スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆院選2012

P.S.を上に書くw

衆院選の結果ですが、自民が予想以上の圧勝でしたねー。入れなくてよかった。
そして、民主党も予想以上の大敗北。逃亡組の未来も壊滅と、
ホーミングミサイル並みに有権者の怒りが追いかけていきました。
今回の結果を受けて、日本人には議席数の調整という投票戦略は無理というのがよくわかりました。

維新は偶然とは言え理想的な議席数でした。
これで今後の成長が期待でき、後へと続く道ができました。
みんなも18議席とよく健闘してくれました。
今回の選挙で第二政党は消滅しましたが、一応芽は出たのでここはよしとするべきでしょう。

あと、自民は劣化自民になっていると以前に言いましたが、
今回の選挙でかなりのベテラン勢が復活したので、思っていたよりは質がよさそうです。
安倍さんもやるべき事がしっかり見えているようなので期待できそうです。
まずは日米同盟を立て直し、立場を強化したところで日中交渉という流れは、とても良いと思います。
インフレターゲットも、前々からやってほしい政策だったので応援します。
他の通貨もジャンジャン刷ってるんだからハイパーインフレなんてなるわけないし、
もしなりそうだったら中止すればいいだけではないの?
麻生さんもいるから、経済で大コケという事は無いと思うんだよなあ。自分は経済専門じゃないけどね。
個人的にも中国からお金をもって帰ってくるときのレートがよくなるから嬉しいのです。

では、また。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

期日前投票に行ってきました。
結論だけ先に言います。
選挙区「みんなの党」
比例 「みんなの党」

にしました。

 今回の選挙のキモは以下の3点だと考えます。
1.民主党の排除。
2.自民を勝たせすぎない。
3.民主に代わる反自民勢力の育成。

1.民主党の排除。
 もうボロ負けは確定ですね。今回は現議席数の3分の1くらいまで減ればいいだろう。
そして、次の選挙で飛沫政党化させるか、完全に消滅させればいいだろうと考えていましたが、
どうやら3分の1も残らないようですね。よって、この目標は達成されます。

2.自民を勝たせすぎない。
 自民が勝つのはOKです。ほかに与党を担える政党はないのでどうしようもないし、
現在の諸政党の中では最もマシな党であることも間違いないです。
そして、自民圧勝は見えたので、今回は投票する必要がありません。
ひとつの政党に独裁権や白紙委任状を与えてはいけません。これは民主制の大原則です。
ということは、むしろ投票すべきではありません。自民の勝ちすぎが懸念されます。

3.民主に代わる反自民勢力の育成。
 反自民というか、「第二政党」や「第三政党」が必要です。
民主が消えることで、気に入らなくても「自民党」を与党にするしかないのですが、
この状態を長く続けることは非常に危険です。約束された安定的地位は自民を堕落させ腐敗させます。

しかし、他の政党にそれだけの実力がないので、今回の選挙で有能な第二政党を作ることは不可能です。
これはもうわかっています。そこで、今回はとりあえず種を蒔いておき、
次の選挙までの時間を利用して育てなければなりません。
新人にも経験を積ませ、勉強させなければなりません。政治に熟練させなければなりません。

というわけで、自分は「維新」推しだったのですが、
うちの選挙区の維新候補者が・・・ただのド素人っぽい。何のデータもないし。
ネットで検索しても何も出ない人。これじゃ種にもならんじゃないの。
いやね、野田に奇襲くらったのは分かるんだけどさ、でもこの候補者じゃ入れられないよw
国政の素人集団なのもわかるよ。でも、石原と組んでからはちょっと酷すぎるよ。
たぶんこれは、次の選挙までに老害の石原は消えるだろうし、第三極の再編成来るな。
第三極ならどこに入れても次の選挙までに合流するんじゃね?
じゃあ、みんなの党でいいか。うちの選挙区の候補者は地方議会出身だから新芽くらいには育ってるし。
比例もみんなにしておこう、というわけでした。何という消極的選択ww



そんなわけなので、各選挙区の皆さんは「見込みがありそうな第三極の候補者」に入れるのが正解かと。
候補者の名前でググればわかるよね。何も出なければそれはそれでド素人ってこと。
比例は同じく「維新」や「みんな」など第三極に入れておけばいいでしょう。
でも、「未来」は新民主党みたいなもんだからやめといた方がいいと思う。

最高裁の国民審査権は・・・専門外でわかりませんでした。
一応、全員ググっては見たけど判断がつかない。勉強したいので誰かに解説して欲しいです。
あと、たぶん数週間内に面白いこと発表します。





スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

奇遇ですね、私もみんなの党に投票しようとしてたとこです。まあ野田さんはしっかりしてるので、当初は民主党に投票しようとは思ってたのですが、TPPでのあの曖昧な対応から民主党に見切りをつけて、みんなの党に切り替えました。

自民が勝つのは間違いないでしょうが、問題はトップが安倍さんということですかね。まあ政治主張を抑えて外交したら参議院までは持つでしょうが、それ以降はもたないかもしれませんね。

No title

実際に投票する政党は違いますが、基本的な考え「民主は無いが、自民独走はまずい」というのには同意します。
ただ議席が割れると、審議が進まない&ろくでもない法案の妥協で手を打つ、という状態になるのでそこは考えどころですね。

No title

ネコさん晩上好。

今回の総選挙は自民党圧勝でしょうね。

私の選挙区は投票したい人がいません。自民は昔からの地盤の強い人で(親父さんが自民副総裁)みんなの党は民主党から鞍替えした人です。
比例代表では自民を入れますが、小選挙区は誰にしようか迷い中です。
(自分の県の第一区には期待できる新人自民候補がいますが・・)

基本、自民押しではないですが、こうなった以上世界恐慌を未然に防いだ「あの人」に託すしかないと考えています。

No title

とある縁で自民党候補の選挙事務所のボランティアをやっておりました
やるからにはと(そもそも自民党のシンパですが)自身が援護する候補を、自民党の勝利をとしゃにむに頑張ってきましたが
・・・勝ちすぎだろ
ささやかではありますが自民勝利の片棒を担いだ人間としてこれからの情勢には注意深く観察しようと思っています

No title

以前書き込んだ時の名前忘れたので使い慣れたこちらで書きこみます。

小選挙区は自民に入れましたが比例は改革に・・・。
正直入れるに値する党が無かったから捨て票にしました。
少しでも未来や民主に比例が行く悪率を下げたかっただけです。

まあホントは大地に入れたかったんだけど候補者立ててないし・・・。
議席のコントロールは既存政党では残念だけど無理。
信用に足りえない面々ばかりですから。

政治屋ばかりで政治家がいないのが現状・・・_| ̄|○

No title

自民圧勝でしたね。
不思議なのですが、なぜ「総出で立て直しを!」という場面で、バランス感感覚とか、対抗勢力などという迷いをわざと産もうと考えられるのでしょうか?
まずは立て直しを計り、あなたの言う一党独占での腐敗を避ける為の対抗勢力を作ると言うのは、次回の選挙からでも十分間に合うのではないかと思われます。
日本の政治が、しっかりと日本の為のものに洗練された時にならば、あなたの言う一党独占を避けるためのバランスというものは賛同出来ますが、今の状態での貴方の主張には国よりも商売地である中国との関係を優先させたいのではないか?というようなものを暗に感じさせるものでありました。

No title

>マヤさん
みんなの党なんて、今までは眼中にもなかったんですけど、今回の流れでは仕方なかったです。
自分は安倍さんトップなのは有りだと思っています。前回、彼の対中外交は悪くなかったですよ。

>六葉さん
結果的に、今回は政権運用には議席が足りないなんてことは全くない結果でしたね。
むしろ、野党の存在意義がないくらいなので、そこが困りものです。

>hiroさん
元民主では入れにくいですよねえ。自分でも入れないですわ。
たぶん、その選挙区ではどう入れても自民の勝ちだったのではないですか?
うちの選挙区も結局は自民候補の勝利でした。

>正宗さん
お疲れ様でした。
選挙による議席配分はゴールではなくてスタートですから。
強い権力を持った自民の動向はよく見ていく必要がありますね。

>ゴルディーさん
素晴らしい政治家というのは、どこの国でも非常にレアな存在です。
現実に配られたカードの中から、どうにか役を組み立てるしかないですね。

>名無しさん
「立て直し」と言えば聞こえはいいですが、
何をもって「立て直し」とするのかは人によって全然違います。
そこにコンセンサスがあるわけではありません。

議席数があればまともな対抗勢力になれるのではありません。
それは、数以外に取り柄がなかった民主を見ればわかるでしょう?
政治家が育つには時間と経験も必要なのです。突然に湧いてきたりはしないのですよ。
それは民間の仕事と同じで、最初から出来る人はいないのです。

No title

日本の衆院選挙の結果が極端に振れるのは小選挙区制の問題と思ってましたが、同じ制度をとっている他国(イギリス他)がそれほどでもないようなので、やはりその場の感情に左右される日本人の特性なのかと考えてます。暴動に便乗して略奪に走ったり、台風程度の自然災害で治安が不安定になるような民度の低さは、日本と対照的なのにと不思議ですが。

その他にも今回は政党乱立して票が割れやすかったり、得票率が戦後最低だったりして組織票が見込める党が強かった(公明党は選挙区全勝)のもあるのでしょうが。

ともあれ今後を安部政権の今後を注視です。まずデフレ対策と景気浮揚及び東北復興。正直なところ、今回は改革何ぞどうでもいいとにかく昔の豊かさを取り戻してくれという諦観が、今回の結果につながっているんじゃないかと感じてます。
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。