スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人と裸

数ある日本文化の中でも、相撲はもっとも中国人受けしない文化だ。
興味を引かないどころか、はっきりと嫌われることも多い。
今まで数々の中国人に会ってきたが、相撲に好ましい反応を示した人は2人しかいない。

しかも、その2人は中国人らしくない中国人トップ3の内の2人だった。
(嘘を付かない、物静か、約束を守る、マナーが良いなどの特徴を持っており、
蛇足だが、私はこういう突然変異を「純粋培養種」と名づけている。)
まあ、おそらく中国人の9割以上は相撲が嫌いだと思う。
(むろん相撲を知った場合の話で、その存在を知らない人も多いが)

確かに、すもうは見栄えが良いとは直感的には感じにくいだろう。
しかし、土俵、衣装(まわし、まげなど)、迫力ある立会いなど、
異文化として外国人の目を引くには十分なインパクトを持っている。

すもうが嫌われる最大の要因は、中国人が「裸」を嫌うからというシンプルな理由である。
中国人の文化には、「裸体」を忌避する性質がある。
中国の代表的な美術を思い浮かべて欲しい。
仏像や神像、絵画、いずれにも「裸体」はまず登場しない。

インドやチベットの仏像、神像は躍動感に溢れ、SEXの真っ最中の神さままでいたりする。
しかし、これが中国に入ると躍動感を失い、静かに立っている像ばかりに化ける。
日本の仏像も中国経由で渡来した物が多いため、その特徴を引き継いでいる。
中国は肉体的な特徴をわざわざ消し去る「改良」すら加えたのだ。

欧米圏の肉体美好きは言うに及ばず、インドや日本でも人の身体は美的鑑賞の材料になる。
しかし、中国人にはこれが分からない。身体はあらわになってはいけないのだ。
これは儒教の影響と思われ、民族国家で無い中国では、服装こそが文明度を示す基準となる。
服を脱いでしまっては、単なる蛮族と区別が付かないと考えているのだろう。

基本的に中国には「健全な裸」という概念が存在しない。
裸になることは、そのまま「エロ」に結びついてしまう。
この辺は魯迅もエッセイで指摘したことがあったが、今も当時と大きく変わっていない。
中国人が裸に対して反射的な否定感情を抱く異文化を持っていることは、
もっと一般的に知られても良いと思う。
夏の暑い日なら、さすがに例外扱いになるらしく薄着でもOKだ。
ただ男の場合、やはり裸をきれいに見せるという発想は無く、
突き出た腹をシャツの外に出して歩く者もいる。だらしないだけだな。

肉体の扱いから見た中国文化という視点も非常に面白いと思うのだが、
様々な本で断片的に触れられはしても、まとまった研究にはお目にかかったことが無い。
誰かやってないかなー。心当たりがある人は紹介してください。

   
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : 中国社会 中国人らしくない

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「中国嫁」の嫁は珍しい人だったのか

No title

いつも楽しく読ませていただいております
最近重慶で面白・・・ゲホゲホ、きな臭い動きがあるみたいですねえ
なんでも重慶市のトップ薄煕来というのがなかなか香ばしいとかなんとか

No title

重慶の薄煕来は就任直後から暴走しまくってますね。
マフィア叩きに始まり、革命歌を広めるとか、いったい何を見てるのやら。

彼をはじめとする地方都市での太子党VS共青団の動きから、
次世代指導者の権力闘争が激化しているのが伝わってきます。
それに加えてここのところ、中国のトップは国内の制御にヒステリックになってまして、
正直、国内情勢はカオスすぎて全体像を追いきれてません。
っていうか、もう本人たちも方向性を見失ってるんじゃないかと思う時がある。
方向性も無く権力争いばかりって・・・まるで民主党状態ですねー。
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。