スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中合意文書と首脳会談

久しぶりに動き出した日中関係、さて、政冷経冷の関係に変化は生じるのだろうか。
外務省のサイトにアップされている合意4項目は以下の通り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日中関係の改善に向け,これまで両国政府間で静かな話し合いを続けてきたが,今般,以下の諸点につき意見の一致をみた。


1 双方は,日中間の四つの基本文書の諸原則と精神を遵守し,日中の戦略的互恵関係を引き続き発展させていくことを確認した。

2 双方は,歴史を直視し,未来に向かうという精神に従い,両国関係に影響する政治的困難を克服することで若干の認識の一致をみた。

3 双方は,尖閣諸島等東シナ海の海域において近年緊張状態が生じていることについて異なる見解を有していると認識し,対話と協議を通じて,情勢の悪化を防ぐとともに,危機管理メカニズムを構築し,不測の事態の発生を回避することで意見の一致をみた。

4 双方は,様々な多国間・二国間のチャンネルを活用して,政治・外交・安保対話を徐々に再開し,政治的相互信頼関係の構築に努めることにつき意見の一致をみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

率直な感想を言うと、笑えるほどぎこちないw。日中関係の冷え込みがよく伝わってくるし、関係の改善が容易でないことが見て取れるので、現状はなかなか良い状態であるといえるだろう。

1.戦略的互恵関係は、前安倍政権の時の戦略でもあるが、「都合のよいところを利用し合う関係」という理想的な日中関係を示している。敵対関係は損失であるし、友好関係は相互理解が不可能な以上、非現実的であるからだ。これは今後、どのように互いを利用できるかという駆け引きや取引の運用によって、損得どうとでも転ぶ話である。

2.いわゆる歴史問題。日本側にとっては未来志向と読めるし、中国側にとっては日本に努力義務(靖国に参拝しない、中国様の歴史認識に洗脳されなければならない)があるという認識で解釈されている文言である。そして、若干の認識の一致という苦笑いを誘う表現が、双方で話がかみ合わなかったことをよく反映している。

管理人はナショナリストではないし、遊就館を見学に行ったこともあるが、靖国史観は笑止なものと認識している。(ブログで靖国って取り上げたことありましたっけ?) 安倍氏が参拝したい、するべきと考えるのは自由であるが、管理人は靖国参拝の必要性は感じない。(ただし、中国などに「行くな」と明言された場合は内政干渉となるので、時の首相が行きたくなくても内政干渉が通用しないことを証明するために、「参拝しなければならない」)

一方で中国政府のいう「正しい歴史認識」は、独裁国家のたわごとで落書き以下の代物と認識しており、それらがぶつかり合ったといっても、それ自体は議論としてはどうでもよいものである。しかしながら、項目2は明らかに日中政府の間で重要なトピックと位置づけられており、実質的に何の合意もなかったにもかかわらず、無理やりにでも4項目に含めなければならなかったという実情がある。

周知のように、この歴史問題は感情的に日中関係を改善することを困難にしており、管理人のように「自由主義圏連合による独裁国家伸長の阻止」を理想的な国際関係と考える者にとっては、格好の利用材料である。双方のナショナリストや自称愛国者たちが、歴史認識にどれほどの情熱を注いでいようとも、分断用の利用材料以上の意味は認めていない。

実際のところ、最も重要なのは3である。これによって、日本政府は事実上、尖閣諸島に領土紛争があることを認めたに等しい。その代償として「危機管理メカニズムを構築」できるのか、できなければ100%の敗北に終わった合意であるし、できたとしても大きな代償を払ったことになり、後日に禍根を残すことになるだろう。3は非常に大きなリスクを孕んだ合意であり、懸念事項である。

4は単なる総論であり、何かしら具体的な合意が示されていないので、「ま、がんばって。ダメでも気にしなくていいよ」。おいうレベルのものである。

さて、疑問なのはこの合意の下で日中首脳会談を実現したとして、それに何の狙いがあるのかということである。双方の指導者が半ばイヤイヤながら、「一応、話し合いができるようにはしておかないと」という程度のノリで舞台をセッティングしようというのか。それとも今後の日中関係構築のための具体的なプランがあるのか、そのプランは潰した方がいいものなのか、得になるものなのか。今後もチェックしていかなければならないだろう。

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

石平さんとかまともな識者のソーシャル見てたら、
尖閣とかの件で日本側が譲歩したかのように書いてるのは
人民日報や環境時流のような中共メディアと東京新聞のような売国メディア中心で
日本側が会談中に譲歩した形跡はない
みたいな感じでしたが…
外務省もおかしいのかもですが…(昨日一昨日くらいに、チャイナスクールは中共に睨まれると大使になれないから云々とどなたかに呟かれ拡散されたばかりですが)
あいまいに書くなと言っても結局この手のセンテンスは
そりゃ拡大解釈されやすい書き方でしか書けるわけもありませんが…
日本は尖閣については、領土問題なしという態度を崩しがたいはずですがとにかく。。だから日本と中国の認識には違いがあるかもしれませんがみたいな表現に…、ですが…、中国が「わが国の認識にもとづいて今後行動する」と言い出す余地を与えたことに(どれくらい)なるか、でしょうか

そういえば、小笠原あたりから珊瑚密漁船が連れだって帰国してるとさっき読みましたが
会談少し前に、やはり識者のソーシャルにて
「船団は会談に合わせて引き返すのでは(ずっと前の、とうしょうへいのときも似たようなことがあった)」
なんて書いてありましたが
結局会談幕後に国に戻りつつあるようですが
これも妥協の一部??

佐藤正久議院がわざわざ外務省に確認しに行ったそうで。つぶやきで報告してましたね
領有権について異なる見解を有している、と認めたのではない、とのことですが。

近年の海洋での緊張状態についてなら異なる見解を有している、というまとめ方で習側が会談の席上にて受け入れたのが、
結局わかりにくい文面を悪用して一方的な解釈をする余地を残すためだったら結局元も子もなさそうですが。

元産経記者の福島香織さんがチャンネル桜見てくれって言ってますね、今の段階では
外務省が、合意の部分は正式の外交文書でないという理由で英訳発表してない、ゆえに英語圏メディアは、日中の各発表や各報道の英訳を好きなように採用してる、みたいなつぶやきしてるようですが~

No title

>黒子さん
石平さんがまともな識者かどうかはともかく、安倍政権支持派の人々は主権問題で譲ったとは口が裂けてもいいませんよ。今回の3によって、日本政府の態度が変わったというよりは、中国政府にプロパガンダを行う論拠を与えてしまっているということが懸念点なのです。

日本側の言い分としては、「領土問題は存在しないけど、中国が変な認識を持っている」という意味で言っているのでしょうが、中国側は「日本が認識の相違を認めたということは、領土問題を認めたということ」と宣伝してくるのは当然かと思います。


密漁船団の引き上げは中国政府の取り締まりによるものですね。長続きするかどうかはまったく不確かです。日本をつまらないことで刺激したくはないでしょうし、サンゴの密漁は共産党の利益になるわけでもないし、国際イメージも悪すぎますからね。

No title

「かんべえの不規則発言」の11月8日の記事にちょっと面白い情報が載っていました。
http://tameike.net/diary/nov14.htm
官僚は“優秀”ですね。国益に活かすのは政治家ですが。

それにしても総理と握手した時の習近平の顔は何なのですかね。
(笑顔ではできないと根回しがあったという情報もありますが。)
もし満面の笑みだったら、総理は何か譲歩したのではと日本国内で叩かれたと思いますが。

まともという語は、もっとよい語が浮かんでこなかったのですよねー。
もう密漁船が戻りつつあるような噂が出てましたし
ゆうべから今日にかけては沖縄県知事の件で持ちきりですが…

結局移転の件は国防がらみ米国がらみで県に権限はないですし
官房長官にもすかさず言われたようですし
補助金とかの待遇下げられる運命で県民にはねかえ…
(沖縄県民の投票の顛末は、都知事に入れた都民にもあてはまりそうですが)
とにかく尖閣と非常に深く絡む問題ですよね
そういえばオバマの任期があと2年くらいでしたがそれが終わるまでにさらに思い切ったこと仕掛けてくるでしょうか

No title

日中首脳会談、場所は北京と聞いて
「キンペーは破れかぶれに安倍首相の謀殺でも狙っているのだろうか」と思ってました
安倍首相も良く行く気になったかなと
それだけ「中国と条約を結んだところで破られるだけ」だという気持ちが強い
だとしたら何を狙って今回の会談に行ったのかなと、何処に向けたアピールだったのかなと

No title

>mottonさん
友好国ではない国家の代表が会談するときは、あえて笑顔を見せないという国内向け配慮はよくあることです。小泉氏の訪朝の時も、拉致調査を要求する立場でしたから、笑顔は見せなかったでしょう。
習が笑顔で安倍さんを迎えた場合、日本国内よりも中国国内の反発が容易に予想されますから。

>黒子さん
オバマを有能だと思ったことはありませんでしたが、中国への過度な気の使いようには正直、引きましたね。中国は中国で指導部の余裕が失われているので、あまり思い切ったことをやる余裕はなさそうです。フィリピンやベトナムとの海戦なら勝つでしょうが、あと2年以内には他に勝てる試合もなさそうですし。

>正宗さん
本文でも触れましたが、今回は仲の悪い首脳同士の顔合わせなので、特に実のある話をしないことは普通として、その先に何をしたいのかがお互いに見えないのですよね。突発的な衝突を防ぐ仕組みづくりくらいしか、できることはなさそうですし。
双方に具体的なメリットが見えない会談でしたね。



No title

自分は単純に、GDPのマイナス成長の情報で(気分的に)余裕の無くなった安倍さんが首脳会談のチャンスに飛びついただけと推測しますが。そんな乗りで将来に禍根を残す合意文章を作ったと思うと暗い気持ちになりますが。

1年前には考えられなかったですが、意外と安倍政権短命なのか?と最近の自滅ぶりを観てそう感じます。

No title

>もりぞ~さん
GDPのマイナスと首脳会談はリンクしないと思いますよ。
時系列で考えても、首脳会談の打ち合わせ中にはGDPマイナスのネガティブサプライズを両政府は知らないはずです。

安倍政権がすぐに倒れるとは思いませんが、確かに最近の行動は背景が分かりづらいものがありますね。
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。