スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華思想の正体

最近、ミクロな話題ばかり扱ってたから、たまには大きな話題でも取り上げてみよか。

中華思想
これを理解できたら中国を理解できたのと同じと言っていい。ある意味、究極のテーマ。
実は過去に二度、中華思想の説明をサイトでやろうとしたことがある。
どっちも途中で失敗した。書き終わった後で見直すと、どうもニュアンスが違う。
上手く伝わらない。というわけで、三度目の正直。そろそろ行ける気がする。

中華思想は一般的にはどうイメージされているだろうか?
・中国の傲慢さ。他国を下に見る視点のこと?
・中国文化を世界の中心と見る視点?

まあ、こんなところかな。
その通り。間違ってはいない。この言い方も正しい。でも足りない。これでは全然足りない。
中華思想とは、中国人の視点の置き方、物の見方そのものを示している。

中国人の視点とは、一言で言うと「同心円かつ主観視点」なのだ。
一個人としてもそうだし、国家でも同じだ。
まず自分(自国)を中心に置く。そして、他者(他国)を距離感に応じて配置していく。
親しい人を近くに置き、関わりに応じてだんだん外側へと配置する。
家族とごくごく親しい人を「内側(家)」と認識し、それ以外を外と認識する。
以上で同心円の配置が終わる。

そして、その配置を常に円の中心から見渡す。中から外を見る。
中から外を見るのは世界中の誰もがやっていることだ。
そもそも、生物の目が物を見るときの視点そのものだからだ。

重要なのは、それ以外の視点が原則として存在しないという事だ。
これは日本人や他国の人間とは全く異なる。
普通はこの視点に加えて、上から全体を見る「俯瞰(客観、メタ)視点」と、
他者の視点に置き換えてみる「他者視点」があるはずだ。

俯瞰視点は、「あれ?もしかして俺が勘違いしてる?」とか、
「お互いに言っていることが噛み合ってない。何でだ?」と事実関係や状況を見直すときに使う。
相手と自分の立場をキャンセルして状況を観察する、ちょっと冷めた視点だと言えるだろう。

他者視点は、人前でけんかになった時など、「ちょっww周りが見てるってww」という恥の感覚を生む。
また、他の人と何かをする時に「困ってないかな?不快に感じてないかな?」と表情を観察させる。
他人の目を恐れる視点であり、隣人が不快になっていないか思いやる視点だ。
おそらく、日本人はこの視点を世界でもっとも頻繁に用いる民族だろう。

普通はこの3つの視点を使い分けることを期待したいところなのだが中国人には無理。
基本的に原始的な主観視点のみしか無いことを前提とした方がよい。
それ以外の視点を発揮してくれたら、「ハイレベル中国人」と認定してよいだろう。

以上で視点を整理したが、これが何を生むのかを挙げてみよう。
俯瞰視点の欠如が生むのは以下の通り。
冷静な論理の欠如、普遍的なルールの不存在、客観的事実の存在が理解できない、状況把握の下手さ、
データの意味を把握できない(自分にとって損か得かという読み方しかできない)、分析の下手さ。

他者視点の欠如が生むのは次の物。
恥の感覚が無い、自分が嫌われていることに気づかない、他者を不快にしていることに気づかない、
他者の気持ちを想像できない、思いやりが無い。

これらのポイントに主観視点を加えると、典型的な中国像が浮かび上がってくる。
・エゴイストである(個人レベルでも、家族レベルでも、国家レベルでも)
・嘘つきである(正確には何が本当の事なのか自分でも分かっていない)
・ルールを守らない(正確には、ルールの意味を把握できない)
・他人(他国)には嫌われやすい(嫌われていることに気づかないし、なぜ嫌われたのかも理解できない)
・押し付けがましい。つまり親切でもある。(主観的な好意の表現に疑問を感じない)
・ちょっと「遠く」のことには無関心。(地理的な遠さ、抽象的なもの、予見できない将来など、
                    目でパッと見て見えないもの全て。)

以上が中華思想というたった一言に込められた意味だ。
もっと噛み砕いて分かりやすく、ユーモアを交えて書くには、まだレベルが足りないが、
内容としては正確に書けたと思う。
お分かりだろうか?エゴイズム、客観性の欠如、ルール無視など、数々の有名な特徴は、
実に「中華思想」の一言から生まれているのである。


ついでに言うと、日本人も俯瞰(メタ、客観)視点が不足している人がしばしばいる。
議論と個人攻撃の区別が付かない人、視野が狭く小さな世界に閉じこもっている主婦や昔の会社(組織)人間、
ムラ社会の風習に拘る人々、いわゆるネトウヨとネトウヨ連呼厨(この二つは全くの同類)などは、
俯瞰視点への切り替えが下手なタイプだと思う。
個人的には、あまり関わり合いたくない人種だ。このタイプと共通の言語を持つことは難しい。
普遍的な主観視点と、非常に強力な他者視点のミックスが、「日本人」を特徴付けているのかもしれない。

俯瞰視点は抽象思考を練習したり、事実関係を冷静に把握する経験がないと身に付かない人工的な視点だ。
世界中の人間にこの視点を身に付けさせる試みは非常に有用だろう。
多くの紛争を解決することができるに違いない。(ナショナリズム系、宗教系、クジラなどの文化摩擦とか)

また、どの国の人間でも日本人ほど他者視点を頻繁には使わないため、
日本人には世界中の人間が「人の気持ちを察しない」ように見えるだろう。
逆に他国から見れば、日本人は意思疎通に長け、場合によってはエスパーのように相手の気持ちを
先読みするようにも見える。(日本語的には「気が利く」の一言で済むが。)

お約束だが、これらには個人差がある。
私は他者視点をあまり使う必要を認めない(仕事上は必要なので使う)人間なので、
「言いたいことがあるなら自由に言ってくればいい。言わないという事は、伝わらなくていいんだろ?」
という態度をしばしば取る。たぶん控えめなタイプの人や、相手に察してもらうことを期待している人には、
付き合いづらい奴と思われているだろう。
これはそう思われるだろうと自覚した上でやっているので自己責任でよいのだ。
人の顔色ばかり伺っていると、自分の自由を自己規制してしまうので、その方が良くないと判断しているのだ。
はっきり言って、他者視点の「乱用」は、自分自身を不幸にするだろう。
そして、私は俯瞰視点を乱用気味なまでに使う。これが「優れた」視点であると個人的に信じているからだ。
そういう日本人もいる。

また、中国人でありながら「恥ずかしさ」をやたらに感じ、他者の顔色を伺う知人もいる。
残念ながら彼女は中国社会では不適応タイプであり、日本社会での方がうまく適応できるかもしれない。
主観ゴリ押しでサバイバルを繰り広げる中国社会では、このタイプは他者の餌食にしかならない。



       
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : 中華思想 嫌われる中国人 中国社会 チャイナリスク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

定義と相対化の癖がついてる人間は日中問わず少ないなー。政治的な扇動されやすいだもん。「人の気持ちを察する」のは好きだが「空気嫁」的な言動は大嫌い。日系企業で中国人にそんな事言っても通じねーべ。

No title

用語の定義と、自己や価値の相対化というのは、かなり要求のハードルが高いと思います。
日本や中国だけでなく、欧米先進国でも国民の多くは、
用語を定義付けながらコミュニケーションを取ることはできないでしょうし、
主観的な感情を抑えた価値の相対化も容易ではないでしょう。
後者はまだ多神教の日本人の方がマシかと。

そこまでのレベルでなくても、「ん?と思った時に、ちょっと引いた視点から見る」。
あるいは、「食い違いを指摘された時に、自分と相手のいる状況を考えてみる」。
または、「相手に食って掛かる前に説明を求める」。
このくらいなら、先進国の中間層以上には期待しても良いと思うのです。

まあ、中国人に空気嫁って言う日本人は、日本の田舎や身内の組織内に
こもっているのが幸せだと思いますよ。
他国や他人と1個人として対等に関われるレベルではないですね。
中国人レベルかと思います。

No title

同心円かつ主観視点、という表現はとてもわかりやすかったです。

他者視点と俯瞰視点の使い方は難しいですね。
他者視点の欠点はご指摘の通り、俯瞰視点の欠点は他人の心には響きにくいことでしょうか。
私は、昼は俯瞰視点メインで、夜は他者視点メインで、と使い分けるようにしています。

No title

面白かったです

とくに今回本題の中華思想よりも
>普遍的な主観視点と、非常に強力な他者視点のミックスが、「日本人」の特徴。
ここに頷いてしまいましたw。日本人の思考は2極化、白か黒のどちらか化しやすく
俯瞰視点で良いトコ取りの出来ない日本社会はむずがゆいです

最近おとなりの国、韓国のblogが増えてるのですが
そこによく出てくる『ウリ(内)とナム(外)』という言葉があります。

最新鋭ねこさんの言う通り、「同心円かつ主観視点」の事かなと思うんですが
この内側(ウリ)の中に強烈ルールがあるように見えます。
そういうのって韓国だけでなく中国にもあるんでしょうか?
(例)内の中では完全な同質性を求めがち

No title

>見習いこだぬきさん
俯瞰視点は確かに重要なことを「他人事のように」語るので、
正しいことを話していても心には響かないですね。
使い分けが大事ですよね。


>名無しさん
日本人の思考は他者視点に左右され、一貫性を持ち辛いと思いますが、
白か黒かという2極化傾向だとは認識していません。
むしろ、白でも黒でも気にせず、その場の空気でどっちでも取れるというスタイルかと。
よく言えば柔軟、悪く言えば芯が無い、節操が無い。

韓国人とは一定数の付き合いはあるんですけど、そこまで詳しくないんですよね。
彼らは内に対しては、非常に強い同調圧力をかけてきます。
集団の雰囲気に支配されて物事を考えてしまう性質があるようです。
個人個人だとまあまあ話せるのに、集団になると低脳ナショナリストと化すのは、
他の韓国人の(想像上の?)視線を感知するからではないかと思います。

この性質って、中国人より、むしろ日本人に近い性質だと思います。無論、個人差はありますが。
日本人の空気はその場限りの「使い捨て」ですが、
韓国人の場合は、時間を超えて、空間を越えて広く長く強く作用する「空気」があると感じます。
韓国人と付き合うコツは、その空気を断ち切って個人間の付き合いに持っていくことかと。
多くの場合、親しくなると、向こうが無意識的に同調圧力をかけてくるので、
それを真正面から切り捨てて、「異なるアイデンティティの持ち主」であることを悟らせることです。
この辺は心理学者のほうが分析に向いているのではと思うのですけどね。

中国人には同調圧力はありません。そこは人それぞれって感じです。
ただし、親を大事にしろとかの儒教的価値観や、他でも中国スタイルに合わせるよう、
圧力をかけてきます。

No title

>ゆとりある名無し さん

定義と相対化
要求高いかもです。
海外勤務から日本に戻ると全体主義、形式主義的な会社の雰囲気に馴染めず、、、。
中国向きかなー。

カメラに映ろうがその場で事故車両を埋めてしまうのも納得できますね。
視点…。

No title

予想できたこととは言え、痛ましい事故ですね。
またそのうちに似たような事故が起きるかもしれませんけど。

今回の事例だと
・事故原因の検証をせずに車両を解体し埋めてしまう。
 これは俯瞰視点の欠如と言えるでしょう。
 「事故の本当の原因」には、何の興味も無いのです。
 というか、本当の原因という物が存在すると言う事を考えられない。
 先進国だったら、原因を追究しないなんて選択肢は無いですね。
 でも、中国の担当者たちは「なんてついてないんだ」と思っています。
 原因があるとは思っていないでしょう。
  
・乗客に行方不明者がおり、車両ごと埋めた可能性がある。
・見物客の前で堂々と証拠隠滅作業を行う。
・宙吊りの車両から乗客を救出、搬出する前に落としてしまった。
 こちらは他者視点の欠如といえるでしょう。
 「遺体が無いと遺族の辛さが一層増してしまうのでは」
 「遺品も大事に回収しておけば、少しは救いになるのでは」
 「証拠隠滅・・・っていうか、もろに見られてるじゃん!!」
 「まだ中に負傷者がいるかもしれないのだから、高い所から落とすのは酷い」

こうした日本人には当然の他者の心を理解することや
他人の視点を感じることも、一般的な中国人には期待するのが困難です。
正確な理解のために「優しい心が無い」のとは違うと言っておきます。
近所の一般人は報酬ももらっていないのに、自主的に助けに来ています。
欠落しているのは、「親切心」ではなく、「他者の視点を想像すること」なのです。

それでも、「こんな野蛮人とは付き合いきれんわ」というのが私の本心ですが。

No title

事故後の対応もさることながら
「追突した列車の方が実は先行」という全く不思議な事態に戦慄を覚えました
追突された列車はどういうわけか追突した列車をいつの間にか追い越していた
ということなんですよね……
まあ中国らしいと言えばそれまでなんですが、今回はさすがに笑えませんでしたorz

たしかに似たような事故は今後も起こるでしょうね
なにせ失敗から何も学ぼうとしないのですから

原発はどうなんですかね?
隠蔽体質、安全デマに関しては中華思想と変わらない…
それとも他者視点、俯瞰視点を持ちつつも、あえてやっている?
自分にとって損か得かのみの視点でいえば東電も保安院も記者クラブも官僚も議員も中華思想を笑えないですね…

No title

>水道水(カルシウム入り)さん
追い越しについては全く驚きませんでした。
中国の鉄道で定時運行はあまり無いですし、
どこかの駅で順番が入れ替わったというのはありえると思います。
ただ、何のトラブルも理由も無くても、何となくパターンを変えてしまうのは、
中国では必ず起きることなので、そこにはリスクが付きまといます。
パターンを変えたことで何が起こるのかも全く想像しようとしませんし。


>wwswwさん
日本の原発業界には詳しくないですが、考え方がどうこうというよりは、
利権のこと以外には興味が無いように見えます。
金をもらってプロパガンダを流し、ただただ自分自身が安定的に利権を享受することだけしか頭に無いようです。
システムがどうこういう問題よりは、中の人間をほとんど入れ替えないとどうにもならないでしょう。いまさら建て直しは無理かと思います。
建て直すとなったら、東大教授やら東電社長やら政治家やらを片っ端から法廷に引き出して粛清する必要があるでしょう。

原発関係の腐敗は、電力というクリティカルな分野で独占権を認めているのが致命的かと思います。
市場競争が無いところでは、腐敗をリセットすることができないのです。
「権力は必ず腐敗する。絶対的権力は絶対的に腐敗する」は、
何も独裁政府だけの話ではありません。

中国高速鉄道は、このまま被害者は黙らされて沈静化しますが、
東電等の処理に関しては、まだ終わった話では無いです。
賠償にしても、今後の業界再編にしても、何十年も続いていくわけで、
逃げ切りを許してはなりません。

No title

>追い越しについては全く驚きませんでした。
あ、やぱしですか
自分がまだまだかの国を理解できていない証拠ですねえ

しかしなんかまた埋めた車両を掘り返したそうですが、
最近かなり世論に怯えているような感じがしますね
マスコミもえらく強気ですし
変化のひとつと受け取ってもいいのでしょーか

No title

掘り返しは必ずしも世論に怯えたからとは思いません。
共産党が警戒しているのは底辺民の爆発ですが、
今回の犠牲者のほとんどは底辺民ではないはずです。

単に上層部が原因追求すべしと判断し、埋めた奴を怒鳴りつけたのではないかと。
埋めた奴の気が変わったというよりは、判断した人間が別人と考えた方が良いかと思います。
ただ、無論のことすでに解体は終わっていますので、
原因追求したことにするという結果は目に見えていますけどね。

マスコミの強気は、今までよりも、これからをよく見ておくべきでしょう。
まず、今回は報道のスタートダッシュが非常に早かったので、
はじめは「中央宣伝部」のストップがかかっていなかった物と思われます。
今はすでに指示が出されたので、普通に黙ると思いますよ。
黙らなければ停刊、廃刊処分や担当者の解雇が行われるだけでしょう。
従来のパターン通りに進むと見ています。

No title

おお、本当だ
「言論統制が本格化、中国紙に紙面差し替え命令」
「担当プロデューサーを停職処分=国営TVの鉄道省批判で」
きましたねー

それにしても賠償額に格差をつけて遺族たちの分断を謀るとか
流石としかいいようがありません

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

視野が狭く小さな世界に閉じこもっている主婦

→すごく決めつけて書いているように思えるのですが。

同年代の女性に主婦も多くいますが、中韓について(知性から入るのではなく)直感的に危険を感じ、警戒感を持っている人が大半です。アメリカの傲慢さに辟易している人も大勢います。まあ韓国ドラマにはまっている人もいますがw。

主婦だけでなく、ごく普通のOLもドキッとするぐらい本質を突いた発言をすることがよくありますよ。知識や経歴ではなく感覚的に「何かおかしい」「胡散臭い」と嗅ぎ取る才能は女性の方があると思っています。

No title

同心円に補足して説明させてもらえれば、内側の世界しか
認めないのも中華思想の特徴ではないでしょうか。
かつてはアフリカにも到達した航海技術を持ちながらも、
外側の世界を拒絶することによって、皇帝の権勢を維持しようと
しました。この結果どうなったかは皆さんがご存知のとおりです。

これとは逆に日本は私党の集団である武士を使って権力を
委譲する変わりに権威を朝廷が維持することにより、国内の
統治と発展に成功し、近代化への礎を築くことになりました。
分離による構造改革に成功してきたのが日本です。

著作権などの権利は外側の世界を認識しないと理解できない
概念ですから、民主化に失敗知るのは当然かもしれません。

中華北京が対峙する本来の主体

 私は中華北京が大嫌いだが、中華にはいろいろある。
上海、南京、香港、台北、シンガポールもそうかもしれないが、北京以外は全部大好きだ。逆に言うと北京思想だけがおかしいのに中華思想といわないでもらいたいといいたくもなる。
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。