スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年の決着と未決着


2014年もまた多くのことが起こったが、年末を前にして決着がついたことも数多くある。

ウクライナ侵攻と、ロシアの敗北
 親ロシアであったウクライナ政府の崩壊に対する報復としてロシアは直接、間接に軍事力を行使し、新しい形の侵略が始まるかに見えた。ロシアは軍事的要衝クリミア半島を占領し、黒海における軍事的プレゼンスを大きく伸長させることに成功した。しかし、軍事力を行使するだけが戦争のやり方ではない。経済制裁とロシアの持つ最大の力の一つである石油の価格暴落は、ロシアの国力に決定的ダメージを与えるまでに痛烈な打撃となっている。
 多くの識者がこれを北方領土を安値で取り戻すチャンスと述べている。私はそれには早いと思う。ロシアはそんなに簡単に領土をあきらめる国ではない。確かにチャンスは近づいてきているが、実際に取り戻すまでには、現在の経済的苦境に加えて、まだまだ次のようなステップと材料が必要であろう。

1.ソ連崩壊に匹敵するレベルでの経済体制の崩壊。ルーブルの紙屑化を目途に追い込まなければならない。
2.北方領土の返還は、単に代価が必要なだけでなく、極東ロシアへの強力な支援(中国から極東ロシアを防衛するに足る)と交換でなければ成立しないだろう。
3.もし、ロシアが決定的苦境に陥っても北方領土返還に応じない場合、日本が中国の極東ロシア進出を後押しすることを意識させる。
4.北方領土の一部、例えば択捉島の北端部を除外することで、交渉のハードルが下がる可能性がある。

1においては、日本も静観しているだけでは不十分であり、ロシアに経済的打撃を与える有効な手段を早急に用意するべきである。備蓄原油を市場に放出して更なる価格崩壊を促進したり、金融面での制裁を追加で行えないかなど、従来の手段に捕らわれない方法を検討するべきである。

2と3は1セットと考えてよく、北方領土を返還するなら味方になるが、そうでないなら中国の極東ロシア進出をバックアップするという脅迫を二者択一で突きつけることで、要求はより効果的になるだろう。

4はロシアの専門家、特に軍事に詳しい専門家の判断に任せればよいが、現在のロシアの極東防衛戦略において、北方領土の一部が不可欠な位置づけを与えられている場合、その代替案がなければ、その部分だけは後日、応相談という形にすることでスムーズに合意が成立する可能性がある。

台湾の転機、香港の終わり
 台湾の統一地方選挙は与党国民党の壊滅的敗北に終わり、国民党の大陸への急速な接近が不可能となった。急速な独立路線にもすでにNOが突き付けられた台湾政治においては、事実上の独立路線を保ったままで中国との経済的関係を損なってもいけないという高度なバランス感覚を持つ政府が求められることとなった。中国にとっても、台湾経済の中国依存につけ込んで、国民党と進めてきた一国二制度の戦略は明確に破たんし、方針を練り直さなければならなくなった。
 
 一方、香港ではOccupy Centralが終結し、普通選挙の導入は完全に拒否された。香港の学生は想像以上に健闘した。事態に進展がない中で長期間、運動を維持するのは大変なことである。彼らは戦術上のミスをしたから要求を通すことに失敗したわけではなく、最初からまったく勝ち目がない勝負に打って出たのである。リバタリアンはむろんのこと、他の自由主義者も闘争の相手は、しばしば政府など権力者をはじめとする抑圧者であるから、ハンディキャップマッチは当たり前であり、それでも抵抗し続ける姿勢、戦う姿勢が求められる。香港の学生の粘り強い抵抗は一つの手本となるだろう。
 とはいうものの、これで香港の自由は失われたことも確かである。一度、一国二制度の支配下に入ってしまえば、後は事前の取り決めや約束など何の意味もなさない実例として語り継がなければならない。

中国政治の転機と中国経済の見通し
 鄧小平レジームの終了という大きな転機を迎えた中国、しかし、その先に打開策があるわけでもなく、ただでさえ限定的だった自由はさらに縮小され、ネットの制限は強まり、ウイグル系を主敵とした宗教弾圧、言論弾圧も激化している。経済の失速は政府の支援をもってしても覆い隠せない状況にある。来年は特に不動産だけでなく、鉄鋼産業の波乱が予想される。鉄鋼の過剰生産は以前からもよく知られていたが、在庫圧力を逃れるために海外へと捨て値で販売する動きが目立っている。来年はこれがダンピングとして各国から指弾されると予想され、中国の鉄鋼産業は大変な困難に直面するだろう。

今年もあと10日で終わりだが、このブログの方針を来年からは少し変更しようと思う。
中国や関係国以外のトピックは、気になるトピックも多くの場合はあえて避けてきたが、今後は取り上げて記事にしようと思う。あとは更新ペースを上げられるといいのだけど、こればかりは何とも。時間の都合次第ということで。

では、緊急のニュースでも入らない限りは、一足早くよいお年を。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

バブルの時にお金無駄遣いしないで北方領土買っちゃえばよかったのに。と当時を知らない人間は思っちゃうなぁ

それはさておきこないだレス返してくれてありがとうございました。
本土の財経って雑誌おもしろそうですね。普通に生活してたらお目にかかる機会はなさそうですけど
でも自由時報系列のTaipeiTimesってやつはチェックしはじめました。(自由時報は漢字ばっかで読めないw)

ちなみに中国世界(社会)におけるアルジャジーラみたいな一応フェアな立場を採っている新聞社ってありますか?
あと半年に1回くらいはホームページのほうにもおもしろそうな写真とかアップしてほしいなぁ
なんて思ったり。

来年も期待してます。今年もおつかれさまでしたー。新年快楽ー

北方領土

あけましておめでとうございます。

北方領土は、ソチ五輪直後のクリミア侵攻でまた棚上げ状態にいくぶん後退したような趣ですが(それまでは日本の現政権とうまくいきつつあったような印象)。秋のプーチン来日も見送られましたし。
地政学上、太平洋への周航を確保……というのがロシアの北方領土への最大のこだわりのようにも見えますが、そういえば、森元首相とかがこれまで何度も渡露してますがその際にプーチンに「(返還後に)絶対に米国の軍関係施設が島やその近辺に出没することがないように……」みたいな念の押し方をされたんじゃなかったでしたっけ。
フィンランドとの問題も解決されて、ロシアに残る国境関係の問題はもう日本だけじゃなかったでしょうか。プーチン以外のロシア政府首脳部はともかくとして、プーチン当人は、解決する気がないわけではないようにも1年前までは見えてましたが…クリミアの件がそこで浮上してしまったのが偶発的なことでしょうし、プーチンが完全に交渉する気をなくしているわけでもないのでは…(プーチンに返す気がある場合でも、やっぱり2島のみで手打ちにさせられるのかもですが)

あと米国がまた、日本とロシアの交渉に口出ししないか、いちいちチェックしないといけないですよね。平和条約もいまだないままですが、過去半世紀の間は米国が何度も横槍…でしたね。
今だと、ここで日本がロシアと交渉をはじめると米国だけでなくEU国家の大半まで文句をつけてきそうですが。

No title

>りーべんさん
財経は比較的まともな経済情報源として活用でき、環球時報はよく知られている通り、電波系でナショナリスティックな情報に満ちています。強硬派の元気具合を示すバロメータという感じですね。
 自由時報はむろん漢字紙ですが、最悪読めない人でも広告とか見てるだけでも現地の雰囲気は伝わるもんですよ。

アルジャジーラも英語版は見てるんですが、中華アルジャジーラはあまり心当たりないな。本土では南方週末はいい線行ってましたが、しょっちゅう弾圧されてますし、最近はもうダメかな。

写真は凝った閲覧フォーマットを作ったのはよかったのですが、アップロードに手間がかかるようになってアップしていないという本末転倒状態ですw 今年はどうにかします。きっと。


>黒子さん
一度は進み始めた交渉もウクライナ情勢で完全に頓挫しましたね。
太平洋への出口、択捉島の北端部はまさにそれかと。逆にいえばそこだけ諦めたら何とかならんかと素人的には思ってしまいますね。

ロシアがウクライナ侵攻を始めた時点で日露交渉なんてのはあり得ない情勢なので、むしろロシアの苦境につけ込む様に攻めていくべきかと思いますね。ロシアからしてみれば北方領土をちらつかせて日米の温度差を作るのが基本になるでしょうから、それが通用しないという姿勢をはっきりさせなければいけません。

日本が変に妥協的な姿勢を見せたら、フランスもミストラル級をロシアに売っていいやという話になり、それが北方領土に回ってきて、むろん北方領土はそのままという自由主義圏完全敗北ルートになるでしょう。当分は経済的にとどめを刺すくらいのノリで攻めてもちょうどいいくらいだと思います。
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。