スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年12月 上海市内の物価

前回の予告通り、上海市内の物価を簡単にリスト化してきました。
インフレがピークアウトしたと言われる2011年12月のデータです。
まずは、いくつか注意点を。

1.物価を測定する基準
  質の差による値段の違いを平準化するため、上海の物価は「日本のスーパー並みの品質」の商品を見ている。これは、上海では「高品質」である事を意味する。底辺層が買うレベルの物ではない。ただし、最高級品でもない。底辺層は物によっては3分の1くらいの値段でも買える。
  (例 ごわごわ灰色の再生紙ティッシュ ミネラルウォータではなく浄化水 常温で2カ月保存できる変な味のミルクなど)
  日本側の価格も安売りの物は対象としていない。一般的と思われる価格で記載した。よって、実生活では双方ともここに記載する価格よりは安く浮かせる事が可能である。

2.対人民元でも非常に円高が進んでいるため、現在のレート1元=約12円に加えて、安めのレートである1元=15円の換算値も併記した。この間のどこかが平均的なレートだと考えてほしい。

3.価格の単位が違った(例 ポテチ60gパックは上海には無い、野菜は個数でなく500g単位で表記)ため、大体の感じで計算して統一している。厳密にやってないので誤差はあると思われる。

4.上海市内の物価は、中国の物価と同義ではない。地方都市ならば物価はかなり下がる。同時に地方では「日本のスーパー並み」の商品が手に入らなくなるため、物価の比較は困難になる。

5.データの拡散、利用は自由。ただし、ソース(このブログ)は明記する事。また、何か問題が生じても責任は負いません。あくまで一個人がザッと調べただけの物なので厳密な調査ではありません。
・・・画像がうまく表示できん。保存して見た方がいいかも。右端は人民元表記の価格です。

bukka

上海の物価は高いと感じていたが、数値化してもやはり高いと思える。ただし、交通費、ビール、米、豚肉は非常に割安であると言えるだろう。(ビールって普通にスーパードライとかが、この価格で売ってるからね。)
逆にいえば、日本の物価で割高なビールとか、米とかって政府が介入してるからこんな価格になってるわけで、市場原理のみなら余裕で半額まで落ちそうな感じだな。上海の公共交通機関は民営ではないので、この価格ではたぶん採算取れてないと思う。

両方ともに高いと感じるのは家賃。特に上海は、日本並みの1K借りると大卒の月収が飛ぶ。
よって、上海では2000元/月くらいの部屋をシェアして住む人が多い。ちなみに自分は2000元/月の1Kから、6000元/月の2LDKまで住んでみた事があるが、2000元の部屋は衛生的にも環境的にも無理だった。(虫とか怒鳴り声とか設備とか色々と無理)2500元/月の1Kなら、まあ住める部屋だった。
どっちでやるにしても、家賃との価格比を見るとビジネスホテルって儲かりそうだね。

日本はバイト恵まれてるな。普通にコンビニバイトだけで生活できるじゃん。ここに載ってる「普通の商品」を買って生活できるのを貧困層と呼んでいいものかどうか。上海だと休みなしで8時間働いても、かろうじて生存ラインを維持(生活ではない)できるかどうかだね。古くて砕けた米(たぶん日本だと飼料用)と1元のエンドウ豆で命をつなぐって感じ。

とりあえず以上。インフレのせいで中国人の生活水準は落ちてきてると思う。特に大卒ホワイトカラー。100元札の重みが本当に軽くなってきてる。買い物するたびに100元札出してる気がする。あと、日本の物価がこの程度で供給されてるのは驚異的ではないか?上海が高すぎるんだろうか?





以下は自分で計算とかしてみたい人用に。同じデータです。


関東 12円/元 15円/元 上海
電車初乗り 160 36 45 3
バス代 200 24 30 2
タクシー初乗り 740 168 210 14
ティッシュ 3箱 200 180 225 15
トイレットペーパー1ダース 300 300 375 25
貼るカイロ 10個 270 420 525 35
100円SHOP雑貨 105 216 270 18
映画 1800 720 900 60
家賃1K 60000 30000 37500 2500
ビジネスホテル 6000 3000 3750 250
吉野家 380 192 240 16
うどん/牛肉面 300 120 150 10
コーラ(500ml) 150 42 52.5 3.5
ビール(350ml缶) 180 60 75 5
ミネラルウォータ(500ml) 100 24 30 2
ポテチ(60g) 80 54 67.5 4.5
チョコパイ 6個 230 90 112.5 7.5
きゅうり 1本 50 18 22.5 1.5
トマト 1個 100 30 37.5 2.5
トウモロコシ 1本 200 180 225 15
ポテト 500g 200 150 187.5 12.5
ティーバッグ(トワイニング) 350 312 390 26
米 10kg 3500 840 1050 70
ミルク 1L 180 192 240 16
卵 10個 180 120 150 10
バナナ フィリピン産500g 100 84 105 7
あさり貝 500g 250 120 150 10
豚肉 500g 600 240 300 20
鶏肉 500g 400 240 300 20
牛肉 500g 800- 300-600 425-900 25-50

貧困層月収 150000↓ 24000 30000 2000↓
大卒初任給 200000 36000 45000 3000
安定層月収 300000 60000 75000 5000
コンビニバイト時給 800 84 105 7
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : 中国の物価 上海の物価 インフレ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぬこさんこんばんわ。
職業柄、ここに書かれていないことについて質問したいと思います。
月額インターネット使用料金(光回線直結?それともFTTB?ISP料金はいくら?)
月額携帯電話請求料金(通話料+パケット料金)
050電話の利用用金(そもそも、あるのか?)
で、一番聞きたいことですが経済弱者の中国人(蟻族、鼠族含む)の人たちはどうやって
ネットの利用料金を払っているのですか?やはり家賃と合算とかですかね。

No title

遅くなりました。
春節の絡みでバタバタしてまして。

えっと、まず光回線は上海市内ですらあまり普及してないですね。
自分の(以前の)マンションと会社はADSLでした。
プロバイダ料金は200元/月程度だったと思います。
会社名義だと1000元/月とか取られます。(ADSLですよ)
近々、市政府が光回線を普及させると言っていたと思うのですが、
知人の高級マンション(家賃2万元/月)に引かれていた(個別ではなく棟ごとかな)
光回線は、自分のADSLより遅い時がありましたね。

携帯はプリペイド式に頼っていたのですが、毎月100元くらいだったかと。
パケット通信はほとんど使わなかったので正確に把握していませんが、
日本の通信料と大差なかったような記憶があります。
(使い放題で5000円/月くらいかな)

ネットのコスト負担ですが、家賃に含んでいるケースと別のケースがあります。
これは大家との交渉次第でルール化はされてないようです。
蟻族は、大家負担でなければシェア仲間全体で1回線とかを負担しているのではないかと。
回線への相乗りはよくやられているので。
推測に基づく不確実情報ばかりですね。すみません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。