スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄に行ってきたw

先月、沖縄に行ってきた。

beach.jpg

基本的にただの遊びなんだけど、対中関係と絡めて見てもなかなかにホットな場所なので、一応記事にしておこう。
管理人は沖縄には疎い。というか、日本の個別の地域にそんなに関心を払ったことがない。埼玉だろうが秋田だろうが愛媛だろうが岡山だろうが同じように疎いだろう。・・・これらの県に住んでいる読者は一応ごめんなさいね。

さて、と言っても初めて行ってみた沖縄は、他の日本国内の地域には見られないものだと感じるものがあった。「沖縄の声」みたいなノリで繰り返し報道されている「基地問題」。実際、米軍基地はとても多いしでかい。自衛隊の基地もあるけども、基地の存在を非常に身近に感じるのは確かだ。しかも、その基地は、「沖縄県民斯く戦えり。県民に対し、後世特別の御高配を賜らんことを。」と旧日本軍の司令官に言わしめるほど、多数の県民を犠牲にした沖縄戦の相手であるアメリカ軍が管理しているのだから、「沖縄は戦略的要地だから、どの勢力が保有しても基地は置かれるんだよ。」と、理屈で簡単に割り切れる性質のものではないだろう。

それでもあえて言おう。人民解放軍に駐留されたら民族浄化確定だよ。チベット化するより今の方がはるかにマシだよと。
それに中国問題が落ち着いたら、基地の規模縮小してもいいんじゃないの。あと20-30年くらいかな。

KADENA AB
で、これが音に聞く極東最大の航空基地、嘉手納空軍基地。でけぇー、もう見渡す限り基地だし奥の方は見えないし。

Hangers.jpg
色々拡大して撮ってみるよ。航空機のハンガー、密閉式ということは、ここにF-22が!?
※ステルス機はステルス塗料保護のためにエアコン付ハンガーに入れるって聞いてます。

F15.jpg
密閉式ハンガーの奥にはオープン式ハンガーがたくさん並んでいる。中にF-15さんがいらっしゃいますね。
米軍のは初めて生で見るけど、F-15は実家の近所(空自の基地がある)で見慣れてるから、テンション上がらんのだよ。

Navy P3C
横に目を移すと、US海軍のP3Cが並んでる。空軍基地といっても海軍機も使うんだ。統合作戦の時代だもんね。

JSTARS
お仕事始まりました。この機体は、E-8 J-STARS。沖縄にいたんだ。結構レアな機体で、地上偵察用AWACSみたいなもの。湾岸戦争で試作機が投入され、その有用性は存分に示された。ここの対象は中国ではないだろう。つまり、北朝鮮の偵察だな。いってらー。

tanker.jpg
J-STARSの後を追って飛び立ったのはKC-135。空中給油機だ。北朝鮮は遠いから途中で給油がいるんだろうか。

結局、対中抑止のスーパースターF-22は見えませんでした。オスプレイも出てこなかった。見たかったな。

さて、嘉手納だけでなく多くの基地が点在する沖縄ならではのビジネスが盛んだ。
那覇空港を出た直後から、ほとんど全部の不動産屋が「軍用地買います!」って看板出してるから、「ああ、土地貸しって儲かるんだな」と誰でもピンと来る。で、ググったら↓わかりやすいのを見つけた。

軍用地レンタルで資産運用! これであなたの老後も安心だよ!?
http://www.daikyo-p.jp/marutoku/marutoku7/marutoku7.html

売り文句を真に受けるわけじゃないが、投資単位も何百万程度のものからあるし、これはそのうち検討してもいいかもね。
ただ、政府に金を出させるビジネスモデルはリバタリアン的にはアウトだろうな。そういえば、民主の小沢が基地移転予定地を買ってるとかいう情報が前に出回ってたよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他にも気になったのは、「墓が中国南部スタイル」ってこと。屋根がついたり微妙に違うんだけどベースは同じ形。亀甲墓とかいうらしいね。簡単に調べたら、中に遺体を安置して、数年後に取り出して「洗骨(お酒とかで骨を洗う)」をして骨壺に納める風習があったとのこと。まさに中華スタイル(中国南部)です。死生観に関わる文化は、そう簡単には変わらない。沖縄の文化は中国に結構近いというのが見て取れる。ただ冊封↓やってただけじゃないのね。

C copy
首里城に展示してある琉球王朝の模型。中華の丸パクリで笑ったw 服装やら冠の色やらでヒエラルキーが見て取れる親切設計w

 で、ちょっと驚いたのは、そのお墓ビジネスが盛んってこと。香ばしい記事で名をはせる沖縄タイムズをコンビニで買ってみたら、広告コーナーに墓関連の広告が20件くらい出てるの。沖縄では、お墓って広告打てば売れる性質の商品なのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
遊びの方は楽しかったよ。
海きれいだし、夕焼けきれいだし、泳いでたら目の前に熱帯魚いるし、ご飯うまいし、リゾート地はともかく那覇は物価安いし、珍しい果物も食べられるし、マングローブは怪しい感じだし、また来ようと思う。次は石垣島とか行くかな。

SDF P3C
帰りの那覇空港。海自のP3Cがわんさと並んでる。沖縄の日米両軍とも偵察能力高いな。近いうちに新型のP-1が配備されるともっといいね。



スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

tag : 中国政治 沖縄 対中抑止

コメントの投稿

非公開コメント

No title

月並みな感想ですが
「やはり飛行機は美しい、その用途問わず美しい」
良い写真を撮る腕をお持ちですね

それにしても実際の沖縄県民は中国支配になったらどうなるかという認識をどれくらいしてるんでしょうね
ただでさえ移民やらで元々住んでいた人たちを締め出して自分たちのコミュニティでガッシリと固めている有様なのに

No title

兵器といえども航空機は芸術品のように思えます。
流線型のボディに戦闘機となれば音速を超えるスピード、空力に左右されない自由な機動。
うーん、たまらんですね。

沖縄県民の意識というのは伝わりにくいものですよね。
既存のマスメディアはあてにならないし、県民自身も情報発信には消極的に思えます。

沖縄県民からしたらとても不愉快な内容ではないでしょうか?(・_・;
琉球は中国の属国だったのでパクりという表現もどうかと・・・。

No title

もう亀甲墓はわずらわしくて流行らないのかもね

No title

愉快か不愉快かを基準にものを書いているわけではないので、何ともいえないですね。
少なくとも、当ブログが中国の方にとって愉快な内容でないことは当然でしょうし、日本人にとっても愉快でないことは普通に書いてきましたよ。沖縄県民を特別扱いする気はないです。

揚げ足取るようですが、冊封国はともかく、属国という表現もいかがなものかと。
プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。