スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国との軍事衝突第1ラウンド!?

 南シナ海の中国軍による軍事基地建設問題で、なぜか中国軍が異常に強気です。埋立地に砲門の装置(よくわかりませんが)を据え付けたことがアメリカ軍によって確認され、南シナ海のシーレーンが早くも直接的な軍事脅威に晒される状況となっています。 動きの遅いオバマ政権ですら、さすがに今回は繰り返し非難と警告のメッセージを発していますが、中国側は聞き入れる気がないようです。また、自国を大国と表現し、他国には「小国は騒ぐべきではない」などとあからさまな恫喝を行っています。

 今回、中国が強気に出ている背景には習近平の承認があることは確かです。習はケリー国務長官との会見で、「広大な太平洋には中米2大国を受け入れる十分な空間がある」と、これまで呉勝利海軍司令官が述べていた米中による太平洋の分割論に直接言及しましたから、アメリカの覇権を直接崩しにかかっているわけですね。

 実際、アメリカの介入がなければ南シナ海は中国の軍事支配を受けることになる状況であり、逆にアメリカの強硬な対応に晒されれば、今回の軍事的冒険は失敗に終わります。この場合、中国国内の政治情勢が深刻な打撃を受けることが十分に予想されますから、ハイリスクハイリターンな瀬戸際外交に出たといえます。

 これは妙ですね。汚職を口実に反対勢力を黙らせつつある習近平には、ハイリスクな賭けに出る動機があるのでしょうか。AIIBという賭けは国内の経済情勢と、香港モデルで成功したマネーによる進出策の再利用ということで意図が分かるのですが、アメリカとの対立、軍事拠点の確立が失敗した場合の政治的打撃という大変なリスクを負ってまで、なぜ南シナ海で勝負に出たのか。習の立場では、リスクとリターンが全然釣り合っていないんじゃないでしょうか。

1.金あるし大国は何でもできるはずだという、知能水準が疑われる脳筋判断。
 習近平を脳筋と冷やかしてきた私としては、単にまともな判断能力がないというある意味では最も恐ろしい仮説を検証するべきでしょう。埋め立て自体は昨年から行われていたことなので、AIIBとセットで進めれば周辺国を分断できるだろうという楽観的な見通しに基づいているのでしょう。

2.オバマ政権のこれまでの弱腰を見て、今が最大のチャンスと楽観している。
 カーター政権の妥協的態度を甘く見てアフガニスタンへ侵攻したソ連のごとく、弱腰のオバマ政権を甘く見ての強硬策採用という点も捨て置けません。このオバマ政権の失策は1の理由でも、3の理由でも重要な要素となります。

3.海軍による権力闘争の一環。
 海軍が威勢のいい行動に出ている反面、中国国内のメディアは必ずしも全面支持というわけではありません。特にここ数か月は自国の兵器にまだまだ問題があること、海軍が先走り過ぎることに批判的な記事も出ていますから、軍部の意思が統一されているというわけでもないようです。
 そうすると、一貫した国家戦略というよりは海軍主導の強硬案がゴリ押しで進められているという可能性も出てきます。なぜそんなことが必要なのか。今や習近平の粛清は軍部ですら聖域ではなく、陸軍出身の徐才厚のようなスーパーVIPですら攻撃対象となり、陸軍の練度の低さや腐敗は調査対象としてやり玉に挙がっています。
 海軍にはまだ逮捕者が出ていませんが、呉勝利海軍司令員(胡錦濤に任命された)はじめ、海軍司令部は自分たちが粛清されないために軍内部の勢力争いで優位に立ちたいのではないでしょうか。対外紛争で主役となれば、その司令部のトップクラスを粛清することはできませんからね。

 というわけで、海軍には明確な動機が存在します。中国政府がオバマ政権を軽く見ているのも確かです。しかし、習が海軍と同じ言葉(広大な太平洋には中米2大国を受け入れる十分な空間がある)を使って後押ししている背景はいまいち分からないというのが現状です。うまくいったらそれで良し、状況が不透明化して来たら「必殺はしご外し」でも狙っているのでしょうかね。習の意図について心当たりがある方はコメントをぜひよろしくお願いします。

 我が国としては中国という分かりやすい脅威があるうちに、アメリカやオーストラリア、インドや東南アジア各国と防衛協力を進めておくべきですね。また、日本国内にある中国高官らの資産情報をできるだけ調べあげ、習近平政権側の腐敗情報をアメリカやオーストラリアと一緒にどんどん中国国内にリークするべきだと思います。そうして、中国政府内の利権争いのために国際紛争が使われているという宣伝を中国の人民に行い、政府の統治能力に打撃を与えるべきです。中国国内の矛盾は彼らの国の中だけで解決させるべきであり、国際舞台に出てこれないよう国内情勢を悪化させるべきです。軍事的進出の野心が物理的な形になって出てきた以上、もう何の遠慮もいりません。






テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : チャイナリスク 中国政治

中国の軍事的海外進出、強化される日米同盟

 ここのところ最も注目されている中国の動向の一つは、早くも混迷に突入し始めたAIIBの先行きもさることながら、南シナ海でのミスチーフ埋立による同海域の進出戦略ですね。当てにならないこけおどしの空母を展開するよりも、南シナ海に航空基地を設けた方が遥かに実効的です。季節によっては台風の影響で稼働率が大きく低下することもあるでしょうが、同基地が完成後J-11(Su-27の劣化版)レベルの戦闘機を一定数配置すれば、東南アジア各国、特にフィリピンには対応することができなくなります。

 また、この地域のシーレーンへの脅威が増すことにもなるため、日本にとっても直接影響のある安全保障上の問題といえます。オバマ政権以来、非常に動き鈍いアメリカが今回は12海里内に艦や航空機を派遣するとも言われていますが、中国側が大きく踏み込んできた現状変更の試みとなっています。

一方で、日米同盟も対中抑止のために大幅なアップグレードを果たしています。安倍さん非常に良い仕事をしてくれました。自由主義国連合による対中抑止は確実に強化されています。法制化はまだとはいえ、対中抑止という点でのガイドラインの見直しは大きく3点に分かれています。

・ 集団的自衛権の行使容認。
 アメリカ軍が攻撃を受けた場合、自衛隊がアメリカ軍を防護することが可能になりました。

・ 離島防衛を想定した自衛隊の権限拡大。
 他国の軍が離島に上陸してきた場合には、警察力ではなく自衛隊がこれを排除できるようになりました。
 また、アメリカ軍がそれに協力することも明記されました。

・ 周辺事態概念の変更。
 日本周辺の事態ではなくても、日本の平和及び安全に重要な影響を与える事態であれば対処できるようになりました。

 これらの改定によって、日本は一応、主体的な対中防衛政策を取れるようになります。やっとここまで来たかという感慨と、ギリギリになるまで現実的な安全保障政策に踏み切れないものなのかという苛立ちを感じます。
むろん、ガイドラインはあくまでもガイドラインです。使用するべき時にはこれを適切に使用し、過剰な海外派兵にうかうかと乗せられないよう、実際の運用を注視していかなければなりません。

 加えて海上自衛隊とフィリピン海軍の共同演習が先週実施され、海上保安庁もベトナムで訓練を行うなど、実質的に東南アジアの防衛力を向上させる取り組みも始まっており、対中抑止の環は着実に強化されています。


もう一つは中国海軍が、初の海外基地を設置する可能性があるというニュースです。場所はジブチ・・・恥ずかしながら、「どこやねん」というのが第一印象。

jibuti.png

で、地図を見てコーヒーを吹きそうになる。紅海の出口、スエズ運河を通る船をすべてマークできる要衝w
っていうか、エチオピア、エリトリアと来たら次はソマリアだと思ってた。もう一か国あったのね。場所が場所だけに非常に不安定な紛争地域、対岸も絶賛内戦中のイエメンがあります。個性的な国が勢ぞろいの面白い地域です。ジブチはソマリア海賊叩きの各国が拠点を構える国とのことで、自衛隊もP3Cを配備するなど初の海外拠点を置いています。

産業もないので経済力は低く、食料も自給できないなど地政学的位置以外には注目すべき点が見られない国です。これでは、中国が海軍基地を作ったところで整備の基盤も何もなく、実質的な運用は現実的ではなさそうです。せいぜい海賊叩きというところでしょう。ちなみに中国はジブチのインフラ整備に数10億ドルもの投資を行っているとのことで、基地を作るために大量の資金投下を行ったことが分かります。ちなみにジブチの数年分のGDPにあたりますw
最初の海外基地をなんとしても欲しがっているということなのでしょうが、コスパ悪すぎる投資に思えます。
これでもしアメリカや旧宗主国フランスの圧力で基地を作れなかったら、すさまじい金額を捨てたことになりますね。

ジブチの基地そのものは特に脅威にはならないでしょうが、これを皮切りにどこに基地を作ろうとするのかは非常に注目されます。中国の軍事的な海外進出が本格化に始まり、中国の脅威に警戒しなければならないところでしょうが、AIIBすらまともに運用できない失速中の中国にできるんでしょうかね。なんかもう抑止準備を進めてるうちに中国の自爆で終わるんじゃないかという楽観論が心をかすめております。油断大敵ですね。


テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : 中国政治

とりあえず復活・・・AIIBネタから

ゲホゲホ・・・もう、俺も長くねえな・・・というわけではないのだけど、
しばらくの間、仕事が終わったら寝込むような状況になっていました。
一度、治りかけたところでダメ押し食らったので、思っていたよりも長期化。
まあ、何とか復活できそうかなというところです。

前置きはともかく、AIIBの初会合が開かれていますね。
まず、日本が参加すべきかどうかについてですが、私見では見逃しで正解というところです。

1.リスキーなものに大金は投資すべきではない。
政府の公式見解に見られる通り、透明性の欠如、要は中華ルールに先行投資なんかできませんわという常識的かつ表向きの話が一つ。

 インフラ輸出は、今回の件に限らずここ数年の中国が力を入れている政策だ。中国国内で過剰生産に陥っている鉄鋼を出す先を必死に探している(アフリカまで行って鉄道引いてるくらい)し、有り余る鉄鋼生産力と資金力を再編成しつつ、危機をチャンスに変えようという発想でインフラ輸出を仕掛けてきているわけだ。その狙いは悪くないが、必須課題である産業構造の転換は何年か前から言っているように、すでに手遅れ。取り組むペースが遅すぎたし、政府主導で行われている部分以外では、民間のイノベーション欠如が甚だしいのである。

中国からの日系企業工場撤退が、ディスプレイのような高付加価値製品にまで及んできているが、量的増大によってのみ実現されてきた中国の成長が限界を迎えて失速し、イノベーションの欠如から次の展望は見えないという状況の中で、海外にまで量的膨張を図ることでソフトランディングしようという、・・・はっきり言ってばかの一つ覚えのようにゴリ押ししかできない中国とは、一線を引いて付き合うべきである。共同で新たな金融秩序を作れるような相手ではない。


2.中国の覇権伸長に手を貸すべきではない。
 参加表明しているヨーロッパ各国にとって、アジアの覇権なんかどうでもいい話だろうが、日本にとってはクリティカルな問題である。香港で成功を収めたチャイナマネー浸透後に政治的圧力を行使するという手法は、もはや中国政府にとっては前例ある進出戦略として位置づけられているのである。

 ここに日本が参加すると、中国主導の金融枠組みに日本が従ったという図式が成立し、アジア全体のパワーバランスが大きく崩れることになるだろう。単なる金融リスクだけの話ではなく、今後数十年のアジア戦略、安全保障戦略を抜本的に見直す必要が出てくる。もし、AIIBに日本が参加するなら、加盟前に核武装までやっておくことが必須(中国主導の安全保障戦略に乗らなくても自力防衛が可能な態勢を作る必要がある)と考える。


3.参加しなくても、あまり損失がない。
 参加しないことで、日本の企業が一部のインフラ建設機会を逃すリスクはある。しかし、東南アジア各国はチャイナマネーは欲しいけれども、政治的に中国に従いたいなどとは思っていない。よって、AIIBの枠組みばかりで物事が決められるようにはならないのである(日米が不参加である限り)。彼らは日米と中国の両方を競わせて好条件での融資や支援を受けようと振る舞うから、資金力、技術力、ソフトパワー、裏金など、アジアを舞台に総合力による競争が展開されることになる。いずれにしても、AIIBに不参加だからといって仲間外れになってしまうよという情勢ではない。

 また、中国には日本をハブれるような余裕はすでにない。反日暴動が日本への圧力どころか、リスク評価の増大にしかならず、今や失速する経済の中で、中国から工場を引き上げられたり、魅力の無い市場、生産拠点と思われては困るし、社会不安につながっている環境問題の解決が中国企業には不可能で、日本に頼らざるを得ないこと、イノベーションのパクり先として日本はいまだ魅力的であることから、日本は自らの価格を釣り上げて見せてよい時である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

逆に参加した場合は、若干の企業にインフラ工事等の受注チャンスが回ってきますが、それ以外はリスクだらけと。
そもそも日中企業の共同プロジェクトなど成立した日には、厄介事はこちらに押しつけられ、技術はパクられ(高速鉄道のように、粗悪コピーを輸出しようとする)、成果は中国のものとして喧伝されるに決まっているから、国としての旨みはほとんど期待できない。

とりあえず、復帰のあいさつ代わりはこんなところで。
明日から本気出すから。

そういえば、FC2ブログなんだけど、ちゃんとサービスは存続できるのだろうか。


言論の自由とテロ

近況について:
実は先月から体調を崩しています。そろそろ回復してくるとは思うのですが・・・。ちょっと更新が滞りそうです。すみません。2/28



 パリでシャルリー・エブド誌を狙った大規模なテロが起き、世界に衝撃を与えた。イスラム圏からもたらされる混乱は911以来、まったく収まる気配がない。それが正当なものであろうと無かろうと、ヨーロッパでのイスラム系をはじめとする移民への反感は、更に大きなトレンドなるだろう。

 イスラム国がその凶暴さで世界の注目を集めていた去年の前半だったと思うが、イギリスのMI6が鋭い分析と警告を発していた。「イスラム国にイスラム原理主義組織トップの座を奪われつつあるアルカイダが、イスラム国へ対抗するために大規模なテロを起こす可能性がある」という。イスラム国とアルカイダは、同じ原理主義を掲げているからこそ、その「労働市場」や「投資家」探しにおいては競合関係にあり、イスラム国が派手にやらかしているということは、その競合相手であるアルカイダも過去の存在とならないために活動を活性化させなければならないのである。さすがは世界有数の諜報機関と思わせる警告を発してくれたものだが、アルカイダ系組織が深く絡んでいると思われる今回のテロを防ぐには至らなかった。

 では本題。今回のテロで「そもそも宗教を愚弄するような内容にまで言論の自由を認めるのか」とか、挙句には「言論の自由には限界がある」という言説が、様々な国、指導者、人々の口から発せられるようになっていることにとても驚いている。管理人の見解(というよりは、リバタリアン・・・でなくとも自由主義者は同意するだろうが)は、「言論の自由、表現の自由は無制限」である。

 言論の自由に価値を認めない人は、そもそもこのブログの読者ではないだろうから、その範囲が無制限であるべき理由だけを述べれば十分であろう。それは「制限するとしたら、誰の何の価値を基に規制するのか」を正当に決めることが不可能だからであるし、そもそも自由を語る上で問題になるのは、「不道徳なこと、気に入らないこと、嫌がられること」についてのみである。「素晴らしいこと、称賛されること」を制限されることはあり得ないのである。たとえ北朝鮮のような超全体主義体制でも「金総書記万歳!」という「(その社会での)素晴らしいこと」を声高に述べる自由はある。公益に資することのみを述べよという人は、北朝鮮の独裁政権とメンタリティは何も変わらない。単に「公益」の定義が北朝鮮とは偶然違うというだけである。

 規制されるのは常に「素晴らしくない」ことである。逆にいえば自由を守られなくてはならないのは、常に「ロクでもない」言論である。シャルリー・エブド誌は他者の宗教を愚弄したから「ロクでもない」言論と見なされている。私もロクでもないと思う。しかし、それにはいかなる規制も加えてはならないとそれ以上に確信している。
 嘘、罵倒、侮辱などの「ロクでもない」言論には、きちんと反論しなくてはいけない。あるいは、スマートな方法ではないが同様のろくでもない言論をやり返すのも戦術的には有効であることが知られている(ネガティブキャンペーンには、反論よりも同種のネガティブキャンペーンを行う方が、聴衆に与える影響が大きい)。法治国家なら裁判で慰謝料や賠償金をふんだくるチャンスかもしれない。しかし、暴力の行使はむろん許されない。権力によって黙らせることも同様に許されない。暴力と権力は非常に親和性が高いものであり、一度目は暴力で、二度目からは暴力を背景にした権力が行使されるというように、本質的には大して違いがないものである。

 日本でも「ヘイト・スピーチ」を規制するという動きが強まっている。特定の民族を悪しざまに罵る差別意識は、中国にも韓国にも日本にもはびこっている。中国と韓国では日本に対するヘイトスピーチは完全に公認のものであり、「愛国的なこと」という「素晴らしい言論」にカテゴライズされている。私にはまともな思考回路だとは思えない。
 日本では多くの人々に白眼視されながらも、特に韓国人や在日朝鮮人への「ヘイト・スピーチ」が特にネット上に広まっている。反論や皮肉ならともかく、みっともない低レベルなものも多い。
 では、これらを規制するべきなのか。むろんNOである。一部の人が恣意的に選んだ「気に食わない言論」を権力を使って規制することを正当化するのは不可能である。「反日のヘイトスピーチ」を止めろというのも不当であるし、「反特アのヘイト・スピーチ」を規制することにも反対である。それは特定の立場(自分の国)や個人的な選好をもって、一面的な正しい立場を他者に強制する行為である。その行為は、一般的には「抑圧」と呼ばれている。

 薄っぺらい正義感に突き動かされたか、目先の人気取りのためか、「ヘイト・スピーチ」を規制せよという人に述べる。あなたたちこそが邪悪である。単に自分が気に入らないという理由で他者の言論を抑圧している。あるいは、他国の目を気にして、他人の目を恐れ、もっと恐ろしい邪悪なことに手を染めようとしている腰抜けである。

 一点だけ言うならば、シャルリー・エブド誌にもテロ後の対応としてやりようはあった。テロ後の増刊号で、彼らは再びイスラムに対する風刺絵を掲載した。それはいい。それは絶対に欠かせない。どれほど反対されても載せるべきである。しかし、それに加えて、キリスト教に対する風刺、ユダヤ教に対する風刺も掲載することがベターではなかったか。元々、そういうネタも載せる週刊誌だったそうだし、ことさらにイスラムだけを敵視している週刊誌ではないこと、それにも関わらずイスラム過激派だけがテロという手段に訴えたことをアピールするチャンスだっただろう。また、せっかく世界で語られているのだから、ぜひとも「言論の自由」に対するどぎつい風刺も載せていただきたい。シャルリー・エブド誌が今回の事件で強く訴えている価値であり、多くのスタッフの命を犠牲とした信条である。それすら風刺で愚弄できるのならば、ある意味で「ホンモノ」であるw 言論の自由は、リバタリアンにとっても信仰と呼べるものだが、我々は寛容に笑って受け入れるだろう。 まあ、そんな気の利いたことをする週刊誌ではないようだが。

       

中国の文化財火災。怪しすぎて草ww

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

正月早々、政治とは関係ないが、ここ2年ほど抱いている疑問・・・というか疑惑についてちょっと一言。
中国の古い建物がわざと燃やされていると思う。特に雲南省

2015年1月3日
雲南省で600年以上前に作られた城「巍山(ぎざん)」で火災。巍山の北側にある門拱辰楼(きょうしんろう)の木造部分はほぼ全焼。

2014年12月12日
貴州省剣河県久仰郷久吉苗寨で火災。約500世帯焼失。世界遺産候補。

2014年4月6日
雲南省の麗江古城(麗江市旧市街)で火災。建物10室が焼け、死傷者なし。

2014年1月11日
雲南省香格里拉(シャングリラ)県の旧市街で大火災。242棟を消失。

2013年3月11日
同、雲南省の麗江古城(麗江市旧市街)で火災。建物103室が焼け、死傷者なし。

2011年7月12日
雲南省の麗江古城(麗江市旧市街)で火災。保存対象の建物に被害、1人死亡。世界文化遺産。

特に世界遺産の麗江古城(もう一件、別の火事あるかも)、火事多すぎだろww
どんだけ貴重な古城やら古村で火事起こせば気が済むんだよw 草生えるわww 生えるわ・・・

全部が全部、故意とは言わんよ。しかしね、これだけ起きたら疑うにきまってるじゃん。
これで全部というわけではないだろう。自分が覚えてるものと、その関連分だけ載せてみた。
保険金狙いなんじゃないかな。全部観光資源だし。観光でちまちま稼ぐよりも、一気に現金化狙いという短絡的な発想ではないかと。これらの建物がそれぞれどんな保険に入ってたかは知らない。調べていない。
でも、絶対に目先の金目当てでやってると思う。


テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

tag : 中国社会

プロフィール

最新鋭ねこ

Author:最新鋭ねこ
パンダでも分かる!中国政治ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。