スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスクだらけの時代?

リスクの大きな時代に生きている。混乱した不幸な時代が来る。
そう思っている人が結構いるようだが、これはある意味では単なる思い込みである。

冷戦終結後、この20年ほどの間に日本が大きな影響を受けたリスクとは、
バブル崩壊、阪神大震災、オウム真理教のテロ、911テロ、日本経済の長期停滞、
北朝鮮の核開発、中国の台頭と脅威、サブプライムバブル崩壊、民主党政権、東日本大震災などが挙げられる。

なるほど、確かに多くの脅威やリスクに囲まれている。
しかし、実はこれは普通なのだ。
そして、見たところ半分くらいの事件は予測しようが無かったリスクといえる。

第二次世界大戦後だけでも、世界を揺るがす大事件はしょっちゅう起きている。
第二次大戦直後だけでも、日本やドイツの大改造、冷戦の開始、朝鮮戦争、中国のチベット侵略、
各地域で何度も起きた植民地独立をめぐる戦争。
60年代以降でも、ベトナム戦争、キューバ危機(あと一歩で核戦争)、
2度の石油ショック(フクシマに始まる原発危機を上回ったであろうエネルギー危機)、
ニクソンショックによる冷戦の図式変化(ソ連と中国の分断)、
金とドルの互換停止(世界の通貨ルールそのものが変化)、ソ連崩壊、などなど。

さらに今後の20年以内に起こる可能性があるリスクも挙げてみよう。
北朝鮮の滅亡に伴う混乱、日本の財政危機、更に進む高齢化、中国経済の没落と混乱、
ドル基軸通貨体制の大きな変化、中国関連の戦争(規模にもよるが2回くらいかな。)、
などは現時点でも予測は可能だ。
そして、これ以外に全く予想していない事件が同数以上は起こると見ていい。

何が言いたいかと言うと、世界は元々リスクだらけなのだから、いちいち悲観する必要はないし、
かといって平和ボケしていられる程ヒマではなく、油断しているとあっという間に潰されてしまうという事だ。
実際、過去にこれほど多くのリスクに直面しながらも、世界は一貫して発展してきたのだから、
リスクがあるからとビクビクする必要はないだろう。ただ対策し、対応していけばよいだけである。
今の日本のように普段は何も問題など起こらないかのようにボケッとしていて、
問題が起こるとそれに受身で鈍い反応を示すような国は、衰退が約束されたも同然だ。


一般的に日本人はリスク管理が下手だ。というか、その練習をしたことも無い人が多いし、
リスク管理には意識的な練習が必要だという認識すら持っていないように思う。
それだけ平和な日常を送っているということなのだろうが、特に政治に関しては全く進歩が無い。
メディアや政治業界で騒がれている「管降ろし」は、「自民叩き」と同様、
私は相変わらずの無意味なバカ騒ぎに過ぎないと見ている。

管が無能だ、権力の亡者だ、そんなことは誰でもわかっている。
だが、必要なのは「代案」であって、単なる批判ではない。
管が降りた後の政権構想が全く固まっていないのに、とりあえず管を降ろせというのは、
「自民降板後に詐欺師の民主を政権に付けますので応援してください」というのよりも酷くはないか?
何しろ今回は「アホ管を降ろします。その後、中央政府がどうなるかは全く見当もつきません。
でも応援してください」なのだ。もはや支持する対象が形だけすら用意されていないではないか。
それくらいなら、解散総選挙なり連立政権なりの方針が固まるまでは、
あの無能の代名詞を飾っておいた方が良いと思う。
少なくとも、今の管がどんなたわ言をしゃべろうと、すでに誰も聞く耳を持たないのだから、
大きな害を及ぼす権力が、すでに無力化されているとも言える。
(1000万世帯ソーラーパネル構想がスルーされたことを思い出して欲しい。
 ルーピーがCO2の25%カットを勝手に宣言した時と比べ、全くまじめに受け取られていない。
 バカな提案を無視できる状況なら、他国に冷笑される以外、大して害にならないのである。)

マスメディアが管降ろしに躍起になっているのは、詐欺の共犯関係にあった民主の寿命が近いからだ。
共犯が民主と共に戦犯扱いされないために手のひらを返しただけであって、
何かしら構想や代案があっての話ではない。まずはポスト管の体制を固めてから話を持ってくるべきだ。
改革や挑戦は覚悟を決めて踏み出すものであって、
目をつぶって道をフラフラ歩くような危険を冒すことを改革とは言わない。それはギャンブルだ。


スポンサーサイト

tag : 中国ビジネス チャイナリスク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

現代人(日本人?)はリスク社会の意識が気薄なためある種のショック(災害、戦争等)が加わると大局観が無くなり、過激な政策がまかり通りやすくなるようですね。一昨年の民主党ブーム(モナ王は中国にいたので肌では感じておらず)然り反原発然り。
http://www.youtube.com/view_play_list?p=869A8DB2AA247A98

No title

管と孫正義は何を企んでるんすかね。
外国で日本を犯罪者呼ばわりするような人間は信用できるんでしょうか・・( ゚д゚)、
民主党のグダグダや中韓への迎合っぷりに言い知れないフラストレーションを募らせる毎日であります。
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。