラである。更にこうした場合、中国人が1人で活動する事も考えにくい。この証言は95%以上の確率で嘘であると判断する。

 ここから先は想像だが、このうわさ話は海外への資産逃避を試みる中国人が、日本の地方で土地を買った事例やら、日本の不動産業者の「原野商法」に引っかかった中国人の話などが、尾ひれがついて語られているのではないかと思われる。

 中国らしくないというだけでは、論拠として不十分だろうか。
では、中国で語られている日本らしくない(中国人は日本らしいと思っている)日本のうわさ話を挙げてみよう。
「成田空港で、金髪に染めた日本人の空港スタッフが中国人に差別的対応をし、欧米客にはにこやかに接していた」
金髪に染めた空港スタッフという時点で、作り話は確定と言ってよい。

 次のような話がネット上で広まったこともある。
「日本の外交官が中国のとある機関を訪れ、中国人の団結力の無さをけなし、その機関の職員と1週間で100万人の団結署名が集まるかどうか賭けをした。だから、中国の愛国者よ、この署名に協力してくれ!」
職務で訪れた先の機関でくだらない賭けを独断でする外交官など、日本にはいない。

 日本人が聞けば、これらは馬鹿げたうわさ話である。日本に無知な中国人が考えた作り話であることが見え見えである。そして、水源地の買い占めのうわさも同様に、中国人との接点が少ない日本人が考えた匂いがプンプンとするのである。

情報操作を行うマスメディア、嘘情報が氾濫するインターネット。
これらとうまく付き合うには、メディア・リテラシーを身につける事が必須である。
それができなければ、マスゴミとネットのカス情報に振り回されることになってしまうだろう。
何を情報源とすれば信じられるのか、と考えている人は常にだまされる側、振り回される側である。
情報は自分で得るものであり、自分で判断するものである。誰かに教えてもらうものではない。

 多くの情報の中にデマ情報が混じるのは普通だと思っているのだけど、最近、ちょっとデマが多くなりすぎているように感じていたので書いてみた。


スポンサーサイト

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

中国の社会変動と時間の変化

中国社会の変動はパターン化されていると考えている。
どこの社会にもパターンはあるのかもしれないが、中国はまとまり、発展し、腐り、荒れ、そして分解していく流れを繰り返している。

このサイクルの中で古い王朝は倒れ、新たな野心家が古くて新しい秩序を再び作り上げる。
多くの人は、混乱期に偉大な英雄が現れれば、天下が統一されると思っている。
しかし、自分はその見方には少し懐疑的である。確かに最後の勝者は、それなりに有能な人物や集団であろう。
だが、それは新たな王朝を打ち立てるほどに有能な人物だから勝者になれたというよりは、
長期にわたって各集団がつぶし合い、長い泥仕合の果て、遅れてきた挑戦者が漁夫の利を得るのに似ている。

周知のように現在の中国は山のような社会問題を抱えており、民衆の暴動も頻繁におきている。
まだまだ政府の持つ力は強大であり、社会よりも政府機構の方が優勢である。
政府は膨大な富と活力を社会から吸い上げ、疲弊した社会で虐げられた人々が我慢できずに暴れれば、
それを権力と暴力と金で黙らせる。むろん、それにもコストがかかる。
そのコストは社会から吸い上げられ、更に社会を疲弊させ・・・

と、負のサイクルが繰り返される。
従来の王朝であれば、しっかりした機構が末端から腐り、崩れ、統治不能に陥っていくまでには、長い年月が必要であった。だが、現代はこれまでとは大きく違っている。
情報伝達技術の発達。具体的には携帯電話とインターネットの普及は、20世紀と21世紀の時間の流れをまったく異なる次元にまで加速させたのだ。まして、それ以前の時代とは比べるべくもないほどに。

この違いが、政治体制や社会の安定にどのように影響するだろうか。
例えば19世紀であれば、大規模な感染症(疫病)が広まろうが、地方役人が農民を虐げようが、
そんな情報のほとんどは遠く離れた地域へ伝わっていかないし、伝わるとしてもずっと時間が経ってからだ。
その程度では、社会の安定性を揺るがすインパクトにはならない。
しかし、現代では一つ一つの事件がメールなどで即座に情報共有され、その不満やストレスも色褪せずに多くの人が共有する。

過去、王朝の崩壊には100年ほどの時間が必要であったが、おそらく、共産党王朝の混乱ペースは、それよりもはるかに早いものになるだろう。とても不思議に思うのは、現在の中国の指導者らは口先では危機的状況を打破するために改革が必要であると述べてはいても、とても切羽詰まった改革への取り組みが行われているようには見えないことだ。どうも、彼らはすでに中国の安定化を諦めているのではないかと思える。


テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。