スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国で経験した最悪のこととは

 中国で生活している時は、本当にいろいろな経験をした。いい思い出もあれば嫌な思い出もあるが、読者には嫌な事の方がメシウマだろう。生活の拠点を日本に移し、しばらくはランキングが変動しそうにないので、嫌な思い出ランキングを出してみる。

第5位 冬の長江にダイブ
 三峡ダムを見に行った旅行中、長江沿いを歩いているとコンクリートで護岸された緩やかな岸壁があった。
長江を間近で見たいと思い岸壁に足を踏み出した所で悲劇は起こる。
「ちょwww この岸壁、全然踏ん張りが利かねえwww」
別に砂が撒いてあるわけでも、滑りやすい靴を履いているわけでもないのだが、ずるずると滑る。摩擦係数低すぎww
立って踏ん張った格好のまま10mほど滑って長江にドボンww 冷てえww アリ地獄ってあんな感じかねえ。
半ば以上泳ぐように岸壁に取りつき、靴も脱いで四つん這いで這い上がった。デジカメは水没で終了www
びしょ濡れでホテルまで歩いて帰った道のりはひたすら長く、寒かった・・・。

第4位 ストーカーに追われる
 とある機会に中国女Aと知り合った。特別な魅力も感じなかったのでハンターの本能は目覚めず草食系に徹する。テラ紳士ww(蛇足だが、草食系の男がウンヌンとか言われているが、それは肉に魅力がないケースも多いと思う。肉ならどんなものでも食欲がわくわけではないという事は知っておいていただきたい。)・・・が、この場合ハンターはAの側だった。執拗なまでのアプローチが続き、「ま、ちょっとくらいはいいか(どうせ今は相手もいないし)。」とつまみ食いしたのが間違いだった。メールの返事を滞らせるようになると電話攻勢が始まり、やがてはマンションのインターホンが連打されるようになるww 
「ピンポンピンポンピンポン!!」「ドンドンドンドンドン!!」
ドアを開けるまでも無く誰が来たか分かるわww
マンションの警備もいるはずだが全然仕事しねえww ちゃんと止めろよww
街中で追い回されるような事態には至らなかったが、しばらくは歩きながら後ろを振り返る日々が続いた。
そして、ついに逃げ切れなくなったある晩、修羅場を迎えめでたく決着を付ける事ができた。
いやー、刺されなくてよかったww

第3位 詐欺に合う
 大きな詐欺はともかく、小さな詐欺は数えられないほど遭遇したが印象に残っているのは2つ。
起業する時に手続き上のゴタゴタ(政府関係者へ渡す金額がどうとか)に絡み、日本円で30万ほど騙し取られた件と、マンションの大家からデポジット返金時に偽札を掴まされた件だ。偽札そのものはまれに遭遇するので驚きはしないが、100元札の偽札は珍しい。100元札は最高額の紙幣なので、釣銭として入手する事はあり得ない。どこから入手したのか聞きたかったが当然のように連絡は不通となった。偽札のできは良く、一見しただけでは分からない。盲人用の凸凹部分が再現されていなかったので発覚した。

第2位 Gめし
 もうお約束ともいえるが、精神的ダメージがでかいトラブルの筆頭に挙げられる。一度は焼き肉屋で出された肉の間にミニGのご遺体がサンドされていた。日本のGほどでかいわけではないが、トイレに駆け込んで吐くには十分すぎるダメージだ。もう一度に至っては新鮮なGが出された料理の中で泳いでおり、同席した中国の友人も数秒間は凍りついていた。この分だと、気づいてないだけで一回くらいは食ってるかもな・・・ワ・・ロ・・・・・・・・タ・・・・・・・・・・・。

第1位 病気で死にかける
 食中毒と過労のWパンチ説が有力だが、原因不明の病気(感染症とかではないって事)で文字通り死にかけた事がある。40度を超える熱。身体は全くというほど動かす事ができず、朦朧とした意識の中で「あーこれは死ぬな・・・あーあ。」と投げやりな感覚に襲われた。最終的には当時の彼女が病院に連れて行ってくれ治療を受けられたのだが、その間の記憶がほとんどない。椅子から落ちて病院の床に倒れ込んだのは覚えているが、人生で最も死に近づいたのは間違いないだろう。

 まあ、ワースト5はこんな感じ。
泥棒に2度も物を盗られたり、鉄パイプ付きの集団乱闘(自分は単なる通りすがり)に巻き込まれそうになったり、食べ物が口に合わず嘔吐した事は数知れず・・・など、まだまだエピソードはあるがそのレベルでもトップ5には入ってこれなかった。波乱万丈の人生を送りたい方はぜひ中国に。きっと、これからはもっとトラブルが増えるよ!



スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : チャイナリスク 中国社会

コメントの投稿

非公開コメント

記事面白く拝見させて頂きました

過去の記事も色々読ませて頂きました。その中で、「てまひま」に価値をおく日本人についての記事も読みましたが、この機会にもう少し日本人側の特徴を掘り下げて、たとえば、関税を撤廃すると生活水準が上がり、恐らく格差(格差については以前の記事で疑問を呈されていたかと思いますが)が広がる(または、利権保有者や主婦が述べるような反対意見)、或いは移民に関して受け入れる日本人側の文化的な問題などについて、異文化を見てきた人の視点から記事を書いて頂けると面白いかなと思います。恐らく、海外が長い人はだいたい同じような考えになるのではないかとも思いますし、海外の文化・政治を批判する機会は多くても、自分たちがどう見られているかを知る機会が少ない人が多いと思うので、面白い情報になるとも思います。期待してます。

確かに

確かに中国は最適 最悪だと思う!人間ではない行動をしている。感情だけで行動している。基本疲れる。消えて欲しい!ただ陳光誠みたいな人もいる。行けないのは、情報を隠蔽 すること。人間性は最悪何だから!

No title

>だられさん
 この記事で書いたことは、あくまでも自分が経験したことで、必ずしも中国人のせいというわけではありません。川に落ちた事は完全に自分の不注意に依るものです。

 中国人の中に尊敬に値する人がいるのは当然のことだと思います。
自分の妻は中国人ですし、親友と呼べる友人もいます。作家の余華氏を尊敬していますし、天安門事件で戦車の前に立ちふさがった男性の事を忘れることは一生ないでしょう。

自分は情報封鎖、暴力を含む権威主義的な支配体制が最も批判に値するものだと考えています。この点では意見の一致を期待できそうですね。
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。