スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国政府の人民監視網

中国政府最大の脅威。それはアメリカでも日本でも無く、中国人民それ自身である。
中国政府は一貫して人民の「個人情報」を収集、管理する事を重視してきた。
ますます重要になっている中国政府の国内統制。その一端をまとめてみよう。

・人事档案
 共産中国建国以来、つい最近まで人民の個人情報を管理してきたツールがこれ。
生まれの情報も入っているし、犯罪歴、政治的に問題ある行動、学校での態度も全て記録されている。
一生付きまとってくる内申書のようなものだと考えればいいだろう。都市住民のみが対象と思われる。
文革の時などはある事ない事が恣意的に書かれ、弾圧やリンチの材料となった。文革終了時に多くの政治的な資料は焼き捨てられたが、制度そのものは残った。
 外資を含む企業でも管理されており、中国人にとって、档案に何が書かれているかは人生に大きな影響を与える圧力の一つであった。なお、本人はこの書類を閲覧する事ができないため、どのような記述が自分にマイナスとなっているかすら知ることはできない。(とんでもないデタラメが書かれていて、大きなマイナス査定を受けているかもしれないということ)
また、私自身が直接聞いたケースでは、この档案を管理者が紛失した事例が複数あり、中国らしくいい加減な管理がされていた事がうかがえる。この場合、就職などで不利な扱いを受けるが、私が働いていた企業は外資であったため、あまり問題視する人はいなかった。まあ、内容も適当な事が書かれていたりするのだろうと想像はつく。
 最も、ここ数年はこの紙データの重要性は急速に薄れており、次世代型のデジタルな情報管理に移行しつつある。

・デジタル身分証
 日本では身分証として使える物(免許証、パスポートなど)はあっても、身分証そのものは(まだ)無い。現在の中国では、デジタルIDカードが全員に付与されており、これが身分証として決定的な重要性を持っている。ここ数年で、紙ベースの档案から、この身分証による管理に置き換わってきている。これは都市住民以外も、ほぼ全員が対象になっているようだ。
具体的にどのように管理されているかというと、長距離電車(都市間の移動)、ホテル、ネットカフェ、大型施設などの利用履歴は、全て記録されている。
 これらの情報はすぐに利用されるという事はないが、一度当局に目をつけられると、過去の履歴を徹底的に洗われる材料となる。確認は取れていないが、ネットでの検索履歴や書き込み履歴なども保存されているのではないかと見られている。最近では、中国版ツィッタ―であるweiboも実名登録が必須となり、その書き込みもチェック対象となることが決まった。
中国のBBSは、基本的に身分証番号を伴う登録制であり、2chのような匿名BBSは一般的ではない。
 驚異的な規模で行われている身分証の管理も、実務レベルでは結構いい加減であり、身分証番号がダブっているとか、保存データに明らかなエラーがあるといったケースも報告されている。

・VIP待遇(自分が勝手にそう呼んでいるだけで正式な呼び名は無い。)
 さて、当局から反体制的な言論などで目を付けられた場合、メール、電話の盗聴も行われるようになる。また、国外へのメール送信が不可能になったりもするため、このVIP待遇を受けるようになると、社会的に孤立するなどの深刻な実害が生じてくる。チベットやウイグルでの弾圧がおこなわれている際、ネット環境がある地域の出来事でも現地情報が流れてこないのは、通信が遮断されるためである。
 更に危険視されている場合には、重要なイベントの前に誘拐されて監禁(中国の隠語で「かくれんぼ」と呼ばれる)されたり、秘密裏の裁判で強制収容所に送られる事もある。ここまでのVIPになってしまった場合には、国外とのつながりが文字通りの生命線となる。アメリカなど他国の政治家に懸念を表明してもらえれば獄死を免れる事ができ、釈放後は亡命する事も可能かもしれない。政治家の懸念表明など単なるポーズにすぎないじゃないか、などと一般的には思われているような気もするが、その一言が収容所内の勇気ある1個人の生命を守っている(文字通りの意味で)事もある。逆にいえば、国際的に注目されていないケースでは、収容所から生還できない可能性が大いにある。よって、反体制的な思想を持つ人は、まずはVIP待遇に陥らないよう慎重に活動するべきである。

・上に政策あれば下に対策有り
 非常に広範な日常生活にまで張り巡らされたIDカードの監視網。実はすでにこれをくぐり抜ける方法を聞いている。
自分の友人もやっているが、この方法は、まだ政府が取り締まれていない方法なので公開はできない。多少のお金を使う事で、監視網を潜る2つのツールを買うわけだが、政府に監視される事を嫌う人々には非常に便利な道具である。この方法がもっと広範に知られるようになった頃、あるいは政府の取り締まりで使えなくなった頃に、どのような流通ルートで何を手に入れるのか、またその相場や注意点なども公開しようと思う。



スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : 上有政策下有対策 チャイナリスク 中国政治 反体制

コメントの投稿

非公開コメント

いつもblog見てマース

本文拝見させていただきました。なるほど、中国のVIP待遇は「いたれりつくせり」なんですなー
この前のニュースで見たんですが、アメリカに亡命する中国の人権活動家がいるみたいで、亡命を希望する人はどのようなコンタクトで受け入れ先と交渉するんでしょうかね?

やっぱり亡命すると祖国には戻れないんだろうな・・・・・・

No title

ノーベル平和賞の劉暁波氏くらいの超VIPになると、釈放されれば放っておいても外国人(政府とコンタクト取れる活動家)の方から接触してくるでしょうし、色々受け入れる国もあるでしょうね。

普通のVIPが、自分で直接領事館や大使館に向かった場合、確実に「かくれんぼ」2周目に入ると思われます。
やはり海外のジャーナリストや活動家の仲介があると思いますが、詳しくは調べた事がないので確証的な事は言えません。

亡命すると帰国は原則できないですね。
天安門関係者が、香港にすら入境拒否された事例があるくらいです。

No title

中国人が虐められているよ。

http://damefx.blog48.fc2.com/blog-entry-17589.html#comment
の下の方。

質問があります。

・南京大虐殺は本当にあったんですか?

・東京大空襲(10万人)と広島原爆(14万人)と長崎原爆(7万人)の被害者を合計したほどの民間人をどのようにわずか数週間で殺したんですか?

・人口20万人と言われている当時の南京市でどうやって30万人以上の市民を無差別に虐殺したのですか?

・どうして南京に30万人の遺体がないのですか?

・どうして中国人は得意の暴動などをして抵抗しなかったんですか?
2012/03/11(日) 07:19 | URL | 名無し #44/MRI3g[編集]

2012/03/11(日) 09:16 | URL | ダメおやじ #-[編集]

档案

Googel検索で拝見しました。当社でも中国に現地法人があるのですが、档案については知りませんでした。さすが中国という感じですが、日本企業でも従業員を雇用する際に档案を活用するのですか。もし、こんなものが重視されれば、個人の敗者復活はできないですね。

この点はどうでしょうか。

No title

>ポプラさん
訪問ありがとうございます。
まず、うちもそうですが非常に小さな企業では関係無いですね。
なぜなら、人事档案を閲覧できるのは共産党員だけだからです。
党員なら誰でもいいというわけでもないと思います。
自分も社長(総経理)ですが見る権利は無いです。見たくもないですが。

内部に党組織が入り込むようなクラスの企業なら外資でも関係あると思いますよ。前に所属していた会社は外資でしたが档案を管理していましたから。

本文にも書いていますが、档案の記載が理由で不利益を被っているケースはあります。修正の機会も無いです。そもそも何が書かれているのかも分からないので修正を申請する事すら不可能です。

档案2

管理人さん どうもありがとうございます。档案に関しては要するに人民の監視ですね。閲覧の件は理解できましたが、档案を記入する権利は共産党員でないどだめなのでしょうか。実際はほとんど記入されることなく、なんか従業員が不始末をした時に記入されるのでしょうか。

No title

書き方までは具体的に知らなかったので軽く調べてみました。
学生時代か社会人かによっても異なりますが、基本的には複数の関係部署が話し合って書くようです。会社なら人事部(の一部)や党組織などですね。まじめにやってるかどうかは知りませんが。

書かれている内容ですが、不始末などのネガティブ情報だけという事では無く、出生から進学、成績、就職、昇進などの履歴も記載されているそうです。
(むろん、犯罪歴や思想傾向、不始末についても)

とはいっても、今の流動性が高い中国で、そういった全ての情報がちゃんと反映されているなんて事は実務上も有り得ないでしょう。実際は党組織が入り込んでいる企業じゃないと、結構無視されてると思いますよ。

No title

どうもありがとうございました。日本でも昔、転職するときに会社の人事が前の会社とか近所に情報収集したらしいですが、それと同じようなことですね。
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。