スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動き始める中国情勢

続報


毛沢東ファンの皆様の期待を一身に集める周永康ですが、どうも拘束されたようです。
12月頭に情報が出始めてから、今までに拘束を否定する情報はなく、ほぼ確定かと思われます。
どちらが先に仕掛けたのかは、いろいろな見方があるようですが事実上のクーデタですね。

胡錦濤も政権についてから間もなく、当時、上海市トップであった陳良宇にクーデタを仕掛けていますが、それくらいの権力闘争は中国のトップクラスではお約束のようで。

ところで、中国では今年の12月26日が毛沢東の生誕120周年とかで話題になっていまして、そこで毛沢東派が大規模なデモ(この前の反日暴動みたいな)などを仕掛けてくるかもしれないな、などと思っていたのですが、ラスボスの拘束で勝負ありかな。

とりあえず、さらなる情報が出てきたら追いかけますね。

そういえば、中国の広範な範囲で大気汚染が人類生存不可のレベルになってきているようですが、昨日、上海から来られた方に聞いてみたところ、普通の空気がはっきりと匂いを感じるレベルで汚染されているとのこと。
元々、呼吸器系が強くない私が、さっさと上海から逃げ出した賢明でしたねw 
北京は何年も前から毒ガス砂漠ですから今更という感じですが、他の都市部もひどい状態になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさんお気づきのこととは思いますが、中国情勢が動き始めていますね。
失速する経済、改革の動きは全く見られず、テロは相次ぎ、挙句に薄派の新政党結党宣言。
最初からやる気のなさを見せつけていた習体制には荷が重すぎるようです。

テロや暴動の増加は、ある意味予定調和的に当然の流れというもので、それほど驚くことではありません。
一向に進まない改革も新体制発足時点のトップ7の顔ぶれを見た時点で確定事項でした。

驚くべきニュースは、薄派の新政党結党宣言です。
こいつらはどういう連中かというと、毛沢東万歳、くたばれ現体制という人々です。
はっきりいって基地外ですが、重要な点は彼らの思想ではなく「党が割れる」ことそのものにあります。

どんなに腐敗しても共産党体制が倒れることはなさそうでした。
いや、むしろ腐敗しているからこその強みがあるとさえいってよいでしょう。
腐敗することで強くなるというのは、自分も中国の事例を見るまでまったく知らないパターンでした。

しかし、それにはひとつの前提条件があります。「体制内に反逆者が出ないこと」です。
党と軍がひとつにまとまっている限り、何兆円の資産を民間から略奪しようが、何百万人の民衆を殺そうが、中国の体制が崩れることはありません。しかし、党が割れた場合には話が全く変わってきます。その時は対立する勢力間での謀略や暗殺、テロは簡単に用いられる手法になりますし、それが内戦に発展するのはあっという間だと思います。

今回の新党が面白いのは「毛沢東」の看板を掲げていることです。
過去の栄光(妄想)であり、建国の父である毛沢東は、事実上の開発独裁体制に移行している現体制と正面から「正統性」を争うことができる立場にいるので、うっかりすると党を割る事態が起こりかねないのです。
一体、毛沢東時代を懐かしんでいる層がどれほどいるのか。それは党内をどこまで浸食しているのか。
本ブログでは、前回の反日暴動のバックには薄や非主流派がいると分析しましたが、どうやら今回も同じ層ですね。意外とこいつらの勢力は大きいんじゃないかと思えます。

この後の展開を予測するには材料が不足しすぎていますが、周永康を見ていれば自ずとわかるでしょう。薄と仲が良く、中国の石油利権を支配する男。こいつが倒されれば毛沢東派の基地外勢力も終了。しかし、こいつが叩かれなかったり、叩かれても生き残れるようだったら、薄、毛沢東支持派の勢力も生き残るでしょう。
つまり、現体制終了の可能性を本気で再検討しなければならなくなるということです。

さらっと新政党の話をしていますが、人によっては「中国で政党作れるの!?」と驚いているでしょう。
実は中国には建国当時から民主諸党派とかいうお飾りのザコ政党が8つも存在します。
彼らが建設的な役割を果たしたことは一度もありません。60年も飼い殺しに甘んじているゴミです。
そんなわけで、新党は違憲ではありません。
しかし、中国において憲法という規定には特に意味はありません。言論の自由すら憲法上では認められています。
実際は違憲だろうと合憲だろうと、共産党指導部の利益に適うかどうかだけが判断基準です。

今回の新党は利益に適うどころか、指導部にとっては完全に敵となります。
つまり、常識的には認められるわけがない。薄派も周もそれは当然織り込み済みのはずです。
それでもやるということは勝算があるのです。

無期懲役刑が確定した時、薄は笑みを浮かべていました。
私は「ちっ先延ばしか、つまらん展開だな」などと思っていたのですが、むしろ薄は勝ったと認識したのではないでしょうか。「これで再起できるw」と思ったのではないでしょうか。周永康は「薄ほど無茶やっても殺されない。じゃあ、俺なら余裕勝ちじゃんww」と思ったのかもしれません。

習体制は今のところ予想から外れることなく無能であり続けています。
この分だと毛派の大弾圧は難しいでしょう。そもそも毛を掲げられたら共産党に弾圧は難しいのではないか。
党が一致団結して反毛沢東支持派の姿勢を取れるとは考えにくく、「毛支持」と「憲法」の組合せは、現政権に反発を持つ層を引き付ける可能性が十分にある。
今回の新党結成は、一見、ただの基地外の暴走のように見えるかもしれないけど、これは侮れないと思うよ。



スポンサーサイト

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

これからの中国

こんにちは。いつも更新を楽しみにしている一読者です。
最近は更新の頻度が上がって嬉しい限りです。

今回の新党結成についてですが、日本や台湾、チベットやウイグル等への影響について、是非見解を書いていただきたいです。
まだ、事態が動き出したばかりで何とも言えないかもしれませんが、現時点での予想をひとつお願いします。

No title

支那思想史などを勉強していると、儒教のテキスト解釈が、政権内部の権力闘争と密接に関わっていたりするので、毛沢東正統問題は結構強烈に効くかも知れませんね。
日本の民主党と同じで肝心要は出鱈目でも、どうでもいい言葉尻にはこだわりますから。
日本からも合いの手を入れて面白半分に火に油を注ぎたいものです。

「周永康」て人物知らなかった(ーー;)
皆知ってるんだろうな、不勉強だなあたしorz

石油利権に深く関わってる人物ですか。
つー事は尖閣海底ガス田も当然欲してらっしゃるでしょうね。
彼等が力を付ければ海軍に影響力を及ぼし更に熾烈な
領海侵犯行為と衝突をもじさない圧力を日本側艦船へ
仕掛けて来て日中間更に険悪ムードに陥りそうですね('_`)

No title

>翠玉さん
この新党は「穏健派」の現政権に比べると、数十倍は危険といえます。

現政権は尖閣などで挑発をしてはきますが、実際に戦争を望んでいないのは明らかで、ガス抜きのために国内向けのアピールを繰り返しているだけです。それでも偶発的な衝突の可能性は否定できませんが。

それに比べると新党の人々は、国内への不満もすさまじいですが、対外的な敵意も大変なもので、現政府の「弱腰」に怒るナショナリストを容易に吸収してしまうでしょう。誇張ではなくナチスレベルの連中と思っておいてよいです。ぶっちゃけた話、どの国からみても、薄にはさっさと「病死」してもらうべきかと。

チベットやウイグルへの姿勢ははっきりしませんね。毛支持派の人々は中国の現体制へのすさまじい怒りに燃えているので、少数民族は今のところ眼中にないのではないかと思います。


>珍宝島さん
 実のところ、中国国内でまとまった反対勢力を確立するのは不可能だと思っていたんですが、「毛沢東」を使うのはコロンブスの卵というべき発想ですよ。

>ねこまんまさん
周さんはこのブログでも何度か言及したことがありますが、前トップ9の一人で石油利権の大ボスですから、一応超メジャー級の人です。それに加えて胡錦濤の政敵であることも覚えておいたほうがよいでしょう。
 前回の指導部交代でもハブられていたり、今も深刻な勢力争いが続いているわけです。

No title

回答ありがとうございます!

「いいぞ、もっとやれ」とか思っていましたが、決して対岸の火事ではないということですね。
勢いで諸外国とドンパチ始められたら大変ですからね。。

続報等、次の更新を楽しみにしております。

No title

毛沢東は、今でも民衆に支持されているのでしょうか。それとも、毛沢東はあくまで表向きの看板だということを新党を支持する人々もわかっているんですかね?
いわゆる「反体制派」とか「反政府派」という認識でいいんでしょうか。

No title

支那が防空識別圏を尖閣上空にまで広げたそうです。

かなり余裕がなくなってきたように思います。

まともに対応する気があるなら海自がヘリでおちょくっておけばスクランブルを空撃ちさせて機材の消耗や燃料の消費を促進させることが出来ます。

相手が撃ってくればこちらに大義名分が出来ます。

元々支那がイチャモンつけてやっていることで日本は通常任務をこなしていれば相手がかってに自滅していくだけです。

しかしいよいよ野心むき出しにしてきた印象です。
戦闘状態に突入する可能性が高まったといえるでしょう。
これを放置すれば日米ともにシーレーンを抑えられることになるのでこちらも引くことは出来ません。

これに対し韓国が支那に尻尾を振るようなら本当の馬鹿としか言えないでしょうね。

No title

>名無しさん
それについては、別途記事を書こうと思います、少々お待ちくださいね。

>ゴルディーさん
意外なほど唐突に動いてきましたね。
裏があるというよりは、やはり、余裕がなくなっているという印象が強いです。

中国にまともな戦略があるなら、日本とアメリカの間に温度差を作らなければならないはずですが、今回のようなやり方ではアメリカ軍機も対象になってしまいますから、わざわざ日米の団結に力を貸してくれているようなものですね。

南西諸島の防衛について、ちょっと視点を変えて日ロ関係にも注目しておきたいところです。
北方領土問題を引き分けにして終わらせるという案が動いていますが、これによって領土問題を解決すれば、対ロ戦力を一部削減することが可能になります。

沖縄方面への航空戦力に、もう一飛行隊を追加するという強化案がありますが、現在の対ロ戦力の一部をそれに充てられるのではないかと思うのです。というか、今の政府はそのつもりなのではないかと。年明け以降ですが、対ロ関係にも注目したいですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。