スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の戦争力を考える(前半)

有り余る野心を持ち、軍事的にも危険な中国。
日本では「戦争」を論じることが少ないが、危険から目をそむけてはいけない。
現実から目をそらす者は、必ず現実からツケを払わせられるのだ。
ここでは戦争を「軍事力をはじめとする明白かつ直接的な敵対行為による対外活動」と定義しよう。

まずは題名に注目して欲しい。
なぜ「戦争力」などという聞きなれない用語を使ったのか。
なぜなら、戦争は軍事力のみによって行われる物ではないからだ。
周知のように中国は急ピッチで「軍事力」を強化している。
しかし、「戦争を遂行する総合力」は全体としてはいかほどの物なのか。それを考えてみよう。
たぶん、かなり長くなるので前後半に分けることを前提とする。

戦争力とは軍事力はもちろん、政治力、経済力、国民の士気など多くの要素で決定される。
中国の持つ戦争力で、優れていると思われる点を以下で挙げてみよう。

1.命の価値が低いため、兵士、国民の犠牲を度外視する事ができる。
 (中国最大の強み。人的被害は民間人を含めて、どれだけでようが問題ではない。
  それどころか、エリート以外は多く死んだ方が中国の利益となる可能性すらある。
  さらには、他国に対してどれほど残虐な作戦でも平然と行うことができる。)

2.兵器の近代化が進みつつあること。
 (周知のように新兵器の輸入、開発、製造が急速に進んでいる。)

3.独裁国家であることから、政治的意思統一が容易である。
 (なぜ戦争が必要なのか、国民や議会を説得する必要が無い。)

4.独裁権力によるリソース確保が容易である。
 (社会から技術や物資、資金等のリソースを強奪し戦争に投入することができる。)

5.世界各国の産業が集中しているため、多くの国の反対を受けない。
 (表向きは多くの国が反対するだろうが、それ以上の行動に出る国は少ない。)

7.新しい戦略、戦術を積極的に取り入れている。
 (超限戦、サイバー戦争、人工衛星攻撃などの宇宙戦争、新時代の戦争にも対応している。)

逆に劣っていると考えられる戦争力は以下の通り。
1.周辺国に警戒されており、戦力を一方向に集中することができない。
  (インド、東南アジア各国、ロシアなどに備えるため、常に予備戦力を残す必要がある。)

2.全てにおいて管理能力と規律が低い。
  (作戦上の凡ミス、非効率、不徹底、連携不足に常に悩まされる)

3.軍の上層部が無能であり、複雑な大規模作戦を指揮できない。
 (軍上層部はまだまだ古臭い考え方しかできず、近代的で高度な作戦を指揮できない。)

4.運用能力、整備力に欠け、戦力を生かすことができない。
  (メンテナンスや管理能力の欠如から、兵器を万全の状態に保つことができない。
   スペック通りの性能を生かせず、故障する兵器も多い。稼働率は低い。)

5.社会が非常に脆弱である。
  (花火で全焼する高層ビル、脆いインフラ、すぐに倒壊する建築物など社会が脆弱である。
   わずかな攻撃を受けるだけで、大変な被害が生じやすい。)

6.実戦経験の無さから不確実性が高い。
 (アメリカ軍に比べてということだが、兵士、兵器、戦術の多くが実戦を経ておらず、
  実際に使ってみないと問題点や実用性が分からない物事が多い。)


戦争とは、クラウゼヴィッツが述べたように「他の手段による政治の延長」だ。
戦争は「政治的な何か」を達成するために使われる道具である。
戦争によってその目的を達成し、その損害がペイするものであれば戦争は成功。
目的を達成できなかったり、損害が見合わないほど出たら戦争は失敗である。

え?いついかなる場合も戦争など許されないって?
あなたがそういう信念を持つのは自由だ。立派な人道的見解だといえる。
だが、政策決定者はあなたの「許し」など必要としていない。
「現実」は一個人の信念に何の注意も払いはしない。
その信念を他者にも共有させたいなら、それを可能にする力を持つことだ。

戦争についての知識がもっとも欠けている人は、
明確な戦略上の目的も無く、国家が軍事力を正面からぶつけ合い、どちらかが屈服するまで殺しあう。
という非常に単純な戦争をイメージするようだ。
しかし、そんな戦争は現実の世界では稀であるし、誰にとっても意味がない。
戦争は駆け引きの一つであり、単なる軍事力のぶつけ合いではない。
全ての「戦場」で負けたとしても、相手の経済力が疲弊すれば「戦争」には勝つということもあり得る。
逆に日中戦争では、日本軍は戦場では勝ち続けたが、中国を戦争で屈服させる目処は全く立たなかった。
見かけの軍事力の大小など、一国の戦争力を測る上では一つの目安に過ぎない。

今後、中国が関わりそうな戦争のシナリオは、今のところ以下の通り。
1.台湾占領を目指す戦争
2.南シナ海、尖閣諸島など海洋の諸島領有を目指す戦争
3.インド、ロシア、ベトナムなど地続きの国との資源争い、国境紛争
4.北朝鮮防衛(アメリカに渡さない事)のための戦争

また、隠れた戦争として「反乱の鎮圧」など国内向けの戦争も想定されている。
警察力や武装警察など対国内向け軍事力の予算は、正規軍のそれを上回っている。
素人がちょっと暴動を起こしたくらいでは、全く問題にならない戦力が既に用意されている。

中国は1,2の目標を優先している。その証拠として陸軍を削減する一方で、
海軍、空軍の軍事力を強化している。3,4のシナリオは中国から仕掛けたいとは思っていない。
また、中国は長期戦や大規模戦争を仕掛けたいとも思っていない。
短期で一方的に戦線を広げることなく目標を達成したいと考えている。
孫子が言うように「戦わずして勝つ」事ができれば更に望ましいと考えている。
つまり、強大な軍事力を「ハッタリ」として揃えておき、直接砲火を交えずに目標を達成したい。
しかし、同時に戦争は生き物である。当事者の思惑を越えて戦火が広がる事も普通に起こる。

とりあえず、長くなるので前半はここまで。
後半では1,2のシナリオの分析と、中国の軍事力について思うところを書いてみる。


       
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : チャイナリスク 中国の戦争 中国の戦略

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。