スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスクをどう考えるか

「リスク」は非常に複雑で奥が深い問題だ。哲学的ですらある。

中国と日本はリスクへの対応が全く異なる異文化だ。
Webサイトでは、しばしばリスクに関わる内容に触れてきたが、
日本との比較も加えつつ、ちょっと整理してみよう。

まず中国人にとってのリスクとはなんだろうか。
全てのではないが、多くの中国人はリスクの存在そのものを認識できない。
「これではマズい事になるのではないか?」という考え方ができないのだ。

最も酷いレベルになると、走行中の過積載トラックの上で昼寝をする労働者がいる。
恐らくこの昼寝は1%程度の転落リスク(場合によっては死亡)を伴っているが、
彼らは気にせず不安定な場所で昼寝をしている。
単に何も考えていないだけなのだが、1%の大事故、死亡リスクを負ってまで、
なぜ昼寝をするというメリットを狙うのだろうか?

ビジネスではトラブル、クレームの可能性があると分かっていても事前に対応しない。
そして、トラブルやクレームが必然的に顕在化すると「なんて付いてないんだ」と解釈する。
いちいち例を挙げていっても切りが無いが、マイナスの可能性を想定しないという
基本的な性質があると思ってもらえればよい。
ちょっと出典を忘れてしまった(今、調べられる環境にいない)が、
元々中国の古典でも「悪い事を事前に考えるな、起きてから考えればよい」
という意味の「教え」があるので、これははるか古代からの性質なのだろうと想像している。

事前に備える事をしないので、中国社会はトラブルの数が異常に多い。
ギャンブルのようなビジネスも多く、ほとんどの会社が短期で消えている。
中国社会は、体感的には日本社会の30-50倍くらいのトラブルがあると思う。
車1台当たりの事故率もちょうどそのくらいなので、そんなものだろう。
言い換えれば、これが自然本来の姿で、日本人は事前の備えにリソースを使う事で、
その数を30分の1以下にまで押さえ込んでいるという事だろう。

しかし、実は彼らが警戒するリスクもある。それは、「騙される」リスクである。
以前にも述べたように、中国社会では詐欺が生活と密着している。
そのため、さすがに中国人も慣れているのか、ビジネスや取引、買い物の度に
「騙されているのではないか」というリスクを非常に恐れ、疑いながら交渉をしている。

さて、ここまでで中国のリスク管理はダメだという印象を持ったことだろう。
うん。確かにダメだ。しかし、この先の局面で中国人は突如動き始める。
問題が起きると、人間や労力のリソースをかき集め、問題点にドサドサと投入する。
中国人得意の物量作戦、人海戦術でリカバリーと図るのである。
効率は非常に悪いが、物量の力は強力で、大抵の問題は片付いてしまう。
この能力に関しては、中国人は日本人よりも優れている。
合意ではなく命令によって動く権威主義的な文化の成せる業だ。
(私はそういうやり方が大嫌いなわけだが、有効である事は認識している)

上は良い中国人、使える中国人の場合だ。
それ以外に、もう一つの動き方もある。それは「責任転嫁」だ。
問題が降りかかってきたら、猛烈な勢いで周りに責任を押し付ける。
何としても自分だけは助かろうというサバイバル意識。
我々から見れば見苦しいだけだが、ある種のリスク対応と言えるだろう。
毒ギョーザを日本のせいにしようとした例が分かりやすいだろう。


では、日本人はリスクをどう考えているのだろうか。
・多くの日本人は大局的なリスクには関心が無い。
・個人的なリスクには非常に敏感。
・リスクはコントロールする物ではなく避ける物である。
この三つの感覚が大前提にあるように思う。

最初は、組織内や社会では「実際のリスク評価」をせず、リスク管理をしたという
ポーズを取る事に非常に熱心であるという性質だ。個人の時とは大きく異なる。
「必要な書類は揃っていたんです」とか、「上司の許可は取ったんです」とか、
「××大学の出身だったんです」とか、「大企業の正社員さんだったんです」とか、
そういう形で他の権威に判断を丸投げしている人が多い。
彼らは嘘は言っていない。プロセスは守っているし、報告もしている。
しかし、自分の目と頭で判断しよう、決断しようという意思は見られない。

本人がそれでよいと思っているなら、それは本人の自由だ。
私はそんな人を雇用しない。一緒に仕事もしない。それは私の自由だ。
人間は誰でも間違う。この世界の最も賢い人でも未来予知はできない。
だからといって、自分の思考や判断を放棄してどうするのか。
自分なりに疑問を持ち、判断材料を集め、自分で考え、そして失敗するなら、
それを糧として成長する事ができる。それをしない人間は成長しない。
いずれ10万円のPC1台に置き換えられるまで、ジッと座っていれば良い。

後の二つはセットの方が説明しやすいので一緒に行く。
日本人は個人的なリスクには非常に敏感である。
わずかでもリスクがありそうだったら、それを避けようとする。
基本的にノーリスクを志向し、リターンの大小は二の次と見ている。
中国人との大きな違いは、リスクの存在を認識している点である。
そして、そのリスクを事前に避けようともしている点だ。
リスクへのチャレンジがあまり見られないのも異なっている。
ここまでは実際的なリスクの話。
最初にリスクは哲学的ですらあるといったのがここからの話。

最初に中国で起業しようとした時、そして日本での事業展開を始めている今、
中国人と日本人の反応は、面白いほど綺麗に分かれる。
中国人は「きっと上手くいくから、がんばれ。」
日本人は「リスク、ハードルがあるから、止めておけ。」
言い方は色々だが、国別の意味は上の二つに綺麗に分類されているのだ。
さて、せっかくのアドバイスだが、私はどちらも聞く耳を持たないww

中国人はそもそもリスクの存在を認識できないので、単なるエールにしかならない。
それは意見やアドバイスとは言えない。
「ありがとう、がんばるよ」という上辺だけのやり取りにしかならない。
日本人の言い方には、聞く必要は無いが非常に興味深い点がある。
「リスク回避型」であり、「リスク対応型」では決してない。
リスクが「ある」から止めろ?「大きい」や「利益に見合わない」ではなく、「ある」から??
リスクが「無い」ビジネスなんて物が、この世界に存在するのか?
別に独立に限らず、雇用される立場でも、それは変わらないのだが?

仮に今ノーリスク、ノーハードルのビジネスを見つけたとしよう。
私から見ると、そのビジネスは非常に「リスキー」である。
何も禅問答をしようというのではない。
ノーリスク、ノーハードルのビジネスは誰もが参入したがるビジネスだ。
つまり、近い将来、そのビジネスは多くの参入者との苛烈な競争に晒される宿命にある。
それはリスキーではないか?それを見越した競争での勝算があるなら挑んでも良いが、
ノーリスク、ノーハードル「だから」参入するなら、必ず敗北するだろう。

「リスクを避ける」事、それ自体がしばしばリスクである。
「将来の失職のリスクを避けるため、大企業と公務員だけを狙う」という人がいる。
その結果、多くの競争者に破れ、後で中小企業を回っても、
すでに他の人が採用されてしまっていた、というケースがあると聞く。
なるほど、その人は「リスクを避けるというリスク」を犯したのだと分かる。
別にそういう戦略を取る事自体は全然問題無いのだが、
本人は自分がリスクを犯している事を果たして自覚していたのだろうか?
自覚が無かったのなら、そこは問題である。今後の糧として欲しい。

安定志向の人がしばしば言う「リスクを避け現状維持で良い」。これもリスクだ。
これは非常に有名な話で、それこそ童話の不思議の国のアリスから、
ディズニーなどの偉大な経営者たちまでが様々な言い方で指摘している。
「その場に留まるためには走り(変わり)続ける必要がある」という事だ。
「現状維持」を「中間点くらい」と認識している人はいないだろうか?
それは間違っている。現状維持は「底辺」の意味である。
考えてみればすぐに分かるのだが、「先に行きたい、上に行きたい」
という人、「このままでいい」という人はたくさんいるが、
「もうちょっと下に行きたい」という人はいない。まずいない。
という事は、「このままでいい」より下の人間は存在しないのである。
明らかに底辺である。「現状維持」を図りたいなら、
全力で走る必要は無いにせよ、「そこそこのペース」で走る必要はある。
「ドンドン先に行きたい」という人はトップランナー、
「そこそこがんばりたい」という人は中間、
「このままでいい」という人が底辺である。


とは言え、自分を成長させ、変化させる事にも当然リスクはあるわけで、
結局、リスクは「避ける」物ではなく、「コントロール」する物だと分かるだろう。
当たると一発で終わる大きなリスクや取る事で何も得られない無駄なリスクを避け、
細かく段階を踏んだチャレンジというリスクを沢山取る事が大切だ。

「社運を賭けたプロジェクト」という大きなリスクは、経営者の怠慢である。
何だってそんな大きなリスクを取る羽目に陥ってしまったのか?
(社員の士気を上げるために大げさな言い方をしているだけなら可)
「社運など賭けずとも成長できるプロジェクト」を考えるのが経営者の仕事だ。
私が目指す完成形は、「予想が当たっても外れても上手くいくプロジェクト」だ。
予想(未来)を当てるという究極のリスクをコントロール化に置く方法は二つ。
・本当に予想を当てること。
 俺は占い師じゃない。未来予知が誰にもできない事は分かっている。
・予想が外れても別のメリットが自動的に生まれる計画を立てること。
 どっちに転んでも意味が生まれるようにすればいい。これなら人間にも可能だ。

とは言っても、1000年に一度の大地震の影響などという変数は、
当然ながら全くシナリオに含まれていないのだが(苦笑)。

ここまでの一連の考え方のバックには、更に抽象的で統一的なリスク観があり、
いわばここまでは前置き(ホップ、ステップまで)的な話なのだが、
頭の中では一瞬の思考でも、言葉で書くと予想よりも遥かに長くなってしまった。
ここから将来想定される大リスク(地震の影響、中国バブル崩壊など)の話をすると、
延々と続くのは目に見えているので止めた。
ジャンプからステップ、ホップで書こうかとも思ったが、
たぶん意味が伝わらないだろうと思って、具体的な方から抽象的な方へと書いていった。
とりあえず、ここまでにしとこか。


      

スポンサーサイト

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

tag : チャイナリスク 中国ビジネス

プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。