スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治を畏れる中国、嗤う香港、争う台湾

数か月ぶりに書きますな。
色んなこと起きてますが、これだけ時間空いてると、どうせ全部はキャッチアップできないので、書店関係者の拉致など香港出版界への弾圧から見る表題のテーマについて。

香港の街角で漁っていた政治関連本を懐かしく思い出しますが、香港での政治の語り口はいわゆる「ゴシップ」なんですね。政策上の合理性とか、外部環境とか、ましてや政治思想で語るよりも、香港人はゴシップによって政治を理解しようとします。「共産党の〇○と××は親が仲良しだったから」とか、はてはスキャンダル記事や暴露本などを好むのです。
いい加減な情報も多いですが、ここのところさんざん弾圧されている「りんご日報」なんかは、時々びっくりするような暴露情報を出してくることがあります。

香港人にとって政治は酒のつまみのごとく興味本位で覗いたり、嗤う対象です。イギリス統治時代から現在まで、香港市民は一貫して政治にかかわる権利を持ちませんでしたから、覗いたり嗤ったりすることで折り合いをつけてきたのかなと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、共産党指導部が香港の出版界を弾圧しているのは、究極的にはむろん香港を自分たちの言うなりにするためなのですが、短期的には習近平の短絡的なヒステリーっぽいですな。彼の離婚歴だの母親の言いなりだっただのという点で、自身のイメージに傷を付けられたくなかったのでしょう。習に限らず中国の指導者らは自身を詮索されることを非常に嫌います。江沢民の息子がネット管理の責任者だった時期には、「江沢民」のワード検索が中国ではほとんど機能しなくなりました。

 中国人にとって、権力とはです。嗤うなどとんでもなく、権力者は遠い存在であり、畏敬の念、畏れの念を抱かれてなんぼです。面白おかしく書き立てる香港のスタイルは一番気に食わないだろうと思います。中国では人民が神のごとき権力者、指導者を求めている精神土壌があります。有能であるより、恐ろしい権威を持っていることの方が大事だという伝統、皇帝政治からの遺産といえるでしょう。毛沢東が何千万人も殺しても尊敬されるのはなぜか、祀られる対象にすらなっているのはなぜか、それは中国人にとって権力こそ神だからなのです。リバタリアンにとっては一番嫌悪する文化ですねー。

 中国人が鄧小平以降、権威の低下し続ける共産党に求めているのが、恐ろしい指導者であることをもっともよく看破したのは薄熙来でした。当時、上海にいた私は中国人がそんなものを求めているとはあまり感じなかったのですが、地方都市ではむしろ時代を先取りしていたようで、中国経済が行き詰まり、問題が山積するにつれて、人民を従わせるために畏れが必要になってきているようです。薄熙来はまさに毛沢東のコスプレをすることで時代の要請をうまく汲み取りました。しかし、彼は権力闘争に敗れて退場し、代わって習近平が自身も同じ役割を果たす必要があることに気付いたのです。習近平夫婦を礼賛する歌を流行らせようとしてみたり、官僚を脅しつけてみたり、と下手くそな独裁者役を演じようとしていますが、あまりうまくいっているとは言えない現状は周知のとおりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 総統選を終え、政権再交代を成し遂げた台湾では、政治が深刻な社会的対立を招く材料となります。90年代の民主化以前は、政治は恐怖の対象でした。国民党が白色テロと呼ばれる弾圧を繰り返していたため、台湾(本省)人は政治にかかわることを恐れていました。民主化後、台湾では多くの場合政治は闘争の場です。議会での乱闘(韓国や過去の日本でもよくありました)に限ったものではなく、先年のヒマワリ運動などで火が付いた各種論争(対中関係だけではない)でも、議論というよりは、「敵か味方か」を各人に迫るような論争が活発です。台湾ではかなり以前(つまり311の地震とは関係なく)から、原発の是非が大きな論争の種となってきました。(第4)原発建設の是非をめぐってのレッテル貼りや論争は非常に激しいものです。

・・・しかし、ぶっちゃけた話、私は台湾で原発の是非を問うことに意味があるとは思わないんですね。何せ、わずか数百キロを隔てた台湾海峡の対岸には、中国の原発がいくつもある(一番近い福建省だけで5か所)わけで、台湾島内に原発があろうがなかろうが放射能汚染のリスクは大して変わらないという現実があります(同様に日本も韓国、中国、台湾の原発が風上にあるので、国内だけ止めても大して意味はないという状況)。若い論戦のリーダーたちは、案外そんなこと承知の上で目立とう、政界へ出ようとアピール合戦をしているだけなのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・
一応、日本もやっとくか。90年くらいまでは台湾式の争いが盛んだったかなと思います。21世紀に入り民主党が政権を取るまでの期間でいうと、日本人は政治を弄んでいたといえます。民主党政権で痛い目にあって以降は、自民が復活し、野党が崩れっぱなしのために政治を見守っているだけになっています。次にどうなるのか、日本式の政治がどの立ち位置に落ち着くのかはよく分からん状況ですね。中国本土以外、香港と台湾もずっと今のスタイルというわけでもないでしょうが。

スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。

長らく更新しておらず、読者の方には申し訳ありません。
昨年の後半にとあるベンチャー企業に転職しまして、以降、非常に多忙な状況のためになかなか記事を書いている時間が取れていません。残念ながら今年もハイペースで更新というわけにはいきそうにありませんが、ご承知おきください。

ちなみに、業務改善やデータ分析を専門にするコンサルティングをやっておりますので、興味のある方はお声かけください。
データ分析、財務分析からの各種提言や、ロジ回りやその他オペレーションプロセスの見直しなど行っております。
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。