スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気を出したアメリカ帝国の中国包囲網

正直、ホッとしている。対中抑止は、どうやら間に合ったという印象だ。
アフガン戦争、イラク戦争などでアジアを離れていたアメリカの視点が戻ってきた。
今やアメリカの対中戦略は大きく変更された事は確実と言える。

アメリカ内部の情勢はあまり追いかけていないので、詳しい経緯は把握していないのだが簡単にまとめてみよう。
・ブッシュ政権(-2009.01)はイデオロギー的には反中にも関わらず、任期後半での対中戦略は対話を重視したWinWin(米中共に得をする事)の関係を目指す。中国に好意的だったというよりは経済を重視した戦略的関係だったと言える。「責任ある大国(ステークホルダー)」としての役割を負わせようという方針で、中国にかなり期待していたと言える。

・オバマ政権は中国に対して、より楽観的であった。ブッシュ政権の政策を引き継ぎ対話戦略を継続する。G2、米中2極時代という言説まで登場する。しかし、アメリカ(だけではないだろうが)の産業界は中国市場が閉鎖的である事にストレスを感じてきた。対話を通じて経済的進出や緩やかな変革を図るはずであったが、独裁国家の中国には通じず中国がアンフェアな国であると感じる。米議会も対話戦略の継続には疑問を持ち、産業界の後押し、一向に改善されない人権状況にも不信感を募らせる。ここまでが2010年までの展開と考えていいだろう。それでも親中のオバマ政権は議会の文句を抑え込んできた。

・私には、この辺の細かい時系列や意思決定の背景が良く分かっていないのだが、結果的にG2構想は2011年には完全に放棄された。元々アメリカの基本戦略は「No.2叩き」なのだからG2は行きすぎた政策であり、アメリカは本来の戦略的思考である「リアリズム」に回帰してきたようだ。中国側と何度対話を繰り返しても問題は解決せず、調整でごまかされるだけであった事、中国が元安政策を頑なに維持してきた事、アメリカの要人に対してすら示される外交上の傲慢な態度、南シナ海の紛争で東南アジア諸国が中国を抑える必要を感じた事、更にはアメリカ国内の反発が大きくなりすぎたためか。多くの要因が重なり、はっきりした理由は私には不明だが、アメリカは対中包囲網を構築する事を決定した。

・最も大きな動きはTPPである。日本では産業上の損得で論じられる事が多いが、自分はこれを「アメリカ帝国の再定義」と理解している。言い方を変えれば、TPPに入った国はアメリカから経済的な支配下(どの程度かは各国の状況による。影響下-支配下の間のどこかに位置付けられると考えて欲しい)に置かれる代わりに、中国の威圧的な支配を避けられるというシステムだ。中国の支配を恐れるベトナム(市場経済国でないにも関わらず)が張り切っているのは、この文脈で容易に理解できるだろう。最終的にどの程度の国が参加するのかはまだ分からないが、この経済協定は経済よりも外交や戦略で考えた方がよほど理解しやすい。

日本の場合、経済的なメリットがあるわけではない(個々の企業では利益になる事もある)が、従来型の日米同盟に頼る安全保障戦略を継続するのであれば一応は入っておくべきだろう(一生懸命まじめにやる必要はない)。米中間に立つバランサーとしてやっていくならば入らなくてもいいが、今の日本に(「民主党に」ではない)そんな外交力は絶対に無いと断言する。何であれ、まだアメリカには覇権を維持するためにダイナミックな戦略転換を行える活力とリソースがあるらしい事はTPPなどを通じて確認できた。アメリカの覇権終了を語るには早すぎると思う。

TPP以外ではゲーツ国防長官が、「東南アジア、インド洋でアメリカ軍のプレゼンスを強化する」と発言し、実際の動きとしてシンガポールにアメリカ軍のフリーダム級LCSの配備を発表した。また、オーストラリアに海兵隊2500名を配備することも決まり、中国はアメリカの急な動きに焦りを強めている。

・以下、まとめと注意点
アメリカと中国の関係を「新冷戦」と捉える向きもあるがそれは違う。まだまだ双方がブロック化して軍事力で脅し合うという形ではない。挑戦者である中国は、アメリカに代わる秩序を提唱しているわけではないからライバルにはなれない。ただ現状のパワーバランスに不満があり、急速に蓄えられた力を劣等感から行使したいだけに過ぎない。また、アメリカは中国を「アメリカシステム(アメリカ主導の資本主義、自由主義秩序)」に取り込み大人しくさせたいのであって、中国の繁栄を潰したいわけではない。中国が発展するためには、まだまだ膨大な量の天然資源が必要である。南シナ海、東シナ海、アフリカなどで活発な進出を試みているのは、それが大きな理由である。中国はそうやって資源を奪おうとするのではなく市場で買うべきであった。中国の威圧的で稚拙な外交は、他国への警戒心を抱かせるのに十分だった。すでに中国のソフトな覇権戦略は失敗してしまったと言ってよいだろう。後は黙って大人しく既存の秩序に従い時期を待つか、それともやけくその軍事力行使によって覇権国家への妄想を追うかという選択に過ぎない。

2008年までの経済発展による台頭に続き、政府主導による権威主義的な台頭もそろそろ先が見えてきたようだ。以前、中国の発展は単なる経済発展ではなく、政治力による発展が始まると書いたが、それは過大評価であった。今後数年間は空母の配備が進んだりと中国台頭の話題が続くだろうが、それはすでに残り火のようなものにすぎないだろう。次の指導者は胡錦濤政権よりも物分かりが悪い連中と思われ、過激な行動に出る事もあるだろうが恐れる必要はない。すでに中国の限界は見えたと思う。思っていたよりも脆弱だった。中国がこの程度のやり方しかできないのであれば、台湾を取ったり、沖縄に侵略してくるのは全然無理だろう。

  
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : 中国の戦略 米中冷戦 チャイナリスク 中国封じ込め 中国包囲網

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゲーツは夏ごろ退任していたような。
駐留を決めたのが退任前なのかもしれないけれど。
肩書に前をつけた方がわかり易い。

No title

ご指摘ありがとうございます。
発言時点では在職中だったので、前と書くとOBの発言と誤読される恐れもありますね。

ゲーツ国防長官 → ゲーツ国防長官(当時) と修正します。

No title

いつも、読ませていただいています。

中国さることながら、K-POPを売り込みながら
日本を足蹴にする韓国についても、ぜひ、分析を
お願いします。

韓国マンセーな風潮が一部にはびこり、ほんと、
日本はだいじょうぶでしょうか。

No title

韓国と中国は性質が似た所もありますが、基本的に自分は韓国の事情には詳しくないです。また、あまり興味もありませんし、中国問題ほど大きな問題では無いと思います。韓国はうっとおしいだけですが、中国問題は扱いを間違えると、大規模戦争や日本の民主制廃止につながる可能性が十分にあります。重要性は比較にもなりません。

韓国マンセーな人って実際何%程度かデータはありますか?マスゴミやら利権持ちの連中が大声で騒いでいるだけでしょう。

それに、情報操作で他国の性質を見誤るのは韓国に始まった事ではないです。ほんの10年ちょっと前まで、日本は北朝鮮を支援するテロ支援国家でしたし、もっと前には共産主義マンセーの人間(現代からみれば基地外そのものですよね)なんて珍しくもなかったです。情報操作への抵抗力という点では、この10年間で日本の社会は大幅に強化されていると考えています。そういう意味では、自分は非常に楽観してますよ。韓流の押し売りが問題であると考える事ができるようになっているのですから。

韓国が日本を足蹴にするというのが、具体的に何を指しての事かは分かりませんが、彼らが挑発的な行動に出るのは、逆に和解のサインだと思います。北朝鮮と同じで、ケンカを売る事で「話し合いをしたい=支援が欲しい」というメッセージを送っているのでしょう。たぶん朝鮮系の文化なのでしょうね。もちろん、日本側がそれに付き合う必要はなく、中国と韓国が揉めているときには、ちゃんとつけ込んで追い込まなければなりません。むろん、今の日本国にそんな外交力はありませんけどね。

マスゴミやら韓国やらを叩きたいなら、それはいくらでも叩けばいいと思います。

No title

中国の首根っこ、成長を阻害するものは、今も昔も資源原油
先進国は大方今以上に消費が増大はしないが、中国は今後
成長には益々膨大なエネルギーが必要になる。偶然なのか?
ジャスミン革命と諸々でリビア、ニジェール、シリア、アルジェリア計6件事業中止そして、スーダンは難しいことに。中国は3分の1の原油をアフリカから調達している。その上に今度は核開発・・でイランを締め上げている 上手すぎでしょう!

No title

ジャスミン革命の一連の流れは、アメリカの対中政策とは別のルートで解釈するべきだと思います。イスラム系へのアメリカの取り組みは単なる口実とか上辺だけのものではないです。彼らは本気でイスラム問題をやってますよ。

イランの核開発も日本人はのんきに捉えてますけど、彼らの核保有を認めれば、それから10年以内に先進国のどこかの大都市が核テロで消滅すると自分は思います。テロ研究をしている専門家は、もっと悲観的なのではないかと。911テロなんて、イスラム系テロリストにとっては単なる始まりに過ぎないって事です。
まあ、日本では東電がすでに事実上のダーティボムを爆破してますけどね。

対中政策では産油国を押さえるのも手ですが、その輸送ルート(シーレーン)を確保できればそれでいいと思います。インド洋からマラッカ海峡ですね。東南アジアは言うに及ばず、インドが思っていたよりは日米側に来てくれそうな雰囲気なので、その方向もうまくいってますね。インドはもっと中立に近いスタンスで、両陣営から利益を最大限に引き出す戦略を取ると覚悟していたんですけど、中国への警戒心は相当なものになってるみたいですね。

No title

ぬこさんこんばんは。

以前コメントさせていただいた中国の金融不安の件ですが順調に日本のバブル崩壊時の取り付け騒ぎの果ての軌跡をなぞる様で薄ら寒い気分でいっぱいです。(有名企業家の失踪、片や有名企業家の政界進出)
本文中に出てきましたTPPですが私は現時点での日本の参加には否定的です。このままの枠組みで突入すれば金融政策、通貨政策で今まで以上に合衆国の玩具にされてしまうことが目に見えてます。TPP推進する方は今の合衆国が以前のそれとは全く違う(余裕が無い)という視点が落ちている、そう思わざるを得ない気がします。荒れるので特定して言いませんが数年前ならそれをたしめる人達が日本の責任者だったので何とかやってくれると思ったのですが。散文失礼しました。

No title

 中国の不動産バブルは、まだ猶予がありそうな中小都市まで巻き込んで、思ったよりも順調に崩壊しちゃってるみたいですね。ただでさえ不安いっぱいの中国人の心理を冷え込ませる事につながってしまいそうです。春節明けの2月から社会の雰囲気が変わるかもしれないと思っています。
 また、最近の元安傾向は外資や富裕層の資本流出によるものが大きいと考えています。ホットマネー流出でインフレが収まるのはいいとしても、そのまま何もかも流出してしまったりしてw また、中央政府が早くも景気対策(!)の必要性を理解していながら、積極的な政策を打ち出せていないのは、やはり弾切れなのではないかと思います。民間から資本を奪えるだけ奪っておきながら、もう弾切れって・・・中国ってここまで弱っちい国だったかなと戸惑いつつ、まだ確証を持てずに見守っている感じです。(日本が中国の国債を買うなんて話まで出てきてるし、中国はその程度の資本も確保できなくなっているのでしょうかねー)

 アメリカに余裕が無いと見ている方がかなりいるのは認識しています。
なりふり構わず輸出振興策を取っている所などで、そう見られているようですね。自分としては、アメリカは過去(世界恐慌時やニクソンショック)にそうしてきたように新システムの構築で新しい秩序を主導していくのだろうと考えていますが。

 アメリカの覇権は強大な軍事力によって支えられているわけですが、その財政負担は相当なものです。TPP推進によるアメリカ帝国再編は、その負担をアメリカ一国ではなく、アメリカシステム内の多国間で負担していくという仕組み作りなのだろうと考えています。
 普通だとなかなか通らないやり方ですが、中国という分かりやすい脅威の存在が、そんな構想を可能にしつつあるようです。仮にこの考え方が正しいとするなら、日本はアメリカにこれまで以上の防衛協力をし、アメリカの安全保障コスト軽減に貢献すれば、代わりにTPPの搾取を軽減する事ができるのかもしれませんね。その方法だと日本の政治的発言力拡大にもつながるし。F35を買うくらいじゃ、まだ足りないかなあ。

まあ、自分がコメント欄に書く時は検証されてない妄想もいっぱいなので悪しからず。
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。