スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わる国内情勢と周辺環境

バタバタと決まった感のある解散総選挙。
自民党の優位は明らかだが、日本国内、外部要因に色々と特筆すべき変化が起きていることを指摘しておこうと思う。

・焦りを隠さない安倍政権。
 単独の政治勢力として過半数近い圧倒的な支持を得ているにも関わらず、安倍氏には余裕が見られない。
 二期連続のマイナスGDPが、それほどショックだったのか。ライバル政党がいないがゆえに財務省の官僚や党内との駆け引きが激しくなっているのか。多分後者なのだろうが、消費税を5%に戻すことをかけての解散とでもいうのなら盛り上がりもしようが、掲げているのは単なる先延ばしに過ぎず、国民サイドから見るとそれほど意義があるとも思えない今回の解散には疑問が付きまとう。

・実質成長率のマイナス。
 主因は消費税の増税なのだろうが、意外なほどに日本経済には成長力がなかった。
 増税後の駆け込み需要から半年も経つのに市場には疲労感が漂う。オリンピック特需があり、金融緩和を試みている状況においても消費が冷え込むという現状は、今後悪化することが約束されている老齢人口の増大を考えれば、最後の成長チャンスを逃しつつあることを予期させるに十分である。第三四半期の実質GDPは0.5%前後の成長という民間予測に対して、-0.4%という速報値に大きな差異が生まれネガティブサプライズとなったが、速報値なので12月初旬の改定値で修正されるかもしれないと思っている。ちょっと悪すぎるようにも思うし。

・武器輸出、軍事技術輸出の進展
 すでに既知のことと思うが、オーストラリア海軍が潜水艦の更新に日本の「そうりゅう」型を導入することが有力視されている。まず、現在のオーストラリア海軍には国産の「コリンズ」級潜水艦が配備されているが、これがひどい代物として悪名高く、おそらく「Made in China」の潜水艦を下回るできの悪さである。これに懲りたオーストラリア政府は国内産業の保護を犠牲にしてでも「まともな」潜水艦を欲している。対象はむろん中国海軍はじめ、東南アジア諸国が潜水艦戦力の増強に努める中、使えない上に老朽化している「コリンズ」級を置き換えたいのである。
 オーストラリアの海域は世界地図を見直すまでもなく広大である。よって、小型の潜水艦は最初から候補にならず、大型のディーゼル潜水艦で高性能が約束されている艦種といえば、「そうりゅう」型が候補に挙がることは自然であった。というか、自爆覚悟の自主開発を除けば世界中を探しても他にない。ギリギリでドイツの214級(欠陥があることが発覚しているが、韓国でも導入されつつある)が候補になるかどうかというところであるが、多分サイズが足りないと思われる。
 候補としては申し分のない「そうりゅう」であるが、技術漏洩対策、建造ドックが国内2か所しかないのに追加受注が可能なのか、建造は日本かオーストラリアかなど、まだまだ幾多のハードルや障害を克服しなければならない。しかしながら、ひとたび日本が武器輸出三原則を緩めるや、オーストラリアの潜水艦更新を筆頭に、アメリカはもちろん、イギリスとの技術協力、インドへのUS-2救難飛行艇輸出案件、イスラエルとも技術協力進展の動きありなど、様々な協力関係が構築されつつあり、これまで日本があえて活用してこなかった重要な国内リソースが有効活用される動きが見られる。

・原油価格下落に助けられる日本
 一方で原油価格の下落というラッキーな変化も同時に進んでいる。日本のメディアがどのように取り上げているのかは、実はあまり把握していないのだが、原油市場は過去に例がない局面に突入しているのである。急激な円下落にも関わらず、原油価格が上昇しないのはむろん日本経済にとって大変な利益である。これは、アメリカで進むシェールガス革命が従来の原油産出国を脅かしているため、サウジアラビアが対抗策として増産に踏み切り、価格競争を挑んでいるためであるといわれている。ここで、原油の消費者でしかない日本は最大級の利益を得ているのである。
 原油という戦略物質でさえも、代替供給地が登場したことで自然と市場原理が導入されつつあるのだ。ちなみにこの価格競争で割りを食っているのはロシアで、たぶんアメリカ政府は原油価格下落に苦しむロシアを心地よく見下しているだろうと思う。実際、ウクライナ侵略をめぐってロシア政府高官ら個人に対する経済制裁が科されているが、ロシアには原油価格下落の方がはるかに大きなダメージになっている。

・オバマ政権の無能さが悪化
 元々外交無能で知られていたオバマ政権であるが、イスラム国潰しや対中外交において特筆すべき無能さを見せている。イスラム国は「蛇は卵のうちに潰せ」の典型であり、さして力を持たない状態ですら異教徒の人権を無視し、恐怖政治を敷くための虐殺を行い、奴隷制の復活を公言するという実にぶっ飛んだ方々である。ぶっちゃけた話、「皆殺しにして駆除」すべき害虫であるが、オバマ政権は当初は状況を軽視し過ぎ、後になってから兵力の逐次投入という中途半端な対応策を打ち出している。古代から現代まで、反乱や武力衝突の対応策は「やるときは一気に」が原則である。だらだらと長引く紛争は、相手に対応する時間を与えてしまい、コストも多くかかる。巻き込まれる市民の範囲も拡大し、結果として非常に非効率になることがお約束である。

 APECの日程において、オバマ大統領は習近平との会談に10時間もスケジュールを割いたという。中国がアメリカを重視し、アメリカが中国を重視するのはごく当然の判断だろうが、その多大な時間の中でどの程度の成果があったのだろうか。既存の交渉枠組みは維持され、習近平の顔も立て、会談が成功したようには演出されているが、さして身のある決定が下されてはいない。かと思うと、その数日後のオーストラリアでは、名指しはしないものの中国の海洋覇権主義を強く批判し、アジア重視を明言した。実のところ、その場その場で聞こえが良いことをしゃべっているだけではないのかと思わせる。

 ポジティブな面もあれば、ネガティブなニュースもあり、なかなか簡単には方向性を見出しづらいが、現在は速報値におけるGDPのマイナスが過剰に大きく受け止められているように思われるが、一応改定値の発表までは半信半疑で待っていても良いと思う。
 財政規律と消費税増の国際公約とやらに異常な執着を見せる財務省だが、増税後に景気が落ち込み税収が減ったとしても「財務省は責任を果たした」などと開き直るつもりではないかと疑っている。「プラン通りにやった」ということで責任逃れをしたいだけなのではないだろうか。ほとんどが国内への債務とはいえ、無限に国債を発行できるわけではないことは自明である。しかし、人口オーナスに突入している日本経済にとって、重税を課して福祉を維持するというのは非現実的である。リバタリアンとして明言しておくが、今後、日本が「福祉国家」を維持、推進することは自殺行為以外の何物でもない。働きもしない老人を80代後半まで手厚く保護しても、それは何ら新たな価値を生むことはなく単なる浪費でしかない。個人の資本を親や親類などに(投資したければ)投資するのは自由であるが、国家が税金を使ってやることではないのである。
 超高齢化社会における「福祉国家」路線を放棄することを気兼ねなく宣言できるようになったとき、日本の抱える諸問題は根本的に改善されるだろう。儒教的価値観を引きずって自滅の道を歩むことを私は望まない。今後、日本は老人福祉を維持できず、維持すべきでもなく、福祉国家の道を諦めるべきである。



スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

tag : リバタリアニズム リバタリアン

コメントの投稿

非公開コメント

解散決定からほどなく、全く系統が異なる複数メディアで民主党の議席増進の予測が出てたそうで。私は各地の候補とかに詳しくなく何とも…ですが。まあそれでも自公との間の差は埋めがたいですが。
小渕氏の動向が取り沙汰中ですが、今の小渕氏を自民が受け入れるのは自殺行為だって噂されてますね 総理が切らないなら谷垣氏が~て声も?
daitojimariさんの周辺だったかな? これから来月あたりに急に経済関係で何か上向きなニュースが出るのではとか何とかやり取りしてたかも(うろ覚え)?
そういや急に海保から、珊瑚密漁船を、一転して拿捕だとかって。2chですぐに選挙策かと突っ込まれてましたが

No title

増税を回避するためには解散しか手がない、というところに財務省によって追い込まれた、と青山繁晴氏が解説していましたが、そんなところではないでしょうか。それ以外に、あまり解散のメリットがあるようにも思えませんし。

No title

メリットについて

沖縄県知事選でブサヨが沖縄に住民票登録しています。
地元に戻れなくて困っています。
(3か月以上在住が条件なので今、転居しても地元に投票権なし)
沖縄だけでまた圧勝。

公明は組織票。自民はアベノミクス+消費増税延期+他にねぇでやや強。
民主およびその他が壊滅。共産党が漁夫の利。

また池上 彰の視聴率一人勝ちです。池上無双がみられます。

No title

総選挙前にもう1つ記事書いて、また指示政党アンケートやってくれよ~頼むよ~
てか2年前のアンケにも「何だこの選挙?」があるのに笑える

あっ、そうだ(唐突) 
前から聞こうと思ってたんだけど、ネコさんってエロ以外で普段チェックしてるサイトや紙媒体ってあるんですか? 気になってたんだゾ 

あ~

そうそう、解散正式決定直後から、流れはじめましたよね、沖縄にいっせいに住民票移してた勢力は14日に間に合わないって。

今は台湾の動向も目が離せなくて管理人様もたいへんそうですが…民進党も市民に広く支持されてるわけではまだないとか見かけましたが…

No title

>黒子さん
今回の議席予測は難しいですね。共産党は伸びそうですが、与党多数は動かないでしょう。
まあ、我々一般国民は予測にピリピリする必要は必ずしもないのですが、どう投票したものか迷いますね。

小渕はもういらんでしょう。結局、親の地盤と女性議員というだけしか取り柄がなく、その使い道もなくなってしまいましたから、放っておけばいいだけの存在になりましたね。サンゴ密漁船のだ捕は、数が減ってきたからやりやすくなったのでしょうね。100隻以上が相手となると、物理的に全てのだ捕は不可能ですし、1,2隻を拿捕している間に他の船がノーマークになってしまいます。
威嚇射撃が正解だったのですが、日本の海保が急に威嚇射撃しまくるのも想像しがたいです。

>チナヲチさん
追い込まれたといってもねえ。消費税据え置きを訴えて解散して、ぼろ負けするわけもないのだから、「消費税据え置きは民意!」なんてことをわざわざ実際に選挙で見せる意味もないと思いますが。

>ポポさん
沖縄県民が自分たちで誰を選ぼうが、どういう政策を支持しようがいいのですが、県外からの政治的意図を持った移住というのは、右でも左でもあまり好ましくないですね。住民票を動かしてまでやるという活動家は、まあたかだか百人もいないだろうと思うので結果には、ほぼノーインパクトかと思いますが。

>りーべんさん
期日前投票と今回の選挙の見方は投票日前にはやるつもりです。まだ自分の選挙区の立候補者も出そろってないし、情報不足も甚だしいですからね。8日のGDP改正値にも注目しています。

Xvideos以外だと、まとめ系はアプリで見てます。
他にブログ系は週刊オブイェクトさんにめぼしい兵器が取り上げられていないかとか。
http://obiekt.seesaa.net/

Want China Times
http://www.wantchinatimes.com/

PCだと他はyoutubeをよく見ますね。大紀元で法輪功関係やらローカルなニュースの速報狙い。
ここのところは、米軍のアパッチがISIS兵を掃射している動画を酒の肴にしていたりします。

他はアプリに情報源が移行して、BBC、Economist、NewsWeekが主なニュースや週刊誌。
中国語で網易新聞とか。

紙媒体では、『軍事研究』をめぼしい特集の時は買います。バックナンバー漁りも去年からはじめました。台湾から人が来るときや旅行行く人がいる時は『自由時報』と『アップルデイリー』を買ってきてくれるように頼んでいます。中国だと『財経』と『環球時報』ですね。

そうそう、最近は古本屋めぐりで昔の本を頻繁に漁ってますよ。一冊だけでは何ともですが、いろいろ集まってくると、重要な分析ツールになってきます。年明けに書斎が完成するので、自慢がてらその時にでもいろいろ紹介してみましょう。

No title

久しぶりにコメントさせていただきます。
こちらのブログへは長らくの間、VPNを経由して訪問しておりましたが、この度、国慶節を前に帰国いたしました。
日本国内における最悪の評判と、予測を遙かに上回る景気低下の中、過剰な悪感情を持つことなく毎日を暮らすことができたのはねこさんが発信された沢山の情報のおかげです。本当にありがとうございます。
私自身はかの国としばらく無縁になりそうですが、今後の記事も楽しみにしております。

そういえば~

中国ではxvideosとかpornhubとか、串刺したり抜け穴つくったりして、見たり落としたりしてる輩はやっぱ多いのでしょうか~。

No title

>直轄市駐妻(元)
おかえりなさい。某T市(でしたか)の景気低迷、政府負債の深刻さ、将来はゾンビ映画の舞台になること間違いなしの超巨大ゴースト開発区は堪能されましたか?

私が帰国した時は、日本の空の青さが眩しかった、本当に眩しかったことをよく覚えています。
面白エピソードや写真、物価の情報、肌で感じる雰囲気などなど、何でもシェアしていただけると私も読者もハッピーです。

何せ中国は広いので、広範な地域の生情報を誰か一人が把握するということは不可能です。各地の経験者が情報をシェアしてこそ、全体像を描いて共有することができるのです。

>黒子さん
一部の知人はポルノサイトのDLを串を通してやっていましたね。でも、一般的に回線の速度も遅いですし、そういう抜け道があるという技術的な知識を持っている人は少数派で、道端ではコピーのポルノも格安で売られていますから、それほど一般的ではないかなと推測します。

プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。