スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国政府にできること、できないこと

強大な権力を持つ中国共産党。
彼らはしばしばその権力によって、中国をどこまでもけん引できるかのように見られることもある。
実際、その権力によって行えることは多い。しかし、当然のことだが権力があれば何でも変えられるというわけではない。

独裁権力によって中国の何をコントロールでき、何をコントロールできないのか、それをはっきりさせよう。
それによって、中国の今後を見通すことができるだろう。


中国政府にできること
・銀行の破たんを回避すること
デマの解説でも触れた事だが、中国の大銀行(つまり国有)が資金不足でショートするということは本来あり得ない。独裁国家の中国では、政府が望むならいつでも税金を銀行に注入することができる。
税金を注入することに人民が反対でも関係ない。黙って使い込んでしまえばいいのである。
ほとんどの人民はそのことに気づきもしないだろう。

もし仮に、中国の銀行が資金ショートで破たんしたとしたら、それは政府があえて許容したという事である。
もっとも現時点では、そのような可能性は無いといってよいだろう。


・バブルを作ること
同様の理由からバブルを作ることも容易である。
政府が特定分野の発展を目指すと掛け声をかければ、銀行からジャブジャブと資金が注ぎ込まれ、あっという間にバブルが起こる。一見するとその産業は大きく発展したように見えるが、単なるバブルであり、しっかりとした技術的な裏付けや国際競争力を持つものではない。シェアを広げるのは政府の補助金や優遇策あってこそ。太陽光パネルなどは、もっとも典型的な例といえる。


・人民の暴動を鎮圧すること
毎年何万件も発生している考えなしの人民の暴動を鎮圧することはたやすい。
しょせんは覚悟も統制も無い素人の集まりにすぎないのだから、何度起きても簡単に鎮圧できる。
しかし、鎮圧にもコストはかかる。そのコストは社会を疲弊させる。


・人民の不満を逸らすこと
お約束の反日や反米、金持ちや汚職官僚をスケープゴートにして不満をガス抜きすることもできる。
メディア操作にネット規制。半ば確信犯的に八つ当たりを楽しむストレスフルな人民。
スケープゴートを使える下地は十二分にそろっている。中国的エンターテイメントといえるだろう。


中国政府にできないこと
・社会に活力を蘇らせること
人民のやる気を引き出し、潜在力を開花させ社会を発展させる。
もっとも正攻法である社会の発展は、権力で強制したからといって促進されるものではない。
むしろ、政府が強圧的に振る舞えば振る舞うほど、社会は活力を失っていくのである。


・人民の不満を減らし、暴動の数を減らすこと
不満を逸らすことはできても、不満を減らすことはできない。
不満を減らすには公正で希望の持てる社会を作る必要がある。
しかし、それは共産党の支配を揺るがす道である。自分の首を絞める政策を取ることはできない。
また、それを目指す下地は中国には無い。腐敗Aか腐敗Bか、どちらかを選ぶしかない社会である。


・地下銀行(シャドーバンク)を撲滅すること
最近話題になっているシャドーバンクへの締め付け。
多少締め付ける程度ならともかく、シャドーバンクを本格的に規制することはできない。
胡錦濤も一度は挑んだ道(香港-深圳ルートの規制)だがすでに敗退した。

シャドーバンクの規制がなぜ不可能なのか。それは、政府役人がみんな利用客であるので共産党自身にけんかを売るのと同義語であり、全体としてべらぼうに規模が大きいからであり、地方政府や大銀行からも必要とされているからであり、単なる私営金融ネットワークで単一の組織ではないからピンポイント攻撃も不可能だからである。
シャドーバンクを規制したいと考えているのは、政府の中の0.1%程度の奇特な人だけに過ぎず、地方政府、企業家、一般市民、大銀行、多くの官僚など99%以上の中国人は、シャドーバンクを敵視しないのである。

政府のシャドーバンク対策は単なるポーズに過ぎず、本人たちも達成する気もなく鼻で笑っているだろう。


・国家をひとつの方向に統制すること
本来、独裁国家にとって最も得意と思われる国家方針の統制。意外にも、もはや中国政府にはこれができなくなっている。国家の進むべき道が経済発展優先か、ゆがみの是正か。外敵の優先順位をどこの国に絞るか。外交方針はいかにあるべきか。
 党の指導部、各地の軍区、国家発展改革委員会、外交部、民衆のナショナリズム、多くの主体によって振り回される各分野の方針は、まったく統一されていないのである。すでに中国はあっちへフラフラ、こっちへフラフラとリソースを無駄遣いして回るだけの集団に過ぎず、集中と選択が効率的に行われている組織ではないのである。


油断せよというわけではないのだが、数年前から、管理人には中国が今後も力強く成長を続ける未来図が全くイメージできなくなっていた。以前にも述べたように中国のピークはすでに過ぎており、自由主義圏の中国に対する優越は、すでに決まったことだと管理人は確信している。中国が超大国となり、アメリカをもしのぐ勢力になるだろうという根強い予測は、「中国が発展を続けていくのであれば」という仮定を前提条件にするものであり、その仮定は大した根拠を元に語られているものではないのである。



スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ねこさんこんにちは。

G20でも中国のシャドーバンキングは議題にも登りませんでしたね。
以前、シャドーバンキングについて(2chのスレだったかな?)説明していただけたのですが、実際、一般人民が利用できる嘗ての日本のノンバンクの様な存在なのでしょうか?もしそうならこれが連鎖破たんする=バブル崩壊と思えてしまうのですがいかがでしょうか。
>胡錦濤も一度は挑んだ道(香港-深圳ルートの規制)
そんなことがあったのですね。よろしければフーさんが何をやろうとしたか教えて下さい。

金融の自由化?はありますか

 日本でもシャドーバンキングの事は、話題になっていますが(例え
http://togetter.com/li/521894)、既に貸出金利の自由化は公言しましたが、次に預金金利の自由化、金融自由化に踏み切るのか知りたいのですが、どういう見解を持っているのでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>hiroさん
シャドーバンクに明確な定義がされているかどうかはともかく、どちらかというとノンバンクというよりは地下銀行って感じですね。店舗があるわけではなく、複数の「老板(ボス)」とその傘下で構成され、海外にまで繋がっているネットワークです。
全体像を正確に把握している人間は、ボス達を含めて一人も存在しません。

そんな存在なので、とてもリスキーな投資と不良債権を積み上げているのは常識です。
しかし、それに手をつけるといっても、せいぜい見せしめに一部のネットワークを叩くくらいしかやりようがありません。

胡錦涛は深圳‐香港という最大(出入り共に)の地下マネールートを潰そうとし、そのルートは一時細ってしまいました。自分の監視下にマネールートを置きたかったのだと思いますが、その後は元に戻っていますので、掌握、規制には失敗したということでしょう。うろ覚えですが、4年くらい前じゃなかったかなあ。

>harappa5
貸出金利の「下限」撤廃ですよね。
第一歩という意味合いなのかもしれませんが、これだけでは全く無意味です。
銀行は中小企業に「貸し渋り」をしているのであって、下限金利以下で貸したいなどと思っていませんから、この規制撤廃それ自体は全く機能しません。 これだけを見ると単なるポーズだけです。

中国の銀行は国営企業にじゃんじゃん貸付をしてきました。必要以上に。
そこでだぶついたお金が無駄な建設に回されたり、上層部の懐に入ったり、シャドーバンクに流れて(というかシャドーバンクの一部は政府幹部の傘下であるかもしれない)、中小企業の資金源にもなってきました。(銀行 → 国営企業 → シャドーバンク → 中小) という無駄な迂回ルートが存在するので、もしかすると、合わせ技で裏から銀行に圧力をかけて、消極的な銀行に中小へと資金を流させるつもりではないかと推測されます。

深読みするとキリがないのですが、自分は今年TOP7になった面々を見た時に、共産党に改革の意思なしと大きな方向での結論を下しているので、シャドーバンク規制は、「適当に言ってみただけだろw」という程度にしか受け取っていないのですよね。

No title

中国国内についてはこのままグダグダやっていくとしても、対外的な問題はどうなるんでしょうか。
中国だけでやってはいけないのは食料やエネルギーの問題からも明らかなわけですし。
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。