スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国との軍事衝突第1ラウンド!?

 南シナ海の中国軍による軍事基地建設問題で、なぜか中国軍が異常に強気です。埋立地に砲門の装置(よくわかりませんが)を据え付けたことがアメリカ軍によって確認され、南シナ海のシーレーンが早くも直接的な軍事脅威に晒される状況となっています。 動きの遅いオバマ政権ですら、さすがに今回は繰り返し非難と警告のメッセージを発していますが、中国側は聞き入れる気がないようです。また、自国を大国と表現し、他国には「小国は騒ぐべきではない」などとあからさまな恫喝を行っています。

 今回、中国が強気に出ている背景には習近平の承認があることは確かです。習はケリー国務長官との会見で、「広大な太平洋には中米2大国を受け入れる十分な空間がある」と、これまで呉勝利海軍司令官が述べていた米中による太平洋の分割論に直接言及しましたから、アメリカの覇権を直接崩しにかかっているわけですね。

 実際、アメリカの介入がなければ南シナ海は中国の軍事支配を受けることになる状況であり、逆にアメリカの強硬な対応に晒されれば、今回の軍事的冒険は失敗に終わります。この場合、中国国内の政治情勢が深刻な打撃を受けることが十分に予想されますから、ハイリスクハイリターンな瀬戸際外交に出たといえます。

 これは妙ですね。汚職を口実に反対勢力を黙らせつつある習近平には、ハイリスクな賭けに出る動機があるのでしょうか。AIIBという賭けは国内の経済情勢と、香港モデルで成功したマネーによる進出策の再利用ということで意図が分かるのですが、アメリカとの対立、軍事拠点の確立が失敗した場合の政治的打撃という大変なリスクを負ってまで、なぜ南シナ海で勝負に出たのか。習の立場では、リスクとリターンが全然釣り合っていないんじゃないでしょうか。

1.金あるし大国は何でもできるはずだという、知能水準が疑われる脳筋判断。
 習近平を脳筋と冷やかしてきた私としては、単にまともな判断能力がないというある意味では最も恐ろしい仮説を検証するべきでしょう。埋め立て自体は昨年から行われていたことなので、AIIBとセットで進めれば周辺国を分断できるだろうという楽観的な見通しに基づいているのでしょう。

2.オバマ政権のこれまでの弱腰を見て、今が最大のチャンスと楽観している。
 カーター政権の妥協的態度を甘く見てアフガニスタンへ侵攻したソ連のごとく、弱腰のオバマ政権を甘く見ての強硬策採用という点も捨て置けません。このオバマ政権の失策は1の理由でも、3の理由でも重要な要素となります。

3.海軍による権力闘争の一環。
 海軍が威勢のいい行動に出ている反面、中国国内のメディアは必ずしも全面支持というわけではありません。特にここ数か月は自国の兵器にまだまだ問題があること、海軍が先走り過ぎることに批判的な記事も出ていますから、軍部の意思が統一されているというわけでもないようです。
 そうすると、一貫した国家戦略というよりは海軍主導の強硬案がゴリ押しで進められているという可能性も出てきます。なぜそんなことが必要なのか。今や習近平の粛清は軍部ですら聖域ではなく、陸軍出身の徐才厚のようなスーパーVIPですら攻撃対象となり、陸軍の練度の低さや腐敗は調査対象としてやり玉に挙がっています。
 海軍にはまだ逮捕者が出ていませんが、呉勝利海軍司令員(胡錦濤に任命された)はじめ、海軍司令部は自分たちが粛清されないために軍内部の勢力争いで優位に立ちたいのではないでしょうか。対外紛争で主役となれば、その司令部のトップクラスを粛清することはできませんからね。

 というわけで、海軍には明確な動機が存在します。中国政府がオバマ政権を軽く見ているのも確かです。しかし、習が海軍と同じ言葉(広大な太平洋には中米2大国を受け入れる十分な空間がある)を使って後押ししている背景はいまいち分からないというのが現状です。うまくいったらそれで良し、状況が不透明化して来たら「必殺はしご外し」でも狙っているのでしょうかね。習の意図について心当たりがある方はコメントをぜひよろしくお願いします。

 我が国としては中国という分かりやすい脅威があるうちに、アメリカやオーストラリア、インドや東南アジア各国と防衛協力を進めておくべきですね。また、日本国内にある中国高官らの資産情報をできるだけ調べあげ、習近平政権側の腐敗情報をアメリカやオーストラリアと一緒にどんどん中国国内にリークするべきだと思います。そうして、中国政府内の利権争いのために国際紛争が使われているという宣伝を中国の人民に行い、政府の統治能力に打撃を与えるべきです。中国国内の矛盾は彼らの国の中だけで解決させるべきであり、国際舞台に出てこれないよう国内情勢を悪化させるべきです。軍事的進出の野心が物理的な形になって出てきた以上、もう何の遠慮もいりません。






スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : チャイナリスク 中国政治

コメントの投稿

非公開コメント

1・2・3の答えは?

全部じゃないでしょうかね
もう何をやっても制御不可能なのではないでしょうか
これが第三次世界大戦になるのか中国の内乱分裂程度に収まるかはわかりませんが

答えは思いつきませんが~

こないだ安部さんたちと会談したばかりでしたが…
表向きはともかく水面下で日本と交渉する気アリ、とみなす論者いたようだったのですが
南中国海で急に強硬策とは

オバマ任期中に何かしでかすか、みたいなことはこの数年推察したりしたものの~台湾侵攻とかはしない(できないからでしょうが)代わりに南側に来た、ように目下見えますが
軍事整備や日本を含めた各国の航路妨害以外に
フィリピンベトナムあたりへのはっきりした軍事行動に、オバマ任期が残る約2年内に出てしまうかどうか…

元産経記者の福島女史が月末に、北京で飲酒運転の検問受けたらしいですが、全体的に厳しくなってるらしいですね~もち南シナ海とは無関係ですが…

Yahoo!ニュースBUSINESSに、

【チャイナリスクに備えよ】という記事が出て、匿名共産党幹部とやらの質疑が出てましたが、お読みになりました??

米軍の予算決定にまつわる主張とか冬季五輪招致にまつわる首席の願望だとかが主旨のようですが……
もっとも、(目新しい情報の登場や、既存の情報の確認という意味では有効ですが)ちょっと全体としては掘り下げが物足りなかったかも、ですが。。

No title

2,3については特に疑う必要はなかったのですが、1についてもその後の中国政府のコメントなどを見ていると、やっぱり脳筋路線のようですね。

呉軍華氏「中国を視る」 習近平時代の中国を解くキーワード「不信邪」
http://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/WuJunhua/pdf/8190.pdf#search='%E4%B8%8D%E4%BF%A1%E9%82%AA'

Yahooニュースでもこの記事を元にした記事が出ていましたが、要は「為せば成る」精神ですね。言葉は違えど、この論者は私に近い視点で中国政府の上層部を見ています。変に裏の計算があるというよりは、勢いさえあればできるという発想はやはり現支配層の特色のようです。


>チャイナリスクに備えよ は拝見しましたが、冬季五輪狙ってたんだw と国防白書に習自身が関わっていることは初めて知りました。
 論調としては覇権国の基本戦略が№2叩きであるというセオリーも理解せず、本質的にアメリカ人は好戦的であることも、自由経済体制が海洋支配権の分割など容認し得ないこともわかっていないようです。金と力しか見えない中国人らしいですが。中国人は中華文明に沿った考え方しかできないのですね。

 オバマが無能なのは広く知られており、国外紛争にも消極的な役割しか果たしていないのですが、その陰で財政の立て直しがいいペースで進んでいるのですよ。その記事の中でも国防費増には触れられていますが、私としては最悪オバマがロクに対応しなくても、次期政権は建て直された財政とオバマにウンザリしているアメリカの世論を武器に、強硬な戦略を取れると見ています。民主政権後の日本ほどではないとしても。期待できる条件はそろいつつあるのです。むろん、オバマが自分で立て直した財政をもって、自分の代で積極策に転じておこうと考える可能性も多いにあります。

いずれにしても、この高官さんはアメリカを舐めすぎていますね。

香港ニカラグア開発運河投資

newsasに、パナマの倍ある運河を掘ろうとしてる、云々の記事が出てますが…
細部の信憑性は不明ですが、大統領が100年有効な契約にサイン?
これは米国にとっては南シナ海どころじゃないですが…

米は過去ずっとカリブ周辺に対してひたすら強硬で住民に恨まれることも辞さない態度でしたが、このような動きにオバマと民主党どう出るでしょうか
まあキューバやベネズエラのような、例外的に米国に反抗してきた経緯がある国もなくはないですが
…ネチズンの間だと早くもこの大統領の近未来の安否を疑問視する声が出てますが

自分で書いてて……ですが

ニカラグアという国、キューバベネズエラなんかとまるっきり違いましたね
黒猫の巣さんだったか、昔読んだら、カリブ周辺だとハイチに匹敵する失敗国家だと書いてあったような、米国の軍事介入もすごい形で数度あったとか…

ニュースポストセブン

煽り中心の媒体ではありますが、タイムリーに出てますね…
汚職追放運動の効果で強い軍になりつつあるだの
日本の海軍を負かすためのシミュレーションに日夜励んでるだの
中越戦争以来の実践経験が欲しくてミャンマーに宣戦布告するか建議したほどだのと?

安全保障

お久しぶりです。
習近平首席が鄧小平の決めたメンバーにはアンタッチャブル。を、破った事を考えてみると、習近平引退後の自分にブーメランが襲ってくるとは思わないのかと不思議に思います。彼が脳筋ならば金でなんとか逃げ切れると思ってるのかな?それとも情報を独り占めできているのかな?どちらにしても、他勢力とで、項羽と劉邦みたいになりはしないかな。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。