スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

底なしの開発意欲

中国の発展は人的資源の大量投入、人海戦術で安物を量産して輸出することにある!
・・・というのは、もう昔の話。ここ数年はインフラ投資、マンション開発といった投資に大きくシフトしている。

高付加価値産業へのレベルアップが果たせず、個人消費もぜいたく品とマンション以外には大して見込めない状況では、
政府主導のインフラ投資こそが生命線である。さて、そのトレンドに変化があるかどうかに注意して観察してきた。

杭州から南へ高速道路を走っていると、何本も同時に建設されている高架道路や鉄道、周りに何もない新たに作られた駅の周りに次々に高層マンションが作られるのが見え、開発ペースはますますスピードを上げていた。いくつか新しい工場が建設されていたが、生産品は金属管、ドア、ガラス、コンクリートといった建物のパーツばかりが目に付く。

つまるところ、何年か前からのトレンドは変わらず、インフラ建設頼り、不動産開発頼りの経済構造には変化の兆しすらも感じなかった。目新しい産業やサービスなどはまったく目につくことがなく、既存サービスの質が向上しているということもない。まずいステーキは5年前と同じようにまずいし、恐ろしいほどの作業ミス率もそのままで向上が見られない。

当然、結論を修正する必要もなく、政府主導の開発で命を繋いでいるだけで、中国では何も構造改革が進展しておらず、高度成長期が終わってしまった現在、これ以上の発展戦略はない、ということになる。

さて、一般人の経済レベルはどうかというと、意外なほど改善が見られない。
上海市内では数年前から賃金水準が高騰し、今やどんなゴミ人間でも月に3500元以上の価値がつくのがふつうである。
物価も上がっており、2、3年前は食べ放題と見えた果物も、しばしば日本で買うのと何も変わらない値段がついているし、有名なチェーン店のパン屋などは間違いなく日本よりも高く、そして、水準は相変わらず劣っているのである。

しかし、杭州やそれ以外の地方都市の人件費は意外と上昇していない。サービス・スタッフは相変わらず2000元台の給料で求人広告が貼られているし、まあ、若干は上がっているのかなあという程度だ。物価上昇のペースや凄まじいスピードで悪化する環境からすると、実質的な生活水準は下がっているのではないかと感じる。

中国の雰囲気が分かりやすい写真をいくつか載せておきたいので、それはまたサイトの方に後日アップしようと思う。
忙しくて毎日時間に追われているのですよ。


スポンサーサイト

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このまえの毒ガスからというか
中国人に生活に直結するインフラを整備するっていう発想はないのでしょうかね
なんかビル作るよりも空気清浄機を完備したシェルターやらドームをつくって暮らしそうなイメージ
そうなると富裕層の食べ物も気になる、どうやって安全な食べ物を仕入れているんだろう
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。