スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共産党第三王朝の行く末

中国が激動の時代に突入しつつある中、その将来像はもうある程度は見えてきた。
次の10年以内に中国はその方向性を大きく変えてくるだろう。

1.経済の停滞と社会不安の激化。
 イノベーションの欠如と政府の公共事業への過度な依存から、中国の経済成長は急激に鈍化している。ハイコスト、ハイリスク、ローリターンという見離されて当然の中国経済は、深刻な経済不安に直面する。iPhoneはじめ組立のアウトソーシングで有名な鴻海は、中国工場のロボット化に加え、インドでの100万人雇用計画を打ち出した。中国人労働者の生活空間は着実に狭まってゆく。
 
 ローコストと豊富な労働力に裏打ちされた過去の経済モデルは、農村からの出稼ぎ労働者によって支えられていた。元々、中国の農村は生産性が低く、過剰な人口を抱えていたから余剰労働力が都市部に出ることは問題なかった。しかし、彼ら流動人口が今や2億数千万という凄まじい数に膨れ上がった挙句、都市への同化策もいまだ本格化してはいない。この状況下で、農民工が仕事を失った場合、流民の群れは中国史ではお約束の反乱勢力となるだろう。中国政府は、単に治安悪化というレベルに留まらない深刻なリスクに対応しなければならない。


2.疑似全体主義体制への体制移行。
 習近平政権が、胡錦濤政権よりも閉鎖的、内向きで、国際社会に馴染まない性質を持つことは発足早々に明らかであった。
 時間が経つにつれ、その傾向はますます顕著となり、国際社会、特に自由主義圏と共通の価値観を持たないことが各国に広く認識されつつある。
 習近平らにとって、偉大な中華文明、それを導く共産党の力を認めない国際社会は潜在的に敵である。力押しでどうにもならない相手は、現政権にとって理解できない相手であり、自分たちへの敵意と対抗心に満ちているに違いないと信じるだろう。また、人権派や民主派のような自由主義圏の価値観を認める中国国内の勢力は、危険な裏切者であり弾圧する必要があると認識しているだろう。習らには新たな価値観を打ち出すことはできないから、力で圧す以外の行動パターンがない。今後、更に抑圧的で全体主義的な社会に変貌してゆくだろう。


3.改革開放路線の放棄。
 今の時点で断定するのはとても厳しいが、実は私は習政権が改革開放路線そのものを放棄するだろうと思っている。
 修士論文を書いていたころを思い出すが、開発独裁体制は経済成長を加速させることで、政治への不満をそらす体制である。
 しかし、政治の問題は解決されるわけではなく、単に先送りされているだけに過ぎないから、経済成長が保証されなくなると反体制運動が復活することになる。それに対して、中国政府は言葉や次の理想を提示することで対話をすることができない。中国政府としては自由な価値観が海外から流れ込み続けることに耐えられないだろう。言論を更に抑圧し、外国人が自由に出入りすることを嫌がるようになるだろう。中国人が自由に海外へと出て知見を広め、自分たちの魅力の無さを知られるのも好まないだろう。
2の疑似全体主義化と同時並行で進むのは、必然的に海外との接触を減らす政策となるはずである。


リアル北斗の拳が成就するとき。
習近平は強権的な独裁政治によって腐敗を打破するという手法をウリにしてきた。自由な金融体制を否定し、株式市場の信用を崩壊させた。損失を出した投資家の訴訟を事前に防ぐために人権派の弁護士を弾圧した。中国政府はこれらの全てを「安定のため」として認識しているだろう。この安定とは、「自分たちの支配体制を維持すること」と同義である。仮にそう思っていなくても、力によってしか統率することができない社会において、最大の力を持っている共産党にはそれ以外の道は取れない。

安定のためといいながら、他者の財産を差し押さえ、批判を許さない、異議の申し立てを認めない権力はすでに腐敗の塊となっているのである。腐敗を断固潰すために、強権を行使することは自己矛盾に満ちている。脳筋の習近平にはそれを理解することはできまい。自己の考え以外を認められないその思考回路は、まさに中国人が共有する中華思想以外の何物でもない。


P.S.
 ちょっと面白いことが起きている。トルコでウイグルの弾圧に反対する反中デモがあったが、これは一部の識者に数年前から予測されていた流れである。ウイグルから中央アジアを経てトルコを結ぶ旧シルクロードには、グレータートルコとでもいうべきつながりがある(トルコは突厥にルーツがあるとも言われている)。ウイグルへの弾圧は中央アジアのトルコつながりを重視し始めているトルコの反発を呼ぶだろうという話があり、しばらくは私も注視していたが、なかなか伝播する様子がないので最近は頭の片隅に追いやっていた。どうやらユーラシアを数年かけて横切り、ついにトルコまで伝わったようである。
 反米に熱心であったイスラム過激派が、中国を本格的に敵と見なし始めるかどうか、再び注意して観察する時期が来たようである。

スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : チャイナリスク 中国政治 中国社会 リバタリアン

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。